笠井信輔の妻(嫁)の茅原ますみの現在の職業は?3人の子供の大学や名前が気になる!


Sponsored Links



 

 

 

フジテレビの「情報プレゼンター とくダネ!」に長い間出演し、「朝の顔」として人気を博していた笠井信輔(かさい しんすけ)さん。

 

 

 

先日、悪性リンパ腫に罹ってしまったことを公表しました。

 

 

 

これは「血液のがん」とも呼ばれる怖い病気です。

 

 

 

今回は、その笠井信輔さんの妻や子供についてまとめてみました。

 

 

 

 

笠井信輔のプロフィール

 

 

引用:https://hochi.news/articles/20191218-OHT1T50055.html

 

 

 

名前:                  笠井 信輔           (かさい しんすけ)

生年月日:           1963412

出身地:              東京都世田谷区

血液型:              A

身長:                  170cm

学歴:                  早稲田大学商学部

事務所:              オールラウンド

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/笠井信輔

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

笠井信輔の経歴

 

笠井信輔さんは、1987年にフジテレビにアナウンサーとして入社し、最初はいろいろなニュース番組を担当します。

 

 

 

ちなみに日本テレビとテレビ朝日も受験しましたが、そちらは不合格だったそうです。

 

 

 

1999年からは「情報プレゼンター とくダネ!」において、司会の小倉智昭さんのアシスタントを務めます。

 

 

 

笠井信輔さんと言えば、朝の8チャンネルの顔として、ワイドショー好きにはお馴染みになりましたね。

 

 

 

長い間「情報プレゼンター とくダネ!」に出演していましたが、20199月をもってフジテレビを退社し、フリーアナウンサーに転身しました。

 

 

 

笠井信輔さんは、20191217日、「血液のがん」と呼ばれる悪性リンパ腫に罹患していることが判明しました。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

笠井信輔の妻は?

 

笠井信輔さんは1990年に結婚しており、現在は3人の男の子供さんを持つ父親でもあります。

 

 

 

奥さんは旧姓を「茅原ますみ」さんといい、かつてはテレビ東京のアナウンサーでした。

 

 

 

55歳の現在はアナウンサーを辞め、一般人になっていて、テレビ東京の「総務人事局厚生部」で働いています。

 

 

 

 

奥さんの出身大学は日本女子大学文学部英文学科で、1987年にテレビ東京の報道局ニュース編集部に記者として入社しました。

 

 

 

19953月にテレビ東京アナウンス室に異動し、アナウンサーを務めました。

 

 

 

現在は一般人なので、メディアに姿を表すことはほとんどありません。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

笠井信輔の子供は?

 

笠井信輔さんには子供が3人いて、皆男の方です。

 

 

 

年齢は、長男が19941月生まれの25歳、次男が19982月生まれの21歳、三男が20035月生まれの16歳のようです。

 

 

 

名前は、ニックネームがそれぞれ「ユウくん」「はるポン」「すずくん」だったようです。

 

 

 

お子さんの学歴や顔写真などは一切公開されていません。

 

 

 

ただ、小学校については立教大学の付属学校に入学したようです。

 

 

引用:http://mybouzu.info/entertainment/

 

 

これはどうやら長男のことのようです。

 

 

 

もしそのまま内部進学したのであれば、立教大学に入学してそのまま卒業したことになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

笠井信輔の病気は?

 

笠井信輔さんが罹ってしまった病気は、悪性リンパ腫というものです。

 

 

 

これは「血液のがん」とも呼ばれている怖い病気です。

 

 

 

簡単に言えば、血液細胞に由来するがんの1つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気です。

 

 

 

発症の原因はまだ明らかではありませんが、細胞内の遺伝子に変異が加わり、がん遺伝子が活性化することで発症すると考えられています。

 

 

 

また、一部にはウイルス感染症が関係することや、免疫不全者に多いとも言われています。

 

 

 

悪性リンパ腫は、日本全国で1年間に約29,400人が診断されるそうです。

 

 

 

悪性リンパ腫と診断される人は60歳ごろから増加して、70歳代でピークを迎えると言われています。

 

 

 

笠井信輔さんの場合は、仕事をしているうちに体重が減ってきて、以前から排尿困難があったので前立腺肥大を調べたところ、それよりも腰に影があることが分かり、精密検査をしたら悪性リンパ腫と分かったのだそうです。

 

 

 

笠井信輔さんは「自分はがんだと再確認して、これに立ち向かっていかねばと思う」と語っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は笠井信輔さんの記事でした。

 

 

 

「血液のがん」と呼ばれる悪性リンパ腫に罹ってしまった笠井信輔さんですが、病気を治して、また朝の顔としてテレビに出られるように治療してほしいです。

 

 

 

まだ56歳と若いのですから、病気には負けないでほしいですね!

error: Content is protected !!