ユルゲン・クリンスマンの経歴や若い頃の画像!モデルの美人妻と息子や生い立ちについても調べた!


Sponsored Links



 

 

 

 

 

ユルゲン・クリンスマンのプロフィール

 


Sponsored Links



 

 

 


名前 ユルゲン・クリスマン

愛称 黄金の隼、クリンスィー


ラテン文字 Jürgen Klinsmann


国籍  ドイツ、アメリカ合衆国


生年月日 1964年7月30日(53歳)


出身地 西ドイツ・ゲッピンゲン


身長 182cm


体重 73kg


選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
年 クラブ 出場 (得点)
1981-1984 ドイツの旗 シュトゥットガルター・キッカーズ 61 (22)
1984-1989 ドイツの旗 シュトゥットガルト 156 (79)
1989-1992 イタリアの旗 インテル 123 (40)
1992-1994 モナコの旗 モナコ 65 (29)
1994-1995 イングランドの旗 トッテナム 41 (21)
1995-1997 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 65 (31)
1997-1998 イタリアの旗 サンプドリア 8 (2)
1997-1998 → イングランドの旗 トッテナム 15 (9)
2003 アメリカ合衆国の旗 オレンジ・カウンティ 8 (5)


代表歴
1980-1981 西ドイツ U-16 3 (0)
1984-1985 西ドイツ U-21 8 (3)
1987-1988 西ドイツ U-23 14 (8)
1987-1990 西ドイツ 26 (7)
1990-1998 ドイツ 82 (40)


監督歴
2004-2006 ドイツの旗 ドイツ代表
2008-2009 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
2011-2016 アメリカ合衆国の旗 アメリカ代表

 

 

ユルゲン・クリンスマンの経歴と生い立ち

 


ユルゲン・クリンスマンは元ドイツのサッカー選手です。

 

 

ユルゲン・クリンスマンは、1964年7月30日にドイツのゴッ父親のピンゲンでジークフリート・クリンスマンと母親のマーサ・クリンスマンの間に生まれました。

 

ユルゲン・クリンスマンの父親はマスターパン屋を営んでいて、ユルゲン・クリンスマンは父親から引き継ぎ、自分のパン屋を持っていました。

 

そして、ユルゲン・クリスマンには3人の兄弟がいます。

 


ユルゲン・クリンスマンは少年時代にサッカーを始め、8歳のときにはTB Gingenという非専門クラブでプレーを始めました。

 

そして、ユルゲン・クリンスマンはクラブにとって、最多の得点者だったようです。

 

10歳で、ユルゲン・クリンスマンはSC Geislingenに引っ越しました。

 


ユルゲン・クリスマンは14歳の時、父親が市内でパン屋を開くことを決めた後、シュツットガルトに移住しました。

 

ユルゲン。クリスマンは16歳でドイツのサッカークラブであるシュトゥットガーターキッカーと契約を結びました。

 

そして、ユルゲン・クリンスマンの両親意思を引き継ぎ、1982年にベーカリーとしての修行を終えて、パン製造者としての資格も取得しています。

 

 少年時代のユルゲン・クリンスマンは、14歳でシュツットガルター・キッカーズ(Stuttgarter Kickers)クラブの青少年部門に入団。17歳のときに青年部門でデビューしました。

 


Sponsored Links

 

 

ブンデスリーガ(ドイツ最高のサッカー部)において、ユルゲン・クリンスマンは1987-88シーズンのブンデスリーガの最多得点者であり、1988年の西ドイツ代表選手に選出されました。

 

 

シュツットガルトが1989年欧州サッカー連盟(UEFA)カップ決勝に進出後、ユルゲン・クリンスマンはイタリアのインテルミラノでクラブサッカーをするために母国を離れます。

 

 

インテルのメンバーとして、クリンスマンは1989年にイタリアのワールドカップで優勝しました。

 

 

これが若い頃の画像です。

 

Klinsmann – inter milan #Klinsmann#intermilan#Footballpictuer#insta#football

@ footballpictuerがシェアした投稿 –

 

1991年にUEFAカップで優勝。

 

 

1992年にフランスのリーグ1のASモナコに入団することになり、ユルゲン・クリンスマンは1994年モナコをリーグ準決勝へ導きました。

 

 

その夏のワールドカップで得点した5つの目標と功績により、ドイツの年間最優秀選手に輝いた実績を持っています。

 

 

スポーツのトップストライカーの一人として名声を得ることに加えて、ユルゲン・クリンスマンはダイビングの評判も高めました。

 


Sponsored Links

 

 

 

ユルゲン・クリンスマンはイギリスのプレミアリーグのトッテナム・ホツプルで、ピッチを横切ってダイビングするプレーなどを披露し、イギリスの多くのファンを夢中にしました。遊び心のある動きに評判は更に高まったようです。

 

 

トッテナムで1シーズンをプレーした後、ユルゲン・クリンスマンは自国のバイエルンミュンヘンと契約し、バイエルンチームを優勝に導き、UEFAカップ(1996年)とブンデスリーガのタイトル(1996-97年)を獲得した後、イタリアのサンプドリアとトッテナムで1997-98年と約2年ほどのプレーでプロのサッカー選手としてのキャリアに幕を閉じます。

 

レネ・イギータ、なつかしきレジェンド!!

 

René Higuita and Jurgen Klinsmann #rene #higuita #renehiguita #renéhiguita #jurgenklinsmann #jurgen #klinsmann #football #legends

football24さん(@football.bistochaar)がシェアした投稿 –

 

ユルゲン・クリンスマンの監督としてのキャリア

 

 


Sponsored Links

 

ユルゲン・クリンスマンは現役引退後、コーチになり、2006年にはドイツ代表チームをワールドカップの準決勝へ導きました。

 

ユルゲン・クリンスマンはバイエルンミュンヘンを監督しましたが、この時の成績はふるわず、残念な結果となりました。現在、米国代表チームのマネージャー。

 

ユルゲン・クリンスマンの引退後、クリンスマン氏は米国に移り、スポーツマーケティングコンサルティング機関のパートナーとしての仕事につきます。

 

メジャーリーグサッカーのロサンゼルスギャラクシーの顧問を務め、 2004年、ユルゲン・クリンスマンはドイツに戻って冊かー男子代表チームを監督し、2006年ワールドカップで3位にを記録。トーナメント直後に辞任しました。

 

ブンデスリーガのスケジュールで5試合残して2008 – 09シーズンのバイエルンミュンヘンへ移り、ユルゲン・クリンスマンは2011年に米国男子代表チーム(USMNT)をコーチするために雇われました。

 

 

ユルゲン・クリンスマンが米国チームを率いて監督していた頃、ユルゲン・クリンスマンの仕事はすでに危険にさらされている可能性があるとの憶測がでまわりましたが、2013年には12連覇を飾った12連戦で連覇を飾りました。

 

北、中央アメリカおよびカリブ協会サッカー(CONCACAF)ゴールドカップトーナメントで勝利。

 

USMNTは、2014年のワールドカップで有望なパフォーマンスを見せ、いわゆる「死のグループ」を生き残って16チームのノックアウトラウンドに出場することができました。

 

チームは2016年のCopaAméricaCentenarioトーナメントで4位を獲得しましたがユルゲン・クリンスマンはチームの目立った改善と明確なスタイルを示すことはできませんでした。

 

2016年11月、チームはメキシコとの対戦を含み、2018年ワールドカップのCONCACAF予選プレーで最初の2試合を失った後、クレインズマンはUSMNTから解雇されました。

 

ユルゲン・クリンスマンの妻と子供は?

 


Sponsored Links

 


ユルゲン・クリスマンはは1995年にアメリカのモデルデビー・チンと結婚しました。この夫婦には「ライラ」と「ジョナサン」という2人の子供がいます。

 

今現在のお二人です・・・・昔から、芸能人とプロサッカー選手は定番だったんですな!

 

 

若かりし頃のクリスマン!

 

そして、父親より硬い感じのイケメン、息子のジョナサン・クリスマンもヨーロッパリーグの選手です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!