ジェイミージョセフ監督の若い頃の画像がイケメン!美人の妻や子供を調査!俳句戦術が話題!


Sponsored Links



 

ワールドカップラグビーも大詰めを迎え、日本 X スコットランド戦では、ベスト8へ初進出。日本代表は歴史を変えると宣言して、邁進し続けています。

 

 

そんな日本代表チームを牽引している立役者、ジェイミージョセフ監督も若い頃はラグビーの選手でした。そして日本でのプレーの経験もあり、監督に転身してから10年。

 

 

日本人の外国の選手とは違う面もよーく知りぬいた監督で、油が乗った監督ですね。

 

 

 

そんなジェイミージョセフ監督の若い頃の画像や美人の妻や子供が気になるので調べてみました!

 

 

 

また、ジェイミージョセフ監督は日本チームにどんな戦術を教えているのでしょうか?日本チームに送った俳句も話題になっていますので、ご紹介いたします。

 

 

ラグビーに関するその他の記事はこちら

 

 



Sponsored Links



 

ジェイミー・ジョセフ監督のプロフィール

 

 

 



名前: ジェームズ・ウィティヌイ・ジョセフ(James Whitinui Joseph)

出身地: ニュージーランド・マールボロ


生年月日: 1969年11月21日生まれ (2019年現在、50歳)


身長:196㎝


体重:105㎏

 

学歴: オタゴ大学卒


現役時代のポジション:フランカー(ロックの経験もあり)


https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェイミー・ジョセフ


 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

ジェイミー・ジョセフ監督の経歴

 

 

 

ジェイミージョセフ監督の選手歴

 


1989年-1995年:ニュージーランド オタゴ州代表(86試合)


1991年-1995年:ニュージーランド マオリAll Blacks (現在のマオリ・オールブラックス)  (30試合、20テスト)


1999年: 日本ラグビーワールドカップ(9テスト)


1996年-2003年: サニックス(日本)

 

 

ジェイミージョセフ監督のコーチ歴

 


2003-2006年: ウェリントンラインアウトコーチ


2007年: ウェリントンアシスタントコーチ


2006年: ニュージーランドマオリアシスタントコーチ


2008年:ウェリントンヘッドコーチ

 

 



Sponsored Links



ジェイミー・ジョセフ監督の父親と母親は?

 

 

ジェイミー・ジョセフ監督はニュージーランドのマールボロ地区のブレナムで生まれました。

 

 

 

丁度、ニュージーランドは日本と同じような形をしていて、北島と南島があり、日本の本州みたいな島を南島と呼んでいます。

 

 

ニュージーランドの南島北東部にある都市がブレナムです。

 

 

このブレナムと言う町はドイツのブレンハイムと言う町に由来しているそうですが、ドイツ語を話す人はほとんどいないそうです。ワインの産地として有名な町だそうです。

 

 

ブレナム Blenheim(人口26,500人)ドイツの町ブレンハイムに由来するがドイツ語を話す人は少ない。Marlborough地方の中心地で、今回は2度目の滞在です。<br />主な産業のワインと、気候が良いことから近年は退職者や芸術家が集まっている安全で美しい町。川沿いにある遊歩道や小さな円形で階段状の観覧席など、リバーフロント整備の見本のような町。情報はwww.destinationmarlborough.com 。別旅行記:4travel.jp/travelogue/10143425 に写真がある。<br /><br />イベントは1月にピクトンまで歩くMarlborough Walkと、2月の第二土曜日に世界中からバイヤーが集まるMarlborough Wine and Food Festival(www. marlborough4fun. co.nz)くらい。<br /><br />空港はブレナムの西隣の町、Renwick町にある空軍基地の隣で、町の中心部から車で10分ほどの所にある。毎日10便以上がウエリントンから、数便がオークランドから、2便がクライストチャーチから飛んでいる。<br /><br />案内所は鉄道駅にあり、バスの予約、発券もしていて、バス便の発着もここ。ここからは北島(ウエリントン)行きフェリーがあるピクトン(バスで25分、料金は会社ごとに異なり10〜20$)。南のカイコウラ(80分15$)やその先クライストチャーチ(5時間、30$〜)。西のネルソン(100分、20$〜)やその先のフォックス氷河(11時間)行きなどのバスが出ている。<br />自動車旅行の AAセンターは商店街の南はずれ、Seymore St.の角にあり、黄色表紙の無料パンフレットがそろっている。<br />宿では小型の借り上げバス(Neal Shuttlebus :03 577 5277)も手配できる。<br /><br />案内所にはワインツアーのカタログが多数ある。今回は半日40$で4ヶ所を廻った。一般的なワインツアーは www.highfield.co.nz; www.ritchies.co.nz; www.huia.net.nz; www.montanawines. com; www.allanscott.com; www.cliffordbay.co.nz などを訪れる。<br />ほかには南32kmのGrassmereの自然乾燥塩ツアーが木曜と金曜の午後にある。<br /><br />Taylor川沿いの遊歩道は良く整備されているのでぜひ歩きたい。上流のFultons Creekの分岐からバラ、椿、シャクナゲが美しいPollard公園に行くのも良し、下流の鉄道橋の下に係留されている食事が出来る遊覧船(www.riverqueencruise. co.nz)でお茶を飲むのも楽しい。途中で切り上げても良い。1時間程度の散策に好適。<br />健脚向きには眺望の良いWither Hills Walkwaysがある(www.actionmarlborough. co.nz)。<br /><br />商業地区は約200m四方に、こじんまりとまとまっている。<br />Seymour Squareは花壇が美しく、この町中の春の散歩は楽しい。<br />大きいスーパーマーケットは商店街の西隣でホテルやモーテルのすぐ近くと、ランドマークになっている郵便局の東側の2ヶ所にある。和食材はかなり良くそろっているので長期滞在にも便利。<br />カジュアルな服装で食事をできる町中のレストランには、タイ、インド、イタリー、トルコなどの食堂があり、持ち帰りも可能。ポピータイにはヌードルがあった。日本食堂はない。<br /><br />レストランを選ぶには案内所でダイニングガイドという20ページくらいのパンフレットをもらって較べるとよい。<br />ついでに Marlborough Wineries and Wines という折り畳み1枚の地図をもらうとテイスティングの予約とか併設レストランの有無とかを調べられるので便利。<br />空港があるRenwickの町にもスーパーマーケットはある。<br /><br />良さそうな宿(スーパーまで歩いて5分の範囲)<br />ホテルはChateau Marlborough(www.marlboroughnz.co.nz)やwww.scenic-circle. co.nzのチェーンなど。<br />町中のモーテルはwww.blenheimpalmsmotel.co.nzとwww.lugano.co.nzや、www. bellavistamotels.co.nzのチェーン店。 www.ashleigh-court-motel.co.nz。<br />その近くのemail@bingsmotel.co.nzは老人割引があるので、私は2回で10日以上利用した。サービス過剰でないのがいい。<br />ほかにwww.cherylea.co.nz やwww.montanalodgemotel.co.nz もお値打ち宿かも。<br />B and Bはwww.henrymaxwells.co.nzが町中のAshleigh Court Motelの近くにある。

 

ジェイミー・ジョセフ監督の父親のジム・ジョセフもまた、ラグビーの選手だったんですね。

 

 

父親のジム・ジョセフがラグビーで活躍した時代は1963年から1977年までで、マールボロラグビーチームやニュージーランドマオリ(All Blacks)でプレーしていました。

 

 

ジェイミー・ジョセフ監督のの母親であるマウドさんは旧姓マクドナルド(MacDonald)といいます。

 


マクドナルド(MacDonald)家と言えば、この地方では有名なワインの生産会社の創立者として、有名なんですね。

 

ジェイミー・ジョセフ監督は教会のカレッジとオタゴ大学で教育を受け、大学で心理学を専攻した体育学士号を取得しています。

 

 



Sponsored Links



 

 

ジェイミー・ジョセフ監督の現役時代、若い頃の画像

 

 

 

ジェイミー・ジョセフ監督はマオリ(現オールブラックス)に所属する選手でした。
その頃はなかなかのイケメンだったようですよ。

 

 

 

いまでも、写真が残っているってことは、やはり活躍が目覚ましい選手だったんですね。

 

 

 

日本のラグビー界のレジェンド、松尾雄治さんを思い出しますね。

 

ラグビーをやっている松尾雄治さん

彼もジェイミー・ジョセフ監督がまだ現役、若かった頃に同じように活躍したラグビー界の日本のエースでしたね!

 



Sponsored Links



 

 

ジェイミー・ジョセフ監督の美人の妻や子供を調査!

 

 

日本でも選手時代を過ごしたジェイミー・ジョセフ監督ですが、実は美しいと噂の奥様と、今はすっかり大きくなっている3人のお子さんがいます。

 

 

引用:http://www.stuff.co.nz/dominion-post/sport/local-sport/624/Joseph-takes-over

 

 

ジェイミー・ジョセフ監督のお子さんの名前はBen(ベン) 5才, Maia(マイア) 3才, そして Lydia(リディア) 7才と3人のお子さんがいます、

 

 

この写真は2009年(10年ほど前)のもので、ジェイミー・ジョセフ監督が監督の仕事と家庭生活についてインタビューを受けた時に撮影された写真です。

 

 

今はすっかりお子さんも大きくなって、Ben(ベン) 15才, Maia(マイア) 13才, そして Lydia(リディア) 17才と、立派に成長しているでしょうね!

 

 

日本につれて来ているのでしょうか?それともジェイミー・ジョセフ監督だけ単身できているんでしょうか?気になるところです。

 

 

そして美しい奥様(嫁・妻)の名前はマンディ(Mandy)さん、お子さんが小さいので、やはり10年ほど前ですね。

 

引用;http://elespejodelrugby.blogspot.com/2015/07/

 

 

どうやら、スーパーラグビーのために家族もジェイミー・ジョセフ監督に同伴しているんですね。お子さんが小さいので、ジェイミー・ジョセフ監督の笑顔も家族と一緒でほころんでいます。

 

 

美しい奥様のMandayさんは白人で、とても華奢に見えますが、アスリートのような?そんな雰囲気もありますね。髪型や服装からして・・・・・。

 

 



Sponsored Links



 

 

ジェイミー・ジョセフ監督の俳句戦術が話題!

 

 

W杯で日本代表が準々決勝進出まで進んだ陰に、ジェイミー・ジョセフ監督から戦いにでる戦士達に素晴らしい激励のエールがあったようです。

 

 

その言葉に選手の心は1つになって、勝利へと導かれたとも言われています。

 

 

 

 



No one thinks to win

誰も勝つと思っていない


No one thinks it will be close

誰も接戦になるとは思っていない

No one knows how much we are, I do n’t know if he ’s sacrificed.

誰も僕らがどれだけ犠牲にしてきたのかも知らない。

Only we believe

信じてるのは僕たちだけ


 

 

 

今の日本代表チームをそのまま表現した俳句で、本当に気持ちがこもっていますよねぇ~
素晴らしい!!愛に満ち溢れてる監督です。
Sponsored Links



 

ジェイミー・ジョセフ監督の戦術や指導は?

 

 

エディー・ジョーンズ氏が組織でラグビーをするのに対し、ジェイミー・ジョセフ監督は、個の力で試合の展開をしようとするところが大きな違いだと言われています。

 

 

個の力、どこかで聞いたことがありませんか、2014年のサッカーワールドカップで日本代表が予選敗退した時、本田選手がこの個の力を力説していました。「自分たちのサッカーができれば」と。

 

 

私自身も期待していますが、日本のスポーツ選手に一番ないものがこの個の力、いわゆる創造する力と言われています。

 

 

日本のスポーツの中で、長い間世界基準に達している唯一の球技は野球ということは誰もがわかっているとは思います。

 

 

何故このスポーツだけが世界基準になれたかと言うと、野球は創造力を余り必要としないスポーツなんですね。

 

 

高校野球が好きな方はよくわかるはずですが、監督が選手に一球、一球サインを出しています。つまり自分で考えるのではなく、監督の指示に従った戦略の多いスポーツでもありると言えますね。

 

 

この野球の監督、コーチを基礎として日本の多くのスポーツは教えていますので、年齢が高くなるにつれてこの創造力をコーチたちが奪ってしまうのです。

 

 

試合を見ている人はお気づきでしょうが、日本のラグビーは開始のホイッスルがすると暫くの間キックに終始します。キックオフ→相手陣→キャッチ→蹴り返す。これを相手のチームのキッカーがミスするまで繰り返します。

 

 

ラグビーは個人個人の選手の判断力からチームが一体となってゲームを創造していく要素が強いスポーツです。

 

 

選手がワールドカップでその創造性に満ちたゲームを発揮出来るかどうかに日本の勝利がかかってきそうですね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

事実、昨年まで、ジェイミー・ジョセフ監督の解任の話がでていました。国際マッチで結果が出なかったからです。

 

 

しかし、前回もラグビーワールドカップは日本の勝利は誰も期待していませんでした。しかし、最強と言われる南アフリカを破ったことは日本にとって、ラグビーのレベルが一弾上がった事を証明しました。

 

 

そして、ジェイミー・ジョセフ監督なら、個々の持つ能力の可能性やそこから作り上げる創造生を試合までに完成さしてくれるでしょう。

 

 

 

ラグビーに関するその他の記事はこちら

 

 

 

error: Content is protected !!