ジェームズオコーナーの経歴や美人の彼女が気になる!プレースタイルやトレーニングを動画で紹介!


Sponsored Links



 

 

早熟の天才と呼ばれ、史上最年少の17歳でラグビーの代表選手として注目を浴び、ラグビー界の中でもイケメンと名前が知られているジェームズ・オコナー選手。

 

 

色白であだ名はラビットと呼ばれていました。

 

https://twitter.com/rugbysokuho2016/status/765899945136173056

 

18歳でオーストラリア代表デビューを果たしたし、あまりにも若くしてラグビー界でもてはやされたジェームズ・オコナー選手はちょっとしたラグビー界でもトラブルメーカーでした。

 

 

そんなジェームズ・オコナー選手が反省を踏まえて、それをバネに再びラグビー界に戻ってきます。

 

 

 

ジェームズ・オコナー選手について、ご紹介したいと思います。

 

 



Sponsored Links



 

ジェームズ・オコナー選手のプロフィール

 

 

 

 



フルネーム  James O’Connor


生年月日  1990年7月5日(29歳)


身長  1.80 m (5 ft 11 in)


体重  88 kg (13 st 12 lb)



ポジション

フルバック
ウィング
センター

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・オコーナー



 

両親はニュージーランド出身、祖父は南アフリカ出身で、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの3ヶ国の代表資格を持っていたが、オーストラリア代表に一度なったため残り2ケ国の代表資格は喪失してしまっている。

 

 

 



Sponsored Links



 

ジェームズ・オコナ―選手の経歴・戦歴

 

 

ジェームズ・オコナー選手は2007年に高校生でラグビーオーストラリア高校代表に選抜。

 

 

そして、ジェームズ・オコナー選手は2008年にはスーパー14(現スーパーラグビー)のウエスタン・フォース入りし、史上最年少でスーパーラグビーにデビューすることとなります。

 

 

同じく2008年にセンブンス代表に選出され、オーストラリア代表に入るという輝かしいデビューを飾ります。

 

 

ジェームズ・オコナー選手は2009年には、ルーキー・オブ・ザ・イヤーをウエスタン・フォースとオーストラリア代表でダブル受賞と若くして快挙を成し遂げます。

 

 

2010年のスーパー14シーズで、ジェームズ・オコナー選手は104ポイントを獲得。この年のトライネイションズではミルズ・ムリアナと並びトップスコアラーとなります。

 

 

しかしながら、残念なことに、ジェームズ・オコナー選手は2013年に素行問題を起こしオーストラリア協会との契約解除

 

 

2017年にはプレミアシップのセースシャークス移籍を発表

 

 

ジェームズ・オコナー選手の紹介で早熟の天才と評しましたが、素行問題や薬物などの問題で一時ラグビーからも遠ざかっていました。ちょっと残念ではありますね。

 

 

オーストラリアの代表選手になり新人賞のダブル受賞、2010年にはトップスコアラーと順調に実績を伸ばしてきています。

 

 

スポーツ界では何年かに一人ジェームズ・オコナー選手のように年齢を取るにつれて素行の問題等を起こす選手がいます、ジェームズ選手もそのうちの一人といえそうです。

 



Sponsored Links



 

 

ジェームズオコーナー選手の美人の彼女が気になる!

 

 

 

ところで、こんなにイケメンのジェームズオコーナー選手なんですから女性がほっとかない訳ないですよねぇ~。

 

 

そうそう、気になるジェームズオコーナー選手の彼女ですが・・・・公式的には奥さん(妻・嫁)英語でWifeの情報はどこにも掲載されていませんでした。

 

 

なので、恐らくですが・・・・まだ独身のような?しかし、かなり熱く硬い彼女ががっちりおります。

 

 

モデルのように美人で、お似合いの二人ですよ!!

 

 

ほら、ジェームズオコーナー選手の彼女、モデルさんみたいですねぇ~?

 

 

プライベートも一緒です。

 

 



Sponsored Links



 

 

 

もう、ここまで熱々ですと・・・・正真正銘のカップル、熱愛カップルですね!

 

 

 

 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

ジェームズ・オコナー選手のプレースタイル

 

 

 

ジェームズオコーナー選手のFGキックの正確性とキックしたボールの回転の綺麗さは流石といえます。

 

 

トライゲッターでもあり、スピード、フットワーク共に好いほうです。

 

 

「いいほう」と書いたのは他を圧倒するほど凄いかと質問されると、正直映像で見た限りフランスのTOP14のバックスでしたら、もっと凄いのを見てきました。

 

 

 

 

ジェームズオコーナー選手の若いころの映像は確かにスピードがありましたが、最近のは?マークがつく時がしばしば・・・・。

 

 

 

 

ジェームズオコーナー選手は体格的には決して恵まれてませんし、若いころか代表選手入りしていますので、タックルをされるのも受けるのも国内・海外代表選手です。

 



Sponsored Links



 

ジェームズ・オコナー選手のトレーニング

 

 

体格的には決して恵まれていないジェームズオコーナー選手のトレーニングの様子ですが・・・

 

凄いです。。。かなり・・・メニューももりだくさんです。

 

 

 

 

メチャ、凄いスクワット!!腹筋どれだけ強いんでしょう!

 

 

 

 

 

 

ダンベルが半端じゃないですねぇ~。筋トレ好きの私も、これ見て頑張ろう!と思いますよ!

 

 

 

足首からふくらはぎにかけての強化トレーニングですね!

 

 



Sponsored Links



 

 

こちらも、かなり負荷をかけたトレーニング

 

 

 

 

砂漠の山を登る・・・・・・見た目楽しそうですが、これかなりキツイですね!

 

 

 

こちらは、ボクササイズ・・・・・凄いフットワークトレーニングですね!!

 

 



Sponsored Links



 

 

こんなにさまざまなトレーニングをして長年活躍してきたジェームズオコーナー選手、反省を経て6年ぶりの欧州代表復活です。活躍を期待していですね!

 

 

 

今現在は子供たちとの交流などで、将来に夢を与える姿勢などがSNSで見ることができます。

 

 

https://twitter.com/nicolaheelam1/status/1122510862055542784

 

こんな笑顔、本当に素敵ですね!

 

https://twitter.com/SharksCommunity/status/1122463635111120896

 

 

有名選手として活躍するだけでなく、地域貢献へも力を注いでいるジェームズオコーナー選手、もっともっと、ワールドカップで、活躍する姿を見たいものです!

 

 

 

error: Content is protected !!