岩村樹憲(松山大教授)の経歴や顔画像は?薬学部の弟子の生徒や研究の目的を調査!


Sponsored Links



 

 

 

松山大学、薬学部の岩村樹憲(いわむらたつのり)教授が麻薬研究者としての許可なくして、自分の学生に合成麻薬(MDMA)を作らせていた事で、麻薬取締法違反の疑い(麻薬取締法違反容疑)で書類送検となりました。

 

 

さて、岩村樹憲教授(いわむらたつのり)が取り組んでいた合成麻薬(MDMA)ですが、2013年当時の事だそうで、目的は学術的な研究ということで、関わった学生も岩村樹憲教授の研究室の学生だそうです。

 

 

岩村樹憲教授はすでに61歳だそうですが・・・・妻子もあると思いますし、このような難しい研究をする人ですから、きっと立派な経歴を持っている人だと思います。

 

 

海外、特に、アメリカなどでは医薬品として、一部合法化されている種類もありますが、まだまだ日本の法律の元では厳しく取り締まられるのは当然です。

 

 

そのような事も忘れてしった岩村樹憲教授。

 

 

 

 

岩村樹憲(松山大)の経歴や顔画像は?そして、家族(妻・子供)は?どんな方なのでしょうか?そしてMDMAを合成したいた研究室やその弟子の学生も気になりますね?

 

 

調べてみたいと思います。

 



Sponsored Links



 

岩村樹憲教授(松山大薬学部)麻薬取締法違反容疑の内容

 

 



麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持したりしたとして、四国厚生支局麻薬取締部が16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検した。捜査関係者が同日、明らかにした。

 

捜査関係者によると、岩村教授は医療薬学科の教授で、危険ドラッグなどの薬物を研究。学生に合成させたことを認め「勉強のためにやらせていた」などと話している。

 

書類送検容疑は2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを行える麻薬研究者の免許がなかったが、自身の研究室の学生にMDMAを合成させるなどした疑い。

 

引用:https://www.jomo-news.co.jp/news/domestic/society/125406


 

 

 

 



Sponsored Links



 

岩村樹憲教授(松山大薬学部)のプロフィール

 

 

 

 



氏名 岩村 樹憲(イワムラ タツノリ)


職業 松山大学 大学教授


部署 薬学部 医薬品化学研究室


学位 薬学博士(岐阜薬科大学)


 

 

岩村樹憲教授はもともと岐阜薬科大で博士号を取得して、その後、海外の大学で研究員を務めたほど、優秀な方だったんですね。

 

 

数ある写真も見てみると・・・ニコニコした良い感じの写真が多い感じの方で、悪い感じの方には見えませんね~?

 

 

研究が行き過ぎてしまったのでしょうか?

 

 



Sponsored Links



 

岩村樹憲教授(松山大薬学部)の経歴

 

 

1986年 – 1996年  岐阜薬科大学助手
1996年 – 1997年  バージニア・コモンウェルス大学薬学部博士研究員
1997年 – 2004年  岐阜薬科大学講師
2004年- 2007年  岐阜薬科大学助教授
2007年 -     松山大学薬学部教授

 

引用:https://researchmap.jp/read0020139/

 

学歴としては、

 

岩村樹憲教授は1986年に岐阜薬科大学 薬学研究科 薬化学を卒業、その後は渡米し、帰国してからは岐阜薬科大学へ戻り、講師からスタート。その後、大学助教授、そして松山大学薬学部教授と、順調に大学教授としての道を歩みます。

 

 

1981年には、岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学で学位を取得しているだけあって、研究の専門は、基礎化学ー有機化学 、薬学 ー化学系薬学 、薬学 ー創薬化学 など、なかなか難しい分野を探求しているようですね!普通の凡人には無理な分野とも言えますねぇ

 



Sponsored Links



 

岩村樹憲教授(松山大薬学部)の歴任委員会

 

 

1999年 – 2007年  有機合成化学協会東海支部常任幹事
2000年 – 2001年  日本学校保健会「薬物乱用防止教育HP作成委員会」委員
2007年 - 日本学校保健会「学校における薬品管理マニュアル作成委員会」委員
引用:https://researchmap.jp/read0020139/

 

 

 

有機合成化学協会東海支部常任幹事を務めたり、「薬物乱用防止教育HP作成委員会」や「学校における薬品管理マニュアル作成委員会」の委員を務めるなど、学岩村樹憲教授は校関係での薬物防止に関与していただけに、研究に熱心だったのではないか?と思われますが・・・・

 

 

 

しかし、免許が無い以上、合成麻薬(MDMA)を自分の学生に作らせる・・・という行為は、教育者でのあるまじき姿ではないですね1もう少し深く考えて行動するべきだったかもしれませんね!

 

 

岩村樹憲教授(松山大薬学部)の家族(妻・嫁)そして子供は?

 

 

今回、書類送検となった岩村樹憲(いわむらたつのり)教授ですが・・・・。61歳ということで、家庭はもちろんすでにある身だと思いますが、家族(妻・嫁)はどんな気持ちでしょうか?

 

 

岩村樹憲教授の人柄を知っていれば、ちょっと行きすぎだったかも?とか家族の心配はつきないものだと思います。

 

 

そんな岩村樹憲教授の妻やお子さんですが・・・色々調べてみましたが、一般人であるため、公表されていませんでした。

 

 

お子さんもいらっしゃれば、良い年ですから・・・もう、30代ぐらいにはなっているかもしれません。

 

 

立派なお父さんだけに、残念、もしくは、自分のお父さんの事をかわいそう・・・と思っているかもしれませんね。

 

 



Sponsored Links



 

岩村樹憲教授(松山大薬学部)の研究室と学生は?

 

 

 

こちらは松山大学が発行しているCreation-172号です。
2012年の7/24に発刊されたもので、岩村樹憲教授と研究室の生徒が掲載されています。

 

岩村樹憲教授が合成麻薬(MDMA)の研究をしていたのは2013年ごろですから、以下の写真に掲載されている生徒たちは関係無いとは思いますが・・・・。

 

教授と弟子の師弟関係ということで掲載されています。きっと良い先生だったのでは?と想像します。

 

 

引用:https://www.matsuyama-u.ac.jp/ebook/vol172

 

 

引用:https://www.matsuyama-u.ac.jp/ebook/vol172

 

もう、この雑誌に掲載の学生たちも就職して良い社会人ですし、彼らの後輩たちの中に岩村樹憲教授と一緒に合成麻薬(MDMA)を研究してた学生が居たということなんでしょうね?

 

 



Sponsored Links



 

岩村樹憲(松山大教授)の研究の目的を調査!

 

 

岩村樹憲教授が自分の研究室の学生に作らせた合成麻薬(MDMA)、岩村樹憲教授は何のためにこの研究をしたのでしょうか?

 

岩村樹憲教授は自分の研究論文も書籍として公開しています。

 

以下の通りです。

 

1990年 The Organic Chemistry of Drug Synthesis, for Students(分担執筆)

1989年  Analgesics and Antipyretics ; “Development of Medical Drugs, Synthetic Medical Drugs, (]G0001[)”(分担執筆)

 2004年  化学系薬学I.化学物質の性質と反応(スタンダード薬学シリーズ3) 東京化学同人

1991年  麻薬性のない鎮痛薬への夢-オピオイドの有機化学;オピオイド 化学同人

1989年 鎮痛薬,解熱鎮痛薬;医薬品の開発,第4巻,合成医薬品(I) 廣川書店  

 

と、岩村樹憲教授が今まで研究してきた内容は、これを見る限り、合成麻薬(MDMA)とは全く関係ないようですね・・・・

 

 

しかし、後で追加するように、経歴のWork(仕事)の所に・・・・・・。

 

 

2004年 依存性薬物、未規制薬物による神経毒性と精神病の発現機序に関する研究:MDMAおよびその類縁乱用薬物・化合物の合成
となっていました・・・・・!!!
これは精神病と薬物に関する研究なのでしょうか?
でも、れっきとした研究ならが・・・・きちんと許可を得るべきだったのでは?と思うばかりです・・・・・。
未だに、なぜ、この研究をしていたのかは?謎ですね?

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!