石川翔(いしかわしょう)青藍泰斗はドラフトNO1!関東のモンスターの評価

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

甲子園の季節がやってきました。この時期になると、甲子園に出て注目されていた選手が秋に行われるドラフト会議で名前を呼ばれるなんてことがあります。

 

今回は、残念ながら甲子園まで手が届かず涙を流したプロスカウトから注目されている一選手を紹介します。

 

プロフィール高校NO1投手との呼び声が高い関東のモンスター

 

石川翔(いしかわしょう)さんのプロフィール

 

引用: ベースボールオンライン http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=059-20170424-01

 

 

 名前        石川 翔(いしかわ しょう)
 生年月日      1999年12月14日
 身長        179cm
 体重        78kg

 経歴        東板橋(北野小)ー板橋シニアリトル(赤塚一中)ー青藍泰斗高

 選手寸評      北野小2年時から東板橋リトルで外野手として野球と始め、5年時から投手。赤塚一中では
           板橋シニアに所属し、外野手兼投手。肩ヒジの柔らかさを生かした伸びのある最速146キロの
           直球は数字以上のスピードを感じさせる。直球で押す強気の投球が身上。課題は制球力。
                                     ″

引用:ベースボールオンライン http://sp.baseball.findfriends.jp/player/石川翔/
           
 
           

 

石川翔(いしかわしょう)さん、ドラフトNO1!関東のモンスターの評価

 

 

石川 翔(いしかわ しょう)選手が戦ったのは昨夏王者、作新学院がいる栃木大会。準決勝の作新学院戦、好投を続けますがおしくも破れ、石川 翔(いしかわ しょう)選手の夏は終わりました。

 

しかし、プロスカウト陣は口をそろえて「将来性があり、今年のドラフトトップレベル」と高い評価の言葉を残しており、ドラフトされる可能性が非常に高いです。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

そんな石川 翔(いしかわ しょう)選手の長所は、身体の柔らかさと強さで強味はストレートとスライダーです。

 

ストレートとは、いわゆる直球でよく「まっすぐ」なんて表現もされたりします。球を投げる投手から、球を受け取る捕手までにボールが到達するスピードが一番速いボールのことです。

 

石川 翔(いしかわ しょう)選手のもう一つの強味であるスライダーは、縦に変化するスライダーでフォークボールのように落下します。ジャイロ回転の効果で初速と終速の差が小さいようです。

 

ジャイロ回転とは・・・、ボールに回転をかけることによりボールが変化します。投手側から見て三塁側に回転をかけると落差が少なくなり、上空方向に回転をかけると投手から見て左側に変化し、地面側に回転をかけると投手から見て右側に
変化し、投手から見て一塁側に回転をかけると落差が大きくなります。
                                     

日本人選手では松坂大輔選手や田中将大選手、大塚晶則選手が代表的な使い手でそれぞれの舞台で戦っています。 

引用: wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャイロボール

                                                    ″

石川 翔(いしかわ しょう)選手が、松坂大輔選手や田中将大選手、大塚晶則選手になれるかはまだまだ先のことなので期待は膨らむばかりですが、

 

″ダルビッシュ(レンジャーズ)、大谷(日本ハム)ら速球投手に見られる動き。将来はもう10キロ程度速くなりそう。大谷に近くなる可能性がある。
                                     ″

引用:http://draftrepo.blog47.fc2.com/blog-entry-3401.html

 

 

石川 翔(いしかわ しょう)選手が今後どのような選手になるか注目です!!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


Sponsored Links
Sponsored Links