iPadXの発売日はいつ?デザインとカラー は?スペックや機能は?

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

11月3日、待望の「iPhone X」が発売されましたねぇ~!最新モデルということで、新しいiPhoneを待ちわびていた人には、なんともうれしい日でしたねぇ~

 

さて、「iPhone X」の新発売で、もちろん期待されるのが、「iPad X」です。「iPhone X」がかなり革新的なモデルとなったので、「iPad X」もどのような仕様でデザインやカラー、はたまた、iPadファンのみならず、これからiPadを購入予定の人は発売日も気になるところです。

 

もしかしたら、発売と同時に品薄状態が続くことも予想されますね!すぐに手に入れたい方は事前のチェックをして、いち早く発売日にゲツト!をお勧めします。

 

そんな最新型モデルのiPad X」について調べてみました!

 

iPad Xの発売日

 

実は今回のiPhoneX来年2018年度に発売されるiPad Xを意識して開発されたものだそうで、iPhoneXiPadX発売前の試用に近いと言ってよいぐらいだそうです。

 

その理由は、2015年まで、iPadは、Appleの第2位の製品ラインでした。しかし、各メーカーから様々なタブレットが売られてきている割には、ここのところiPadが低迷しているため、Appleでは画期的な何かを搭載して、iPadユーザーを取り戻そうと、カムバックを図っているようですょ~!

 

 

そして、気になる販売日、iPad Pro 2018のリリースはいつ?

 

Apple側は特に公にはしていませんが、iPhoneがある程度、ユーザーに使われて、もう少し改良を重ねて、iPad Proをリリースする予定ですので、おそらく第2四半期の初めか1四半期の終わり、丁度、2018年の4月~8月の間と期待が高まっています。

 

 

そんな最新型モデルのiPad Xのスペックや仕様は?

 

iPad Xの仕様でもっとも特徴的なものをあげてみたいと思います。

 

iPhoneXにも搭載されている、ベゼルレスディスプレイとFace IDを採用するのでは?と言われています。

 

ベゼルレスディスプレイとFace ID

 

もうiPhoneXを手に入れている方はご存知かと思いますが、iPhoneを使う時に必ず中央にあるボタン「ホームボタン」というものを軽く押すと画面が明るくなり、自分の操作画面が見えるようになります。

 

このiPhoneのスタートボタンともいえる「ホームボタン」が無くなることによって、液晶画面のエリアが今までよりもワイドになりました。

 

Face IDAnimojis

 

そして、iPhone をスタートさせるにはFace IDを~、2014念には指紋スキャナを付属したiPadでしたが、今回はそれを置き換える形となり、パスワードや指紋ではなく、顔や目線でデバイスのロックを解除できるようになります。

 

まるでハリウッド映画の宇宙ムービーのようですよねぇ~。宇宙船に乗り込む時にすでに顔を照らし合わせるだけで、本人の認証がなされて、ロック解除され、宇宙船に乗り込むことができる!そんなイメージです。

 

そして、アニメーション絵文字Animojisの送信で、もっと楽しいコミュニケーションをお友達と交わすことができる。Appleらしい、おもしろ機能を搭載しています。

 

 

気がついてみるとiPadユーザーの方、ホームボタンってロック解除以外には、あまり使わなくなった気がしませんか?スワイプすることで殆どの操作が可能になっている昨今、なんとなくこの流れは自然だったのかなぁ~?って気がしませんか?

 

 

ベゼルレスディスプレイ

 

 

ベゼル(bezel)とは「枠」や「額縁」を意味していて、iPhoneもiPadも「ベゼルレス」または「ベゼルフリー」(Baseless)=べぜるが無い、渕無しデザインで、さらに美しいモデルに変身します。

 

ホームボタンを無くすことで、2010年に導入されて以来、デバイスの上部と下部のエッジをより大幅に縮小し、より、ワイド感を実現したんですね。

 

10.5インチのディスプレイに、モニター部分のベゼルも極めて、細く小さく、めだたなく・・・・「ベゼルレス」することにより、更にワイドな画面とよりシャープな雰囲気!スマートな薄型が素敵なカラーとデザインで仕上がるようです!

 

早速リーク情報で有名なBenjamin Geskin氏もTwitterでコンセプト画像を投稿していますので、シェアしたいと思います。

 

 

iPadには、iPhone Xと同様に、より速いプロセッサ、そして、カスタムのAppleグラフィックス処理ユニットが搭載される予定と、期待いっぱいのデザインですねぇ~。

 

Appleはまた、スタイラスを使用するためのApple Pencilスタイラスと新しいソフトウェアツールを用意しているようです。

 

 

しかし、問題はiPhoneXで使用しているスクリーン(ディスプレー)なのですが、現在使用されているものは、OLED(有機発光ダイオード)スクリーンで、より正確に色を再現することができるのですが、標準的な液晶ディスプレイよりも大量に生産することが、困難であると言われています。

 

 

新しいバージョンのタブレットには、より鮮やかな色とシャープな明瞭さを提供するOLEDスクリーンを搭載する可能性は低く、今のところ、各社、日本も含めiPadXのスクリーン(ディスプレー)はどこのものになるのかはまだ不透明のようですねぇ~

 

 

IPadXのカラー

 

もう、すでに、デザインされているようです。

こちらをご覧くださいね!

いままで、iPhoneもカラーのバリエーションが豊富になってきてシャンパンピンクなど、女心をくすぐるような色目などもありましたが、今回のiPhoneでは2色限りでしたねぇ~。

 

おそらくiPhoneXも2色の展開になるのでは?と思います。そこだけは残念ですねぇ?

 

もう、デザインモデルができていますので、ご一緒にシェアしたいと思います。

 

 

最後にもし、2018年にiPadXが販売されるときの値段ですが、予想してみたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


Sponsored Links
Sponsored Links



話題

Posted by wikiwiki