井上大仁(マラソン)の経歴・成績や出身中学は?弟もイケメンってホント?彼女の噂や折り紙の凄腕を画像で紹介!


Sponsored Links



男子マラソンの井上大仁(ひろと)選手(MHPS)、今、ジャカルタで行われているアジア大会で金メダルを取りました!!なんと男子マラソンでは32年ぶりの快挙!!

 

その爽やかな井上大仁(ひろと)選手のゴールの笑顔が話題を呼んでいます!!明るい笑顔がいいですね!

 

 

スタート時点でのジャカルタの現地の気温は28度で、湿度は88%、暑さと湿気でかなり大変なコンディションだったようです!

 

 

井上大仁(ひろと)選手もゴール際での大接戦で、「めっちゃ、ひやひやした!」とインタビューで答えたそうですが、なんとも東京オリンピックのシュミレーションとも言える、今回のアジア大会で大金星を上げた井上大仁(ひろと)選手は次の2年後のオリンピックでも男子マラソン書いの期待の星となりそうですね!

 

そんな井上大仁(ひろと)選手は折り紙名人の腕前だとか?その出来は芸術そのもの、経歴や出身中学は?彼女の噂についても調べて見ました!

 

 

 

井上大仁(ひろと)選手のプロフィール

 

 


Sponsored Links



 

 

引用:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/04/gazo/20170804s00057000078000p.html

 

 



名前:井上 大仁(いのうえひろと)


生年月日 1993年1月6日(25歳)


出身地:長崎県


身長:165cm


体重:51kg


種目:長距離走


所属:MHPS(三菱日立パワーシステムズ)


大学:山梨学院大学


 

 

 

 

井上大仁(ひろと)選手の経歴と成績

 

 


Sponsored Links

 

 

井上大仁選手は1993年1月6日に長崎県で生まれ、専門は長距離のマラソンで日本の陸上選手です。

 

 

高校も長崎の鎮西学院高校を卒業。

 

 

その後は山梨学院大学へ進み、卒業します。

 

 

現在はMHPS所属の陸上選手で、最近では2017年世界陸上ロンドン大会男子マラソン日本代表でした。

 

 

井上大仁選手が陸上を始めるきっかけとなったのは、家族の影響が強かったようです。

 

 

しかしながら、良くアスリート家族にある、父親も母親もアスリートだったから・・・・と言う理由ではなく、井上大仁選手のお母さんからの勧めがあって陸上部へ入部したようです。

 

 

井上大仁選手はそもそも中学では子供に人気のサッカー部に入部、しかし、なかなかベンチからでられなかったのか?

 

 

人気が高くて部員の多いサッカー部ではベンチからでるのはナカナカ難しのなら、人気がそんなに無い陸上の方が活躍の場が多いのでは・・・?と井上大仁選手の母親のお勧めがあったようです。

 

 

 

進路の選択って難しいですね!

 

 

井上大仁選手は、活躍の場を求めて進路を陸上とした訳なのですが、山梨学院大学時代に進学してからは、箱根駅伝に出場することになります。

 

 

そこで、1年生~4年生まで連続して箱根駅伝に出場。

 

 

1年生:1区で区間10位
2年生:3区で区間7位
3年生:5区で8位相当
4年生:3区で区間3位

井上大仁選手は箱根駅伝と言えども、激戦ですから・・・・!

 

 

毎年のことながらTVで釘付けの視聴者は多いですね。そして、TV中継もかなり熱が入って見どころ満載!学校対抗なので、凄く面白いイベントです。

 

 

井上大仁選手のマラソン全成績

 

 

第71回びわ湖毎日マラソン      9位  2時間12分56秒 
2017年2月 東京マラソン2017    8位  2時間08分22秒
2017年8月 世界陸上ロンドン大会  26位    2時間16分54秒
2018年2月 東京マラソン2018    5位  2時間06分54秒
2018年8月 2018年アジア競技大会  優勝   2時間18分22秒 

 

井上大仁選手は2017年の世界陸上ロンドン大会でこそ26位となってしまいましたが、他の主要マラソン大会では、順調に記録を伸ばしてきた感じがありますね。

 

井上大仁選手の自己ベスト

 

1500m     3分49秒64(2015年)
5000m   13分38秒44(2018年)
10000m 28分08秒04(2017年)
ハーフマラソン 1時間01分39秒(2014年)
マラソン            2時間06分54秒(2018年)

 

井上大仁選手のアジア大会、金メダルゴールの動画

 


Sponsored Links

 

 

ラストスパートは勝つ自身があったと語る井上大仁選手!!今までの日々の努力で自分自身が見えていたものがあったんですね!

 

 

そして、なんと高橋尚子さんも期待!!予想をしていました!!!

 

 

 

引用:【アジア大会ハイライト】男子マラソン 井上大仁 金メダル

 

引用:【アジア大会】男子マラソン 日本32年ぶりの金メダル! 井上大仁(MHPS)コメント

実は今回の井上大仁選手のアジア大会での金メダルは1986年のソウル大会から32年ぶりの快挙となり、以外にも男子マラソン界は世界では低迷気味だったんですね。ちなみにソウル大会では中山竹通選手だったそうです。

井上大仁選手の弟もイケメンってホント?

 

 


Sponsored Links

 

井上大仁選手、ご兄弟はどうなんでしょうか?

 

 

以外にもスポーツ選手はアスリートの家系が多いので、ご兄弟がいる場合もスポーツ選手が殆どです。

 

 


井上大仁選手にはやはり弟さんがいました!

 

 

井上大仁選手と同じ山梨学院大学で陸上競技の選手をしています。名前は井上仁史(まさし)さん。

 


井上仁史(まさし)さんは残念ながら、マラソン選手でなく、大学で陸上競技の強化・トライアス・育成と言う育成グループで陸上競技をしているようですよ!

 

高校時代は兄の井上大仁選手と同じMHPSだったんですね。

 

 

井上大仁選手の彼女は?!

 

 

普段はMHPS、三菱日立パワーシステムズにお勤めの井上大仁選手、優しくて人柄の良さそうな顔立ちなので、会社でもモテモテなのでは?と思います。

 

 

陸上部に所属しているようですが、残念ながらマラソン部には女性の部員はいなく、男性だけのマラソン部のようで、同じ部員に彼女は居ないようですねぇ~

 

 

井上大仁選手の彼女の噂について、残念ながら今の所は公で噂になったことはないんですね?

 

水面下でお付き合いがあったとして、全くおかしくないので、もうそろろ・・・・東京オリンピック前か後・・・・どちらかに彼女の噂があっても良さそうです。

 

 

 

井上大仁選手の折り紙の凄腕を画像で紹介!

 

 


Sponsored Links

 

井上大仁選手は折り紙が趣味なんだそうです。折り紙名人みたいな?腕前ですね。それに、座布団の上でこの格好で折り紙って凄くないですか?

 

 

 

 

この井上大仁選手が折った折り紙を大きくするとこんな感じのふくろうだそうです。

 

折り紙とマラソンの共通点はなにかなぁ~?と考えてみたのですが、集中力と地味に1つ1つを丁寧に積み上げてゆくことでしょうか?

 

もともと器用な人のような気はしますね。地味なことをコツコツと・・・。

 

 

きっとアジア大会が終わって趣味の折り紙を楽しんでいることだと思いますが、東京オリンピックまでは後2年、すでに、次の東京オリンピック目指して、井上大仁選手の日々の積み上げはまた始まっているのだと感じています。

 

井上大仁選手のオリンピックでの笑顔も期待したい所です!


Sponsored Links