堀越勸玄(市川海老蔵の息子)の小学校や幼稚園はどこ?お披露目での早口言葉や凄いってホント?


Sponsored Links



 

 

 

市川海老蔵さんの息子である堀越勸玄くんが、東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」昼の部で、父とともに出演している「外郎売」で評判を呼んでいます。

 

 

 

 

「私の名前は堀越勸玄でござりまする」と挨拶した後、見せ場の早口言葉では、約4分間に及ぶ早口の長ぜりふを完璧に演じきり、会場は拍手と掛け声に包まれました。

 

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

堀越勸玄の通っている学校は?

 

堀越勸玄くんは現在6歳。

 

 

 

年齢的に小学校に入学する年齢です。

 

 

 

先日「お受験」があったようですが、その入った小学校はどこなのでしょうか?

 

 

 

「週刊女性PRIME」によれば、「この学校には、海老蔵さん自身も通っていた、いわば歌舞伎のエリートたちが集う学校」とあります。

 

 

 

ということは、堀越勸玄くんの入学した小学校は、青山学院初等部でしょうね。

 

 

 

この学校には、姉の堀越麗禾さんも入学しており、弟の堀越勸玄くんも同じ学校に進んだようです。

 

 

 

青山学院からは有名な歌舞伎役者が多数排出しており、学校も歌舞伎の活動に理解があると言われていますから、青山学院を選んだようです。

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

堀越勸玄の「外郎売」での早口言葉が凄い

 

「外郎売」は、外郎という薬を売る業者を描いた演目です。

 

 

 

早口で題目を述べるのが最大の見もので、滑舌練習として行われることもあります。

 

 

 

堀越勸玄くんが、まだ6歳ながら、「外郎売」を見事に演じきったとして話題になっています。

 

 

 

東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」の昼の部で、父である市川海老蔵さんとともに、「外郎売」を演じ切りました。

 

 

 

「外郎売」は歌舞伎十八番の一つで、市川宗家にとって大事な演目です。

 

 

 

勸玄くん人気もあって、早々にチケットは完売し、連日、客席は満員という盛況ぶりでした。

 

 

 

その堀越勸玄くんの、「外郎売」を演じるところを見てみましょう。

 

 

 

 

まだ6歳でありながら、最初から最後まで演目を演じきっています。

 

 

 

「アカサタナハマヤラワ~」「武具馬具武具馬具三武具馬具、合わせて武具馬具六武具馬具」などの早口の長ぜりふを完璧に演じきっています。

 

 

 

今からこの演技なら、将来は立派な歌舞伎役者になれそうですね。

 

 

 

 

 


Sponsored Links



 

 

 

まとめ

 

今回は堀越勸玄くんの話題でした。

 

 

 

「外郎売」を完璧に演じきるなど、まだ6歳ながら将来大いに有望な堀越勸玄くん。

 

 

 

お父さんを超える立派な歌舞伎役者になれそうですね!

error: Content is protected !!