西城秀樹の嫁(画像) 木本美紀と子供が超美形ぞろいで凄い!姉や実業家の実家も調査!

Sponsored Links



西城秀樹さん、亡くなってしまいましたね。長く闘病生活をしていて、妻の木本美紀さんが陰の支えとなっていましたが、最近は芸能活動であまり見ることはありませんでした。いつの間にか3人のお子さんにも恵まれ、お子さん達も大きく、すくすくと育っていたんですね!

 

西城秀樹さんと言えば、野口五郎さんや郷ひろみさんなど、いわゆるアイドル御三家として人気絶頂の頃には大ヒットをとばしていました。

 

ヤングマンなどは何度と無く、繰り返しリバイバルで歌われて、今でもカラオケで歌っている年配の方も多いのでは?

 

そんな西城秀樹さんも、人気アイドル時代の絶頂期を過ぎると、間もなく結婚をして、一人の人間として家庭を築き、幸せな時間を過ごしていたようです。

 

その西城秀樹さんを心から支えていた嫁(妻)は現在の名前を木本美紀(旧姓:槙原美紀)と言う名前の方ですが、きっと素晴らしい嫁(妻)さんだったのではないか?と思います。

 

そこで、どんな方だったのか?見ていきたいと思います。

 

 

西城秀樹さんのプロフィール

 

 


Sponsored Links

 

 

 



本名       
木本 龍雄(きもと たつお)

生年月日          1955413

出生地     日本広島県広島市(現:東区)東蟹屋町

死没          2018516日(63歳没)

国籍      日本神奈川県横浜市

学歴          明治大学付属中野高等学校定時制

ジャンル           J-POP

職業          歌手・俳優

活動期間              1972 – 2018

レーベル              1972 – 1975:

「ビクター音楽産業」1975 – 1987:

RVC1987 – 1999:

BMGビクター」1999:

「キングレコード」1999 – 2001:

「ポリドール」2002 – 2013:

「ユニバーサルミュージック」2015 – 2018:

Battle Cry Sound

事務所   アースコーポレーション

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/西城秀樹

 

 

 

西城秀樹さんは、郷ひろみさん、野口五郎さんと共にアイドル御三家として、一世を風靡していました。

 

引用:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805170000480.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

 

 

西城秀樹さんが脳梗塞

 


Sponsored Links

 

 

「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」「傷だらけのローラ」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄〈きもと・たつお〉)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で死去した。63歳だった。通夜は25日午後6時、葬儀は26日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻の木本美紀さん。

https://www.asahi.com/articles/ASL5K3TG2L5KUZVL001.html

 

 

西城秀樹の嫁(画像) 木本美紀さんとの馴れ初め

 

 

西城秀樹さんの嫁(妻)の木本美紀さんは、旧姓、槙原美紀さんといい、西城秀樹さんが芸能人でなく、一般人の方と結婚したことでその当時は話題となったようです。

 

引用: https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/17/0011263894.shtml?ph=4

 

西城秀樹さんの嫁(妻)の木本美紀さんは、(旧姓、槙原美紀さん)は2001年6月30日に白浜神社で結婚。

 

妻で奥様の木本美紀さんは、(旧姓、槙原美紀さん)は当時、会社のOLだったそうです。

 

西城秀樹さんと奥様の木本美紀さんの結婚で一番の話題だったのは、当時、西城秀樹さんは45歳、木本美紀さんは28歳で17歳も年が離れた年の差婚だったことですね。

 

木本美紀さんは、(旧姓、槙原美紀さん)は28歳で、結婚もうそろそろ・・・と言った感じの年齢で、決して若いと言うわけではありませんが、西城秀樹さんが少し中年期に入って独身だったこともあり、「美人で一般人の素敵な結婚相手」で世の男性もかなり羨んだことでしょう。

 

 

2018年現在、木本美紀さんは、(旧姓、槙原美紀さん)は44歳となり、結婚当初の西城秀樹さんの年齢ぐらいになっているようです。

 

相変わらず、美しい奥様であることは、想像できますよね~

 

 

 

西城秀樹の子供は美形揃い!

 


Sponsored Links

 

西城秀樹さんと妻の木本美紀さん、実は3人の子宝に恵まれ順風満帆な生活だったようです。

 

2002年より3人の子供を年子で妻の木本美紀さんは出産しています。

 

2002年6月3日に莉子ちゃんが誕生。長女、2008年現在、14歳。

 

2003年9月1日に新之肋君。長男、13歳

 

 

2004年に悠天君、次男、12歳。

 

まさに年子で生まれていて、年代も近いので良いお友達みたいな兄妹なのでしょうね?

 

それに、三人、全員美形です。それもそのはず、西城秀樹さんもかなりの美形、そして奥様も超美人なので、子供さん達も美形揃いです!

 

西城秀樹さんも2003年に倒れて、新生児を抱えて、さらに妊娠中だった妻の木本美紀さんは西城秀樹さんの看病と、かなり大変な生活を当時はしていたのではないか?と思います。

 

西城秀樹さんの脳梗塞後にステージにたった画像がこちらです!!

 

 

若かりし頃の西城秀樹さんも!!歌唱力、パフォーマンス!共に素晴らしいですね!

 

引用:西城秀樹 YOUNG MAN (Y.M.C.A.)

 

 引用:西城秀樹 ギャランドゥ 1983

 

でも、このような時期を乗り越えられるだけ、外見の美しさだけでなく、芯のしっかりとした素晴らしい奥さんであることは間違いないです。

 

 

西城秀樹の姉や実業家の実家も調査!?!

 


Sponsored Links

 

 

西城秀樹さんの実姉の名前は木本絵里子さんといいます。

 

西城秀樹さんと実姉の木本絵理子さんは在日韓国人だといわれていて、西城秀樹さんの本名も木本達夫。

 

なかなか、複雑な家庭環境だったようで、実姉とは言っても、西城秀樹さんのお父さんが在日韓国人で、お姉さんとは母違いの子供で異母姉弟。

 

その異母姉弟の関係にあったお姉さんの木本絵理子さんは若い頃に大阪市南区玉置町のクラブ朱雀で働いていたようで、その頃、山口組、福井組の最高幹部の宅見勝さんとお付き合いを深めていたようで、宅見勝さんには正式な奥様がいましたが、木本絵理子さんと内縁状態だったんですね。

 

そして、木本絵理子さんと宅見勝さんの間に男の子が誕生、宅見将典さんと名付けられます。木本絵理子さんにはすでに4歳の女の子の宅見まりさんという名前の子供がいたようです。

 

その後、宅見勝は木本絵理子さんに宅見姓を名乗らせるために、父方の伯母と養子縁組させたたとのことですが、「宅見毛頭射殺事件(たくみわかがしらしやさつじけん)と言う有名な事件で亡くなっています。

 

木本絵理子さん、大阪で事業としてステーキハウス、もしくは焼肉屋をやっていると言う噂です。しかし、残念ながら、正式な情報は公開されていません。

 

ただ、在日の方に多い職業でもあるので、本当かもしれませんね!また、分かり次第お伝えしたいと思います。

 

一昔まえのアイドルが亡くなったと言うことを聞いて、その世代の方は1つの時代が終わったような気持ちになるのではないでしょうか?あれほどまでに青春時代に心を支えてくれた歌謡曲。その歌い手が魅力であればあるほど、長きにわたり心のどこかでその歌を囁いていた方も間違いなく多かったはずです。

 

西城秀樹さん、懐かしのCMや動画

 

 


引用:西城秀樹 ハウスバーモントカレー

 

引用:【CMタイムマシン】 ハウス バーモントカレー 歴代CM大全集 【1973~2016】

 

引用:西城秀樹さんを偲んで 1978-1988 西城秀樹CM集

 

 

引用:西城秀樹 ズバリ言うわよ 2007 09 25 前編

 

引用:西城秀樹 ズバリ言うわよ 2007 09 25 後編

 

引用:西城秀樹 ヒデキ還暦ライブの様子 (2015年4月) 1

 

引用:HIDEKI SAIJO Single No.89 「めぐり逢い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西城秀樹さん、ハウスバーモントカレーのCMを18年もつづけられて、今となってはハウスバーモントカレーが国民的な人気や知名度までになったのも西城秀樹さんの人気にともなってブームとなったとのことで、ハウス食品からも心から西城秀樹さんへのお礼とご冥福を挨拶として公式発表していました。

 

西城秀樹さんは病気をして家族と奥様に命を助けられたと涙をこらえきれなかった様子や、今まで家庭を持つタイプの人間ではなかったけれど、奥様と出会って家庭を持って初めて「愛」と言うものの良さをわかった、病気にありがとう!とおっしゃっていました。

 

残念なら、お子さん達が成人を迎えるまでは頑張ると言っていましたが、無念にも天へ旅立ってしましました。

 

西城秀樹さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

 

 




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています