樋田淳也の顔画像と脱走方法や逃走先は?加重逃走罪や過去の犯罪歴を調べた!


Sponsored Links



大阪府富田林市の府警富田林署から勾留されていた樋田淳也(ひだじゅんや)容疑者(30)が逃走したことがわかりました。樋田淳也容疑者は8月12日(日)に担当の弁護士と面会中で、面会が終わり、間もなくして、脱走していたことが発覚したようです。

 

そこで、樋田淳也容疑者の顔画像や脱走方法などを分析、また逃走先についても調べてみました?樋田淳也容疑者は弁護士と面会中だったことも有り、この弁護士も怪しいとSNSではもっぱらの噂です。

 

 

樋田淳也容疑者が逃走したことで、樋田淳也容疑者の過去の犯罪歴なども気になりますね?どんな逮捕歴が他にあるのでしょうか?樋田淳也容疑者について様々な観点から追ってみたいと思います。

 

 

樋田淳也が富田林署の留置所から逃走!

 

 


Sponsored Links



 

樋田淳也容疑者(30)は住所不定、強制性交や窃盗の容疑で6月15日から大府警富田林署に留置されていました。13日は丁度、弁護士との面接があり、面接室に入った後に行方がわからなくなったと大阪府警が報道。加重逃走容疑で只今、捜査真っ只中だそうです。

 

 

 

樋田淳也の顔画像は?

 

 

こちらが逃走中の樋田淳也容疑者(30)の画像となります。

 

引用:勾留中の容疑者の男が逃走 大阪・富田林署(18/08/13)

 



名前:樋田淳也(ひだ じゅんや)


生年月日:不明


年齢:30歳


身長:163センチ


髪型:長髪


体型:中肉


特徴:左腕に手術痕、左ふくらはぎに動物の刺青


職業:無職


住所:不定


 

 

樋田淳也容疑者特徴は、身長は163cmで中肉中背。印象的には目が鋭い感じですね。 

 

逃走時の服装は黒の長袖ジャージに 灰色のスエットズボン。

 

留置場のサンダルと言うスタイルですが・・・・

 

今は着替えてしまっているかもしれません。 

 

 

樋田淳也の脱走方法は?

 

 


Sponsored Links

 

樋田容疑者の脱走の経緯は、は12日午後7時半ごろ富田林署の2階にある面接室で担当弁護士との面会。その時には警察官が外側から鍵をかけたそうです。

 

弁護士との面会後、普段は、容疑者が面会が終わる合図としてノックして外側へ知らせることになっていたそうですが、面会が始まって2時間後の午後9時43分になっても合図がないため、不審に思った署員が確認した所、面接室には誰も居なかった、と言うことだそうです。

 

面接室は容疑者と接見する人が向き合う所にアクリル板で敷居がされていてましたが、その隔たりとなっているアクリル板が破られていたようです。

 

その間の隙間から樋田容疑者は逃走したと見られていて、脱走の手口はいとも簡単だったようですね!

 

 

大府警富田林署には当時約20人の署員がいましたが、残念ながら誰も目撃も気づく人も居なかったようです。

 

 

樋田容疑者と面会した弁護士が面会を終えたのは午後8時ごろで、面会室の外にあったスニーカーがなくなっていて、それを履いて逃走したと思われます。

 

 



大阪府
富田林とんだばやし市の府警富田林署で12日夜、強盗致傷、強制性交罪などで起訴され、勾留中だった容疑者の男が逃走した。

 

面会室で弁護士との接見後に1人になった際、間仕切り用のアクリル板を壊して逃げたとみられ、府警は接見後の監視を怠っていた。


府警は13日、男の顔写真を公開、加重逃走容疑で全国に指名手配し、約3000人態勢で行方を追っている。


https://www.yomiuri.co.jp/national/20180813-OYT1T50000.html

 

 


樋田容疑者は12日午後7時半頃、手錠や腰縄を外した状態で2階にある面会室に入った。

 

面会室は中央の壁にアクリル板(縦約70センチ、横約2・4メートル)がはめ込まれており、板を挟んで話す構造になっている。

 

午後9時45分頃、署員が様子を見に行ったところ誰もおらず、アクリル板の下部が押し出され、長さ約30センチの隙間ができていた。

 

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180813-OYT1T50000.html

 

新たな情報として、

 

 

弁護士面会の終了未確認
弁護士は黙って署を出た(いつものこと?)
面会室ドア開閉確認用ブザーの電池抜き(警察)
面会室のアクリル板と枠にスキマ
部屋はビデオカメラ禁止(外部には防犯カメラ設置あり)
約90分容疑者は一人

 

さらに、新たな情報で、富田林署は壁で囲みがあり、その壁には最初から脚立が立てかけてあったため、その脚立を使って壁を乗り越え一般道にでたことが明らかにになりました。

 


乗り越えた壁の後には樋田容疑者がもともと履いていたサンダルが脱ぎ捨てられていて、所内に置いてあった署員のスニーカーに履き替えて逃走した模様。

 

 

このような、脱走できる要素がたくさんあった富田林署と言うことで、これだけ揃っていると脱走しない手は無いって感じですね?富田林署=警察の管理の甘さも露呈しています。

 

樋田淳也の加重逃走罪(かじゅうとうそうざい)とは!

 

 


Sponsored Links

 

300人体制で捜査を展開しているそうですが、読売新聞にある樋田容疑者加重逃走容疑とは?一体全体どういった容疑なのでしょうか?

 

 

 


逃走罪が規定する者や、勾引状(逮捕状など)により拘禁されている者が、拘束のための施設や器具を損壊したり、看守などを暴行・脅迫したり、複数人が共謀したりして逃走する罪。刑法第98条が禁じ、3か月以上5年以下の懲役に処せられる。


[補説] 緊急逮捕で、逮捕状が発せられる前の時点での被疑者や、逮捕状が不要な現行犯逮捕の被疑者の逃走は、本罪にあたらない。

https://kotobank.jp/word/加重逃走罪-462272

 

加重逃走罪が普通の逃走罪と違うのでしょうか?

 

 

樋田淳也の逃走先は?

 


Sponsored Links

 

樋田容疑者は、大阪府富田林市の富田林署に拘置されていました。面会後に逃走したと見られています。

 

位置情報をお知らせしたいと思います。

 

 

 

 

航空写真からも分かるように、近くには富田林市署や大阪府立富田林市中高、そして大阪府立河南高や閑静な住宅街などが間近なエリアです。

 

夏休みであったことが幸いですが、富田林市は学校地区も多く、幼稚園10園、小学校16校、中学校8校がこのエリアに所在しています。再度の犯罪が起きないことを祈りたいと思います。

 

 

樋田淳也の過去の犯罪歴を調べた!

 

樋田淳也容疑者が今年の6月15日に逮捕された時の記事がありましたので、引用いたします。

 



2018.6.15 17:28

女性乱暴容疑で30歳男を再逮捕 大阪、警察車両不審火にも関与か

 

大阪府内のマンションで女性(24)に乱暴したなどとして、大阪府警捜査1課は15日、強制性交や窃盗などの疑いで、住所不定、無職の樋田淳也容疑者(30)を再逮捕した。「分かりません」と否認しているという。

 

府警羽曳野署で5月、駐車場の警察車両が燃えた事件で似た男が署の近くをうろつく様子が防犯カメラに写っており、捜査1課は不審火に関与した疑いもあるとみて調べる。

 

不審火では警察車両と積まれていた自転車が燃えた。捜査関係者によると、5月上旬に発生したひったくり事件で乗り捨てられ、羽曳野署が保管していた。男が乗っていた疑いがあり、証拠品を燃やそうとした可能性もあるという。

 

再逮捕容疑は、5月24日午後11時50分ごろ、大阪市浪速区の路上で、ミニバイクで自転車の女性(28)を追い抜く際に前かごの手提げかばんをひったくり、25日未明には、別の女性の首元に果物ナイフを突きつけて乱暴したとしている。

 

防犯カメラの映像に被害者の目撃情報に似たミニバイクが写っていたことから浮上した。大阪府内では強盗致傷や強制性交事件が複数発生している。

 

樋田容疑者は5月25日、盗んだバイクを保管していたとして、盗品等保管の疑いで現行犯逮捕されていた。


https://www.sankei.com/west/news/180615/wst1806150079-n1.html

 

6月に逮捕された記事から分かるように、樋田淳也容疑者は、強制性交、強盗致傷、放火、窃盗など、一度ならず、数回繰り返していて、過去にも逮捕歴があり、今回は再度の逮捕と言うことです。

 

しかし、こういう凶悪犯はどこかに身を潜めて更に悪い事を重ねるので、厳重な注意が必要ですね!


Sponsored Links