ハリーケインのプレースタイルと特徴を動画で紹介!移籍の噂や年俸が気になる!

Sponsored Links



今回紹介するのは、サッカーの母国イングランドから。トッテナムで活躍するセンターFW、ハリー・ケイン選手です!

 

イングランド代表の「顔」といえば、長らくルーニーでしたが、現在の「顔」はこのハリー・ケイン選手。チームの絶対的支柱です。

 

ハリー・ケイン選手プロフィール

 

 


Sponsored Links

 

 

 

 



名前:ハリー・ケイン選手

 

生年月日:1993728日(24歳)

 

身長・体重:188cm 86kg

 

所属クラブ:トッテナム→レイトン・オレイエント→ミルウォール→ノーリッジ→レスター→トッテナム

 

国際Aマッチ:23試合12得点(20183月現在)

 

ハリー・ケイン選手はトッテナムの下部組織で育った選手ですが、経歴を見れば分かるように、レンタル移籍のくり返しで実戦を重ね成長した選手であると言えます。

 

 

現在のトッテナムでは、デル・アリ(イングランド)やエリクセン(デンマーク)らと共に攻撃をけん引。2015-2016シーズン、2016-2017シーズンにはプレミア得点王に輝き、W杯でも活躍が期待されます。

 

 

ハリー・ケイン選手の移籍の噂や年俸が気になる!

 

 

 

 

先日、トッテナムが、ハリー・ケインとの契約を延長と発表がありました。

 

 

その内容についてですが、契約期間は2018年~6年間の延長で、2024年までの契約。

 

 

ハリー・ケイン選手の今季の成績は、48試合の公式戦に出場、41ゴールを決めて、通算ででは213試合へ出場、そのうち140ゴール決めて、世界最高のストライカーとしての実力と名声を誇るまでに至っているようです。

 

 

24歳と言えどもイングランドのエースは今回の延長契約での契約金の内訳は、2016年に契約更新した際の週給10万ポンド(約1500万円)の2倍となると見られています。

 

 

トッテナムは年俸22億でハリー・ケイン選手の流失、事実上の移籍を防止したと言われています。

 

 

それにしても24歳の若さでのこの年俸!!凄すぎますね!

 

 

ハリー・ケイン選手のプレイスタイル(W杯注目のFW:イングランド代表

 

 


Sponsored Links

 

ハリー・ケイン選手は、188cmの長身選手ですが、ヘディングというよりどちらかといえば足技に優れたFWだと思います。

 

 

特にペナルティエリア内で、味方からのセンタリングにワンタッチで合わせる技術に優れているように感じます。

 

 

目の前でバウンドするような難しいボールに対しても、上半身を傾けバランスを取りながらしっかりミートし、低く抑えたシュートを枠に飛ばすことができます。

 

 

普通はこのようなボールが来ると、シュートを浮かしてしまうことが多いのですが、低く抑えたシュートを打てるという事はケインのレベルの高さを示しています。

 

 

また、後方から来るボールといいのも、ダイレクトで合わせるのが難しいのですが、ケインは、いとも簡単にシュートを枠に飛ばして見せます。

 

引用:世界屈指のゴールハンター 「ハリーケイン」ゴール集

 

 

トッテナムでは、デル・アリからのループパスに抜け出し、ショートバウンドで合わせ決めるというスーパーゴールを決めました。

 

引用:ハリー・ケイン プレミアリーグ通算100ゴールの軌跡

 

ゴールの位置、DFの位置はどうやって把握しているのでしょうか?

 

 

 

ケインほどの選手だとゴールを見なくても、感覚で分かるものなのでしょうか?このように、どんなボールが来てもワンタッチでボールを枠に飛ばす力。

 

 

これこそがハリー・ケイン選手の大きな武器だと言えます。

 

引用:【2017 No.1ストライカー】ハリー・ケイン 2017年全56ゴール

 

ポストプレーで味方の上がりを促すなど、攻撃の起点としての役割も一流です。24歳と若く、次代のスター候補の1人と言えます!

 


欧州サッカー5大リーグを見るならDAZN
年間7,500以上のスポーツ映像も楽しめる
今なら31日間無料トライアル ↓

 

ハリー・ケイン選手のロシアでの注目ポイント(W杯注目のFW:イングランド代表

 

 

ハリー・ケイン選手のW杯での注目ポイントは「コンディション」です。

 

 

最近は疲れの影響からか、パフォーマンスの低下が指摘されています。

 

 

私が先日観戦したWBAとの試合では、ボールが足につかず簡単に奪われるシーンが目立ちました。また、シュート本数も少なく本来の派パフォーマンスではないのかな?と感じました。

 

 

ですから、W杯までにコンディションを上げられるかが注目ポイントの一つになります。

 

 

それから私がW杯でハリー・ケイン選手に期待したいプレーはヘディングです。

 

 

もちろんヘディングの技術は高いのですが、足技のほうが得意なイメージがあるので、セットプレーからヘディングシュートをたたきこむ!という場面を観たいです。

 

 

予選リーグで対戦するベルギー代表には、コンパニーという空中戦にめっぽう強いCBがいます。

 

 

ハリー・ケイン選手がこの屈強なDFに空中戦で競り勝つことができれば、イングランド代表が試合を優位に進めることになるでしょう。

 

 

イングランド代表には、他にもアリやスターリング、ヴァーディといった面白いアタッカーがいますね。どのようなプレーを見せてくれるか期待しましょう!

 


欧州サッカー5大リーグを見るならDAZN
年間7,500以上のスポーツ映像も楽しめる
今なら31日間無料トライアル ↓

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています