箱根駅伝2020の[9区間]見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介!


Sponsored Links



お正月の風物詩として有名な箱根駅伝、テレビで観たことありますか??毎年12日と3日の2日間かけて、20以上の関東の大学が、東京から箱根まで往復する過酷な駅伝のレースです。

 

 

 

ここでは、箱根駅伝2020の[9区間]見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は箱根駅伝から日本の陸上長距離を盛り上げようという感じでよくテレビに出る監督も。

 

 

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝はトータル217.1㎞の長丁場、片道109㎞超を5時間以上かけてゴールするので、いつもテレビで観戦という方も多いのでは?

 

 

 

 

時にはお正月休みに現地に行ってナマで観戦するのもオススメですよ!!

 

 

 

 

目の前を選手が猛スピードで走り抜ける様子や、タスキをつなぐ中継所でのドラマを間近で見るのもぜひおすすめしたい!!

 

 

 

 

そんな箱根駅伝のコースやみどころ、観戦ポイントなどをまとめました。

 

 

 

 

今回は9区をご紹介します。

 

 

 

 

箱根駅伝2020の[9区間]のコース・戸塚中継所~鶴見中継所(23・1Km)

 

 

 

 

2019年とおおよそ変更がないであろう2020年ですが、この29区のコースは一番距離が長く、多くのドラマが生まれました。

 

 

 

 

9区だと、優勝争いもそうですが、10位までの来年出場が確約される『シード』をかけた争いも激しい区間です。

 

 

 

 

箱根駅伝を2度走った俳優の和田正人さんは、いずれも9区を走っています。

 

 

 

 

2区で最後の難関だった『権太坂』は、9区では前半8㎞あたりになります。ここを超えれば下りになっていくコースです。

 

 

 

 

国道1号線をずっと北上し国道15号に入り、鶴見中継所に進むコースです。

 

 

 

ドラマを生む23.1㎞、タスキが渡ればいよいよ最終10区です。

 

 

 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

 

箱根駅伝2020の[区間~10区]の(地図)

 

箱根駅伝公式プログラム

引用:https://www.hakone-ekiden.jp/course/

当日、車でお出かけの方は交通帰省もご注意くださいね!



Sponsored Links



箱根駅伝2020、(2日、3日)の交通規制(東京)

箱根駅伝2020交通規制マップ(東京)

 

 

箱根駅伝2020、(2日、3日)の交通規制(神奈川)

 

 

箱根駅伝2020交通規制マップ(神奈川)

 

 

 



Sponsored Links



 

 

 

 

箱根駅伝2020の[9区間]の通過予想時刻・戸塚中継所~鶴見中継所(23・1Km)

 

 

 

9区コース通過予定時間交通規制時間
戸塚中継所11:04頃10:55~11:40頃まで
横浜新道分岐点11:13頃11:00~11:50頃まで
東伸橋交差点(横浜市保土ヶ谷区)11:34頃11:30~12:25頃まで
神奈川警察署(横浜市神奈川区)11:52頃11:40~12:30頃まで
鶴見中継所

12:14頃

最終12:35頃

12:00~12:50頃まで

 

 

 

通過予想時刻は、2019年の東海大学の記録を参考にしています。

 

 

 

 

8区でついにトップに立った東海大学。2019年の鶴見中継所では2位を4分近く離してのタスキリレーでした。

 

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝2020の[9区間]のコースの特徴

 

 

 

 

23㎞超の長いコースの9区、全体的に下りの雰囲気なので2区より記録が早いのかな~と思ったのですが、実は9区のほうが時間かかってるんです。

 

 

 

 

やはり上りよりも下りのほうが足に負担がかかるからでしょうか?

 

 

 

 

それとも前半に上って下ってってのがくるからでしょうか?

 

 

 

 

ともあれこの最長コース、頭脳プレーも大切な区間です。

 

 

 

 

箱根駅伝2020の[9区間]のみどころ・観戦ポイントは?

 

 

 

 

勝負の9区、もちろん優勝争いも注目ですが、シードの争い、タスキがつながらないなど、様々なドラマがあるのがこの9区です。

 

 

スタートとなる戸塚中継所、箱根駅伝の記念碑があるそうです。是非、記念撮影を!

 

 

 

 

 

 

 

 

途中から線路に沿ったコースになるので、コース近くに行きやすい場所になっています。

 

戸塚中継所からの横浜新道沿いは絶好の応援スポット!!!声援がすっごいです!

 

 

 

 

 

あ、現地は交通規制がありますので、公共交通機関を使って行きましょうね。

 

9区となるともう都会のど真ん中を走りますから、観戦場所に行くのは楽だと思います。

 

東伸橋交差点(横浜市保土ヶ谷区)は割と穴場かもしれません。

 

 

 

 

 

 

途中の大きな駅(保土ヶ谷駅や横浜駅)は、アクセスが良い分、だいぶ混みますので、時間配分など検討されて向かうといいかもしれません。

 

 

 

神奈川警察署から愛を込めて、9区の通過地点、警察官で盛り上がっていることでしょう!市民も心1つに盛り上がれる場所です。11:52頃、交通関係の事情で遅延も・・・・。

 

 

 

 

 

最後の中継、鶴見中継所は、近くでタスキリレーが見られるポイントになっていますが、この場所は狙っているファンが多いです!

 

 

 

 

 

タスキが渡る瞬間を観たいときは、早めに向かうことをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

箱根駅伝は、どこも見どころが多くて、どこで観戦しようか迷っちゃうくらい!

 

 

 

 

場所によっては自転車とかを使うこともあるかもしれませんが、周囲には十分に気を付けてくださいね。

error: Content is protected !!