箱根駅伝2020の[7区間]見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介!


Sponsored Links



みんな楽しみ年末年始のお休み、リゾートに行く人も家で待ったりする人もみんな知ってるのが、『箱根駅伝2020

』!!!

 

 

 

ここでは、箱根駅伝2020の[7区間]見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

陸上ファンにはたまらない若者たちの熱い戦いに一喜一憂する2日間、おせちを食べながら家でゆっくり観るのもいいですが、現地でその雰囲気を味わうというのもファンにはタマラナイもの。

 

 

 

 

観光もかねて現地観戦はいかがですか?

 

 

 

 

ここでは箱根駅伝のコースや見どころをご紹介していきます。

 

 

 

 

戦いがさらにし烈になる7区!ご案内していきます。

 

 

 

 

箱根駅伝20207区]のコース予想

 

 

 

 

2020年も前年と変更のないコースになることが予想されます。

 

 

 

 

小田原中継所でタスキを受け取ったら、国道1号線を通り大磯駅のほうまでいっちゃいます。

 

 

 

 

大磯駅入り口の交差点で、往路の4区とは違うコースになります。

 

 

 

 

4区ではギリギリまで海沿いを走るのですが、7区ではそのまま交差点を直進して内陸を通り、道路が交差する唐ケ原交差点の平塚中継所に向かいます。

 

 

 

 

その距離21.3㎞。比較的平坦ながらも命運を分けるコースです。

 

 

 

 

箱根駅伝20204区]の地図

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝20207区]の通過予想時刻

 

 

 

7区コース 通過予定時間 交通規制時間
小田原中継所(風祭駅前) 8:58頃 8:40~9:25頃まで
国府津駅前 9:24頃 西湘バイパスに交通規制あり
大磯駅入り口 9:56頃 9:40~10:20頃まで
平塚中継所

10:02頃

最終10:22頃

9:40~10:30頃まで

 

 

 

 

 

時間は2019年の95回大会を参考にしていますが、94回大会はゴールがこれよりもう1分くらい早かったですね。

 

 

 

 

かつて7区は発展途上だったり、あまり力のない選手を置くというイメージのコースだったのですが、最近ではここでがっつりペースを上げて引き離すという戦略っぽい雰囲気もよく見受けられます。

 

 

 

 

2年連続7区を走った青山学院大学の林奎介選手もそうですが、日本新記録(当時)を出した設楽悠太選手や、日清食品所属の佐藤悠基選手もこの7区で活躍を見せています。

 

 

 

https://twitter.com/hk_run_1224/status/1080953656491397121

 

 

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=lqh_Ca8yx98

 

 

 

 

箱根駅伝2020の[7区間]のコースの特徴

 

 

 

 

小田原中継所でタスキを受け取ったら、はじめに大きな下りがあり、一気に海沿いまで下ります。

 

 

 

 

半分ほど来たところで少し上りになりますが、平塚中継所は海沿いの低いところにあるので、最終的には下りながらのゴールになります。

 

 

 

 

この7区の左側は、ガッツリ山なんです!

 

 

 

 

年によってはこの山から吹き下ろす風が結構強く、コースの高低より天候が気になるところです。

 

 

 

 

 

 

 

横風で体力や体温を奪われることもあれば、無風ピーカンで暑さとの戦いになることもあり、自然との闘いっていうのもひとつのポイントです。

 

 

 

 

箱根駅伝20204区]の見どころ・観戦ポイントは?

 

 

 

 

4区は交通の便もよく、選手が近いポイントもけっこうあるので、なかなか見ごたえのあるコースじゃないかな~と思います。

 

 

 

 

陽があがるので天気がいいと暖かそうに見えますが、言ってもお正月、寒さ対策は忘れずに行きましょう。

 

 

 

 

途中通る『酒匂橋』(さかわはし)は富士山が見えるスポットとしても有名なので、そちらも人気スポットです。

 

 

 

 

 

 

 

小田原中継所も平塚中継所も観戦ができるので、中継所のドラマも見ることができます。

 

 

 

 

もちろんトップの戦いも気になりますが、復路はシード権争いも見もの!

 

 

 

 

目の前で抜きつ抜かれつの攻防が・・・!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

色々な楽しみ方がある箱根駅伝。ぜひ思い思いに楽しんでくださいね。

 

 

 

 

コースの周辺は交通規制が敷かれています。現地に向かうときは公共交通機関を利用してくださいね。

error: Content is protected !!