箱根駅伝2020の(10区間)見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介!


Sponsored Links



陸上が好きな人だと、お正月といえば駅伝三昧!

 

 

 

ここでは、箱根駅伝2020の(10区間)見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介します!

 

 

 

元旦にニューイヤー駅伝を観て、2日と3日は箱根駅伝を観てっていうコースがお決まり!なんて方も。

 

 

 

 

「え~走ってるだけじゃないの?」と思ったそこのアナタ!

 

 

 

 

箱根駅伝は、学生のドラマが詰まった面白いレースなんですよ~。

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝を経験した選手がオリンピックを出たり、日本新記録を出したり、マラソンの選手を若い頃から応援するから、他の陸上長距離にもつながってくんですよね。

 

 

 

世界と戦う権利を学生時代に獲得した堀尾謙介選手(現豊田自動車)。2019年は2区を走りました。

 

 

 

マラソンの日本新記録を出した大迫傑選手も設楽悠太選手も出てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな熱いシーンを生で観たい!

 

 

 

 

現地に出向くファンも多いんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

現地の盛り上がっている雰囲気を感じてみてはいかがですか?

 

 

 

 

今回は最終10区!行ってみましょう♪

 

 

 

 

箱根駅伝202010区]のコース予想

 

 

 

 

2020年の箱根駅伝のコースは、おそらく大幅な変更無しだと思われます。

 

 

 

 

鶴見中継所でタスキを受け取ったら、目の前は東京。110区はほぼほぼ東京での戦いになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

川崎市をすぐ抜けて、京急蒲田駅・品川駅と大きな駅を通り過ぎ、北上しています。

 

 

 

 

皇居前を通れば目の前はゴール。読売新聞東京本社前がゴールとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

その距離23.0㎞。9人がつないだタスキの重さをかみしめゴールに向かいます。

 

 

 

 

箱根駅伝202010区]の地図

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝202010区]の通過予想時刻

 

 

10区コース 通過予定時間 交通規制時間
鶴見中継所 12:15頃 12:00~12:50
六郷橋周辺 12:25頃 12:20~13:00頃まで
蒲田 12:33頃 12:25~13:05頃まで
品川駅前 12:58頃 13:00~13:45頃まで
田町 13:05頃 13:00~13:45頃まで
日本橋交差点 13:23頃 13:15~14:00頃まで
ゴール(読売新聞東京本社前) 13:25頃 12:00~15:00頃まで

 

 

 

各ポイントの通過時間は、2019年の東海大学の記録を参考にしています。

 

 

 

 

ついに悲願がかなった東海大学。これまでも何度かチャンスがあったものの優勝はなかった大学です。

 

 

 

 

96回大会はどうなるでしょう?

 

 

 

 

箱根駅伝202010区]の見どころ・観戦ポイントは?

 

 

 

 

それでは10区の見どころをご紹介☆

 

 

 

 

まずはタスキを受け取る鶴見中継所。

 

 

 

 

最後のタスキリレーのポイントとして、その瞬間を見守りたいファンが多くつめかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

飛び交う激励の声、タスキがつながるかどうかの瞬間、この鶴見中継所では様々なドラマを見ることができます。

 

 

 

 

結構近くで選手が見えるので、タスキをつなぐ瞬間が見たい方はオススメです。

 

 

 

 

ちなみに、鶴見中継所には箱根駅伝にまつわる銅像が建っていて、そこで写真を撮っている人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この銅像は、鶴見中継所が箱根駅伝でなじみ深い土地という事で、鶴見区政70周年を記念して建てられたそうですよ。

 

 

 

 

鶴見中継所でタスキを受け取ったら、すぐに六郷橋のアップダウンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの辺りは、神奈川県警と警視庁のバトンタッチポイントでもあるんです。

 

 

 

 

引用:https://youtu.be/WBggB8smzRU

 

 

 

興味があればそのあたりも狙ってみてください。

 

 

 

 

途中、京急蒲田駅の前を通るんですが、昔はこの辺りに踏切があって、まれに通せんぼくらっちゃって立ち止まっちゃう・・・というハプニングもあった所です。

 

 

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=b_hFOmzHFOs

 

 

2019年初優勝の東海大学もこの鎌田の踏切に苦しめられた過去を持つ大学。目も当てられません・・・。

 

 

 

 

ゴールの近くは皇居や文化財として有名な増上寺など。

 

 

 

 

 

 

 

観戦後にこの辺りも歩いてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

そしてゴール!読売新聞東京本社前です!!

 

 

 

 

 

 

 

なんといってもイチオシはココ!

 

 

 

 

やっぱり最後の感動シーンを観てみたい!

 

 

 

 

メディアやカメラマンでごった返している雰囲気を感じるのもアリですね!

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

毎年目が離せない箱根駅伝、この中から何人世界に羽ばたくのかと考えるとワクワクしちゃいますね!!

 

 

 

 

2019年の95回大会では初めて東海大学が優勝して、2020年はどうなるのかますますわからなくなってきました。

 

 

 

 

優勝予想をしながら、お目当ての選手を見つけて応援しながら、たくさん箱根駅伝を楽しんでくださいね!!

error: Content is protected !!