箱根駅伝2020の(1区間)見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介


Sponsored Links



毎年お正月の風物詩といえば箱根駅伝2020です。

 

 

 

ここでは、箱根駅伝2020の(1区間)見学ポイントや通過時間(地図)とコースの特徴を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

大河ドラマでも、箱根駅伝開催を勧めた元オリンピック選手が取り上げられるなど、日本人にとってなじみ深い大会ですね。

 

 

 

 

箱根駅伝といえば、将来オリンピックを目指す若い世代がワンサカいて、観戦もとっても盛り上がります。

 

 

 

 

設楽悠太選手も大迫傑選手も、学生時代は箱根駅伝を騒がせた一人ですからね、マラソン競技が好きな方はぜひご覧いただきたい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビでも放送しますが、実は箱根までの道のりは、沿道での観戦スポットが多く現地でも楽しめる要素がいっぱい!

 

 

 

 

その盛り上がりを肌で感じてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

では1区から見ていきましょう☆

 

 

 

 

箱根駅伝20201区]のコース予想

 

 

 

 

2020年の箱根駅伝のコースは、大幅な変更が無いと予想されます。

 

 

 

 

東京大手町にある読売新聞社の東京本社前をスタートし、皇居前を通り国道15号線へ向かいます。

 

 

 

 

そのまま品川駅や京急蒲田駅付近を通り、川崎市の鶴見中継所まで一気に南下します。

 

 

 

 

1区ですでに神奈川入っちゃうんですね。

 

 

 

 

距離は21.3㎞。東京都の中心地を突き進みます。

 

 

 

 

距離引用:http://www.hakone-ekiden.jp/pdf/95_youko.pdf

 

 

 

 

箱根駅伝20201区]の地図

 

 

 

 

 

 

箱根駅伝20201区]の通過予想時刻

 

 

 

 

1区コース 通過予定時間 交通規制時間
スタート(読売新聞社東京本社ビル前) 8:00スタート 7:50~8:05頃まで
田町 8:15頃 8:10~8:20頃まで
品川駅前 8:21頃 8:15~8:25頃まで
蒲田 8:45頃 8:40~8:50頃まで
六郷橋周辺 8:53頃 8:50~9:00頃まで
鶴見中継所 9:02頃 8:40~9:20頃まで

 

 

 

ゴールの鶴見中継所の通過時間は、東洋大学の西山和弥選手の2019年の記録をもとにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

1年から2年連続で区間賞を獲得し、2019年も1区の最注目選手だった西山和弥選手、3年生となる2020年はどのコースで出場するのか、こちらも非常に気になるところですね!!

 

 

 

 

箱根駅伝20201区]の見どころ・観戦ポイントは?

 

 

 

 

それでは1区の観戦ポイントをご紹介していきましょう。

 

 

 

 

まずはスタート、読売新聞社前です。

 

 

 

 

スタート地点ということもあり、本番前の緊張感や、各校の応援団の応援合戦なども見ることができ、大変にぎやかです。

 

 

 

 

また、中継の日本テレビのアナウンサーや各取材陣が集まるので、かなりごったがえしています。

 

 

 

 

https://twitter.com/k_7250/status/1080243365751316482

 

 

 

 

スタート後交差点を左折し、日比谷通りを走り抜けます。この辺りは近くに皇居があったり、文化財としても有名な増上寺があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

選手の観戦が終わったら、そちらにもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

品川駅周辺にくると、集団が少しずつ縦並びになり、蒲田あたりにくると1位集団・2位集団・・・といった感じに完全に分かれてきます。

 

 

 

 

六郷橋周辺は残り3㎞。各選手ラストスパートをかけてくるのがこのあたりでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴見中継所は、歩道橋のすぐ近くでタスキリレーが行われるので、この歩道橋の下がベスポジであり、場所取りも激戦なんだそうです!!

 

 

 

 

タスキリレーを間近で見たいときはぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ちなみに、この鶴見中継所には、箱根駅伝にまつわる銅像が建てられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この銅像は、鶴見区区政70周年を記念して作られたものであり、箱根駅伝で親しまれている鶴見区ということでこのようなものになったようですね。

 

 

 

 

観戦の前後などで立ち寄ってみるのもいいですね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

各チーム勢いをつける1区。その後のレースの結果を占う上でも非常に重要な区間となっており、各校時期エースと目される選手が登場してくることも多いのでみどころ満載ですよ!

 

 

 

 

現地観戦するときは、安全で交通ルールを守って楽しく観戦しましょうね!

error: Content is protected !!