W杯で日本と対戦チームの監督たち「コロンビアのホセ・ペケルマン、ポーランドのアダム・ナバウカ、セネガルのアリウ・シセ 」

Sponsored Links



こんにちは! 日本代表のメンバーも27名まで絞られ、ワールドカップ気分が盛り上がってきましたね! 

 

 

今回は日本代表と対戦する3チームの監督紹介です!

 

 

1 コロンビア代表監督:ホセ・ペケルマン

 

 

 

 名前:ホセ・ペケルマン

 国籍:アルゼンチン

 生年月日:194993日(68歳)

 


Sponsored Links

 

ペケルマンは、日本と対戦する3か国の監督中、もっとも名の知られた存在だと言えます。

 

 

1980年代より、主にユース年代の監督を務め実績を積むと、2004年にはアルゼンチン代表監督に就任。

 

 

2006年ドイツW杯予選を突破し、本戦出場の切符を獲得。W杯ではベスト8の成績を残しました。

 

 

ユース監督時代に始動したサビオラやリケルメを起用し、最低限の結果は残したと言えるでしょう。

 

 

その後クラブチームの監督を歴任し、2012年からコロンビア代表監督に就任。

 

 

ハメス・ロドリゲスを中心としたサッカーでベスト8まで進んだブラジルW杯の躍進は記憶に新しいところ。

 

 

ペケルマンは、選手時代に膝の故障で28歳の若さでの引退を余儀なくされており、タクシーの運転手など、様々な職で生計を立てていた経験があるそうです。

 

 

そのような苦労人ですから、選手達からの信頼が厚く、チームを一つにまとめあげる力に優れているのかもしれませんね。

 

 

2 ポーランド代表監督アダム・ナバウカ

 


Sponsored Links

 

 

 

#4move

Adam Nawałka ⚽さん(@adam_nawalka)がシェアした投稿 –

 

 



 
名前:アダム・ナバウカ

 

 国籍:ポーランド

 

 生年月日:19571023日(60歳)

 

 

 

ナバウカは、コロンビア代表監督のペケルマンと同じく、膝の故障により若くして引退を余儀なくされた人物です。

 

 

引退後の様々な職を経験した点でも、ペケルマンと共通しています。

 

 

1995年に指導者のライセンスを取得。コーチや監督としての実績を重ねてきました。2013年~ポーランド代表監督に就任。

 

 

独裁者タイプではなく、様々な意見を参考にしながら戦術を練り上げるタイプの監督です。

 

 

ユーロ2016では、ポーランド代表をベスト8に導くなど一定の成果をあげています。

 

 

注目ポイントとしては、レヴァンドフスキに依存しすぎない攻撃をいかに構築できるかというところでしょう。

 

 

ジエリンスキーやミリクといった選手をいかにうまく使いチームとしてのレベルを上げるのか、その手腕に注目が集まります。

 

日本と対戦するのは3戦目。日本相手にどのような用兵をしてくるか。高さで勝負されると日本は分が悪いような気がします。

 

 

セネガル代表監督アリウ・シセ監督

 

 


Sponsored Links

 

 

 



 
名前:アリウ・シセ

 

 国籍:セネガル

 

 生年月日:1976324日(42歳)

 

 


Sponsored Links

 

 

42歳と、監督としては若い年齢でセネガル代表を率いるシセ監督。選手時代には、イングランドやフランスでプレー。

 

 

セネガル代表としては、2002年の日韓共催W杯にキャプテンとして出場し、ベスト8進出に大きく貢献しました。

 

 

2012年からセネガルの年代別代表の監督を務め、2015年からフル代表の指揮をとっています。セネガル代表は、FWではマネやケイタ。

 

 

DFにはクリバリといったワールドクラスのスター選手を擁しています。

 

 

これらの個性がうまく融合すれば、日韓大会以来の躍進も現実味を帯びてきます。

 

 

これらの個性をいかにうまくマネジメントするか、若いシセ監督の手腕が問われます。

 

 

セネガル代表の弱点は、司令塔タイプに選手がいない事と言われます。

 

 

だからこそ監督が作戦をしっかりと立てて、チーム作りの段階で戦い方を定める必要があります。

 

 

3チームの中でもっとも監督の手腕が注目されるのがシセ監督ではないでしょうか。

 

 

私は、日本がもっとも苦戦する相手はセネガルではないかと考えています。

 

 

身体能力を前面に押し出し、高さと速さをもつセネガルは本当に厄介な相手です。

 

 

以上、それぞれの監督紹介はいかがだったでしょうか?

 

 

代表チームは短期間でチーム作りをするためクラブチーム以上にマネジメント力が問われますね。

 

 

サッカー見たい放題!

今回、ライブを見逃してしまった方!
U-NEXTがお勧めです。

決勝トーナメントへの戦い!まだまだ期待が!
スマートフォンやタブレットで
外出先からも
見れるU-NEXT!
一人契約で家族4人が見放題!

ロシアワールドカップの感動をもう一度!!
    ↓  ↓  ↓

 

31日間の無料お試しはこちら

 

2018FIFAワールドカップも
NHKオンディマンドもスポーツも!

・人気の海外映画がいつでも見放題!
・放送中の韓国、日本ドラマの見逃し配信
・毎月のポイントプレゼントや雑誌・コミックも読み放題!
iphoneなどのスマホでどこでも楽しむことができます

今なら無料で見ることができます!
     ↓  ↓  ↓

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています