インフルエンザのワクチンが不足のわけや理由は?供給状況はいつ?

Sponsored Links
Sponsored Links

 

いよいよ冬本番、感想した空気に耐え切れず、マスクで喉の渇きを予防している人も多く見られる季節になりました。

 

9月に夏風邪をこじらして、病院へ通っていました。どうしても回復に時間がかかり、病院で点滴を打ってもらっていました。点滴はおよそ20分くらい。

 

パタパタと看護婦さんが次々に患者さんを処置する間、ずーと静かに点滴打ちながら様子を見ていました。

 

9月だというのに、看護婦さんは常連さんとも言える、ここの病院をかかりつけ医としているお年寄りと話していました。

 

会話はこんな感じでした「今年は、インフルエンザのワクチンがすくないので、今、もう、予約を取っているのだけれど、○○さん、毎年インフルエンザを受けるから、今日、予約していった方がいいんじゃない?」

 

そんな会話でした。その頃はまだ9月の中ごろ。

 

少し、早過ぎない?と思いつつ、看護婦さんに尋ねてみました。

 

「もう、インフルエンザの予約とっているんですか?」「予約が必要なほど、少ないんですか?」と。

看護婦さんは、

 

「そう、今年はかなりワクチンが手に入りにくいのよ。だから毎年インフルエンザを受ける人には先に予約をいれて、ワクチンの確保をしておかないとね!それぐらい少ないの。もしかしたら、通常2回受けるインフルエンザの注射も今年は1回のみになるかもね・・・・」と、そんな会話をしたのでした。

 

案の定、11月の始めには予約をした患者さんが、すでにインフルエンザの予防接種をしたとご近所などでも、早めに受けた、など会話が飛び交っていましたが、12月にはいると、すでにインフルエンザのワクチンが足りないという、現実がそこら中で起こってうという事態。

 

 

一体全体、インフルエンザのワクチンが不足しているのは何故?理由は何なのでしょうか?

 

インフルエンザのワクチンが不足しているのは何故?

 

先日もインフルエンザワクチンが入手できない医療機関が多数でてきたため、厚生労働省は自治体に「13歳以上の人は、1回接種が原則」とインフルエンザの予防接種の回数にも制限がかけられた状態となりました。

 

インフルエンザの予防接種は通常、11月~12月がピークシーズンということもあり、ワクチン不足の心配が更に拍車がかかった形となっているようです。

 

厚生省の発表によると、

 

今冬のインフル円座ワクチンの製造量は約2528万本(前年比256万本減)となる見通し。これは昨シーズンの使用量(2642万本)を下回る。

 

そして、今年のインフルエンザの製造は過去5年間のうちで最低となりました。

 

 

需要と供給のバランスが崩れているだけに、今後が心配されています。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

インフルエンザワクチン不足の理由は?

 

実は、インフルエンザのウィルスは世界的には4種類あり、その種類は

 

  • 「A香港型」と呼ばれる仲間、
  • 2009年に「新型インフルエンザ」と呼ばれたウイルスの仲間
  • B型にも、大きく2種類あります。

 

今現在のインフルエンザワクチンはこの4種類を混合ミックスしたものだということです。

 

その中でも、A香港型のワクチンの効果が製造過程で低くなることから、効果が低くならない新しいウィルスが発見されたので、2017年度はA香港のワクチンは新しいウィルスで製造することになったのですが、残念ながらこのウィルスが増えないという事実が最近分かったのです。

 

このままだと、インフルエンザの時期に間に合うはずもなく、予防接種を受けられない人が多数でると言うことで、新しいウィルスでワクチンを作る事を断念して、前年度の2016年度のウィルスでワクチンを製造することに切り替えたそうです。

 

しかし、すでに予定は1ヶ月も遅れており、残念ながら遅れを取り戻すこともできず、新ウィルスが増えないという事実も誰も予期できず、現在にいたっています。

 

大きな混乱を防ぐために、インフルエンザの予防接種の回数を制限することにより、需要と供給のバランスを保とうとしています。

 

データによると、インフルエンザの予防接種は1回でも2回でも効果については、さほどの差がある訳ではなく、13歳以下の年齢については、2回の方が効果が高いということも調べで判明しているとのことです。

 

これから12月には本格的なインフルエンザの季節がやってきますが、今年のインフルエンザのワクチン、いつごろ供給されるのでしょうか?

 

インフルエンザワクチンの供給はいつ?

 

インフルエンザ今年は流行るのがちょっと早めとの予想がニュースなどで報道されていますが、例年のように猛威をふるうのか?心配ですね。

 

そんな中、インフルエンザのワクチンは12月中旬には安定と予測です。もう直ぐですね!

 

病院で予防接種が受けられなかった方ももう少しですので、お待ちくださいね!

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links



話題, 知識

Posted by wikiwiki