年末年始!東名高速の渋滞の時間や区間は?海老名の迂回を調べた!


Sponsored Links




今朝も一段と冷え込みましたね。
風邪をひかないように注意してください。

 


ところで・・・、
もうすぐ待ちに待った年末休みまで2週間を切りました!!

 


年末休みといえばどなたも親戚同士で集まり
「お金が財布から出て行く」なんてことが多いのではないでしょうか?

 


また年末年始の休みを利用し、遠方の実家へ帰るため
高速道路での帰省ラッシュについて調べる人もいるかと思います。

 

 

年末年始、高速道路帰省ラッシュ

 

どうやら東名高速道路では、予測として、1月2日(火)~3日(水)に渋滞が多く発生するようです。


なのでこまめに最新の渋滞情報を活用することや、出発する時間帯をずらすなど渋滞を避けた利用を心がけた方がよさそうですねぇ~

 

 

 

渋滞が予測される時間帯や区間

 

 

 

・12月30日(土)8時頃。東名高速道路、下り線、伊勢原BS付近でピーク時がおよそ30km。

 


・1月1日(月)16時頃。東名高速道路、上り線、大和TN付近ピーク時30km。

 

 

・1月2日(火)15時頃、東名高速道路、上り線、大和TN付近ピーク時35kmとなっています。

 


・1月2日(火)17時頃、東北自動車道、加須IC付近およそ35Km。

 


・1月2日(火)17時頃、関越自動車道、高坂SA付近およそ35km。

 

・1月3日(水)13時頃、東名高速道路、大和TN付近およそ30km。

 

BS:バスストップ、IC:インターチェンジ、TN:トンネル、SA:サービスエリア


どの区間でも渋滞が予測されているようですね。

 


また、こちらでは渋滞が30km以上の区間を紹介しましたが、10km以上の渋滞予測は12月28日~1月4日までの8日間で上り線下り線の合計が163回となっています。

 


下り線では29日、30日に十数回程度、1月2日、3日にも十数回程度と渋滞が予測されています。

 


上り線では1月2日に40回以上とピークを向かえ、3日にも30回以上、4日は10回という帰省ラッシュが起きます。

 


下り線も上り線も特に1月2日がもっとも多く渋滞が予測されるというデータがあります。

 


東名高速道路を利用すると、大和トンネルからの大渋滞がつき物ですよね・・・

特に、大井松田IC辺りから横浜町田ICまで30kmの渋滞、ひどいときは御殿場JCTまで50km近く渋滞するなんてことも・・・

 

 


Sponsored Links



 

 

海老名への迂回路

 

 

国道246号を選択しない

引用:http://lynpa.web.fc2.com/toumei.html

 


東名高速道路のように渋滞がひどいようです。


こちらを選択してしまうと東名高速道路より時間がかかってしまうなんてことも・・・

 

 

  西湘バイパスを選択しない

引用:http://lynpa.web.fc2.com/toumei.html

 


国道1号と同様、大磯から平塚まで通り過るのに1時間以上かかってしまい、動かなくなることもしばしば・・・

 


年末年始の東名高速道路の渋滞は、大和トンネルが大渋滞するとのことでした。なので国道246号と西湘バイパスではない一般道を通るとわりとスムーズに運転できるようです。

 


年末年始は交通量が多いので、安全運転を心がけてくださいねぇ~!!

 

渋滞中の注意

 

年末年始の交通の混雑中には事故が多発する可能性が大きいです。

 

 

(1)上り坂での速度低下に注意

  • 上り坂など速度低下を注意喚起している場所では、速度回復に注意しましょう!

(2)車間距離をつめ過ぎない

  • 走行中は余計なブレーキを踏まないように十分な車間距離を確保しましょう!

(3)車線変更は控えましょう

  • 渋滞中における必要以上の車線変更は、更なる渋滞の悪化を招きますので、ご注意を!


引用: http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/h29/1128a/

 

高速道路上では渋滞中に、突然の追突に襲われたり、不意の運転操作の乱れなどに注意しながら走行する必要がありそうですね!

 

 

 

高速道路の利用時には「全席シートベルトを必ず着用すること」や「疲労を感じる前の早めの休息とこまめな休憩」などを心掛けて安全なご旅行をお楽しみください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!