エディージョーンズ監督の嫁(妻)は日本人で馴れ初めは?ハーフの噂や母が日系人はほんと?


Sponsored Links



 

 

 

前回ワールドカップで日本代表は、南アフリカを相手に奇跡の勝利をおさめました。その時に勝利に導いた日本チームの監督は、エディジョーンズ監督でした。

 

 

 

まだ、覚えていらっしゃる方も多いですよね?

 

 

そして、前回のW杯の前はエディ・ジョーンズ監督の歴史的1ページとして、エディジョーンズ監督、南アフリカ代表をW杯で優勝に導いた事から敏腕監督として名声を集めるようになりました。

 

 

 

今回のW杯ラグビーでは日本の強敵、イングランドの監督として、エディジョーンズ監督が就任しています。宿命対決となるでしょうか?ベスト8入を果たした日本代表も懐かしのエディジョーンズ監督が相手となるとどうなるでしょうか?ちょっとワクワク感もありますね。

 

 

そんないわくつきのエディジョーンズ監督について、見ていきたいと思います。

 

 

顔立ちは日本系、でも、国籍はオーストラリアのエディジョーンズ監督。嫁(妻)は美人の日本人という噂があります。

 

 

どのようにして、エディジョーンズ監督と奥様は知り合って結婚したのでしょうか?気になりますね?

 

 

 

 



Sponsored Links



エディジョーンズ監督(元日本代表監督)のプロフィール

 

 Image result for Eddie Jones

 



名前: エディ・ジョーンズ(Eddie Jones)

 

生年月日: 1960130日(59歳)

 

出生地: タスマニア、オーストラリア

 

身長: 173センチ

 

体重: 82キロ

 

学歴: マトラヴィル高校
    シドニー大学、体育学(教育学士)


 

 

https://twitter.com/sportingnewsjp/status/954126254302744577

 

 



Sponsored Links



 

エディジョーンズ監督の経歴

 

 

 

エディジョーンズ元日本代表監督の略歴を紹介します。

 

 

1960年、エディジョーンズさんはオースラリアタスマニアに生まれます。

 

 

シドニー大学卒業後は教員の道に進み、専攻していた体育の先生として活躍していたそうです。

 

 

監督行へ転身前の1994年まではオーストラリアの高校の校長先生をしていたとか。

 

 

1995年、エディジョーンズさんは日本の東海大学ラグビー部コーチに就任しますが、その時は日本代表のFWコーチと兼任していました。

 

 

2001年には、エディジョーンズさんはオーストラリア代表コーチとなり、2003年にはオーストラリア代表をワールドカップ準優勝にまで導きました。

 

2007年には、なんと、南アフリカ代表のチームアドバイザーに就任しています。そして、その年の2007年ワールドカップでは、南アフリカ代表のチームに優勝させたコーチとして一躍有名人になりました。

 

 

その手腕を買われて、2011年には、エディジョーンズさんは日本代表監督に就任します。

 

 

しかしながら、20158月までの契約終了となり、エディジョーンズさんは日本代表監督から一旦、離れます。

 

 

2015年の9月からスーパーラグビーに参戦している南アフリカのチーム、ストーマーズのヘッドコーチとなります。

 

 

しかし、2015年11月からイングランド代表ヘッドコーチに就任。イングランド代表では初の外国人コーチとなり、現在、W杯、イングランド代表コーチとして参戦しています。

 

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/エディー・ジョーンズ_(ラグビー指導者)

 

 

 

 



Sponsored Links



 

 

エディージョーンズ監督の妻(嫁)は美人の日本人で馴れ初めは?

 

 

ここで、少し、エディジョーンズ監督の生い立や家族に迫ってみたいと思います。

 

 

特にきになるのは、エディジョーンズ監督、時に日本人のようにも見えるのですが・・・・奥様も日本人だとか?

 

 

本当なのでしょうか?

 

 

 

エディジョーンズ監督は、オーストラリア時代には高校の先生をしていたのですが、その高校はシドニーにあり、名前はインターナショナル・グラマースクール(International Grammar School)という学校だったそうです。

 

 

この頃に日系人である、今現在の妻(嫁)のひろ子さんと出会ったそうです。

 

 

 

奥様(妻であり嫁)のひろ子さんは、当時日本語の先生だったとか。

 

 

 

エディージョーンズ監督がハーフの噂や母が日系人はほんと?

 

 

 

 

奥様(妻であり嫁)のひろ子さんとエディー・ジョーンズ監督はお互いに教員同士、そして同じ日本人の血を当初より、ひと目で感じるものがあったのではないでしょうか?

 

 

 

海外、異国の地で育った日本人のひろ子さんとエディー・ジョーンズ監督。

 

 

 

血筋として、カルチャー的な感覚や日本人として生まれ持った心など・・・・二人にとって引き合うものは数多くあったと・・・・・・。そう想像するのですが・・・・・。

 

 

こちらの写真の2019念9月26日にイングランド代表チームの様子を観戦するエディ・ジョーンズ監督と奥様(妻であり嫁)のひろ子さんです。

 

Image result for Eddie Jones wife

引用:https://www.express.co.uk/sport/rugby-union/

 

Image result for Eddie Jones wife

引用:https://www.rugbyworld.com/

 

 

 

きっと二人の故郷でもある日本でのワールドカップ、お互いに日本でのラグビーW杯を楽しみにしていたことでしょう!

 

 

 

 

それもそのはず、実は、エディ・ジョーンズ監督の母親は日系アメリカ人で、広島出身の方だそうです。名前をネリー・ジョーンズさんといいます。ということは、エディ・ジョーンズ監督はハーフになるんですね。

 

 

Image result for Eddie Jones wife

引用:https://www.skysports.com/watch/

 

 

 

きっと、エディ・ジョーンズ監督の母親が日本人であるがゆえ、子供の頃から日本に対する望郷の念と言うものは強く持っていたものとかんじます。

 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

エディジョーンズ監督の指導の特徴

 

 

 

エディジョーンズ監督の考えは日本の監督の考え方と一線を画しています。彼は、日本の監督とヘッドコーチの関係をするどく指摘しています。

 

 

普段の練習で全く口を出さない監督がゲームになったとたんヘッドコーチのゲームプランに口を挟みだすことがスポーツ界ではあります。実はこれは日本だけです。

 

 

世界の国のヘッドコーチと言われるのは、コーチのトレーニング方法に口を出しません。ヘッドコーチがコーチに注文するのはチームの方針の説明だけです。それを聞いたコーチが後は選手を鍛えるのが責任です。

 

 

つまり、戦術をになうのがヘッドコーチとそれを実行できるようにトレーニングするのが各コーチの責任です。エディジョーンズ監督は、日本で長くコーチ、監督を経験してきましたが、コーチングの役割分担には前から不満を持っていました。

 

 

日本代表の監督をすぐに辞め、イングランド監督になったことに当時批判が出ていました。厳しい言い方ですが、日本式の在り方では世界に出た時にコーチの能力がすでに劣っていることは明らかではないでしょうか?

 

 

 

大阪なおみさんや、ラグビー、サッカーを世界レベルで活躍できるところまでもってこれたのは、外国人コーチが重要な役割をしています。

 

 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

エディージョーンズ監督ので話題の映画を調査!

 

 

 

 

前回ワールドカップに南アフリカに勝利したことは日本にとって奇跡に近いことです。

 

 

そんなチームを作り上げたエディ・ジョーンズ監督のストーリーが、映画化されます。

 

 

 

映画の名前は『THE BRIGHTON MIRACLEブライトンミラクル不屈の精神と勇気を描いた映画だそうです。

 

 

 

 

この映画化についての背景は、エディジョーンズ監督の家庭環境によるところもあるようです。

 

 

 

先にもお伝えしましたが、エディジョーンズ監督のお母さんは広島出身、妻は群馬県出身の日本語の教師。

 

 

 

広島出身の母親をもち、エディジョーンズ監督は小柄の為か、母国では一回も代表になれず、妻は日本人。

 

 

 

コーチになったものの、成績が振るわず解任、しかし、日本代表監督に就任し、南アフリカを破る殊勲の監督。

 

 

 

これだけ揃えば映画化されるのは当たり前のような気もします。

 

 

 

世界を驚かせたこの大逆転劇に、「ハリー・ポッター」シリーズの著者「JK・ローリング」は、「この物語は書こうと思っても書けない」とコメントしたほど。

 

 

 

主な配役は次の通りです。

 

エディー・ジョーンズ役はテムエラ・モリソン

 

リーチ・マイケル役はウリ・ラトケフ

 

エディー・ジョーンズの父親役はサム・ニール

「サム・ニール」の画像検索結果

 

エディー・ジョーンズの母親役は工藤夕貴

 

エディー・ジョーンズの妻ヒロコ役は筒井真理子

 

リーチの妻、知美役:すみれ

 

 

 

映画『ブライトン ミラクル』が示した二つの奇蹟(後)

引用:https://rugby-rp.com/2019/09/12/etc/40292


脚本/監督:マックス・マニックス
製作責任者:アダム・バリーン、マイケル・ホーキンズ
プロデューサー:ニック・ウッド

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!