ドラえもんミュージアムのシャトルバスの運行時刻や当日の空き状況は?お土産も調べた!


Sponsored Links



「ドラえもん」「オバケのQ太郎」「パーマン」などの名作を生み出した、漫画家の藤子・F不二雄(本名・藤本弘)先生(以下、F先生)。F先生が、生前暮らしていた神奈川県川崎市にあるのがドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)です。

 

「ドラえもん」をはじめとする、F先生が書かれた作品の原稿や、F先生の思い出の品などが展示されています。

 

子どもから大人まで楽しめるミュージアムになっています。今回は、ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)についてまとめました。

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)はどこにあるの?

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)の所在地は、「神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8-1」となっていますが、この場所はかつて「向ヶ丘遊園」があった場所で、ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)は向ヶ丘遊園の跡地に建てられました。

 

なぜ、ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)が神奈川県の川崎市にあるのかというと、F先生は富山県高岡市の出身ですが、あの有名なトキワ荘を出た後は神奈川県川崎市に住んでいました。

 

そのような縁から、F先生の奥様が「漫画の原稿を市民の皆さんへ展示公開したい」と、川崎市に申し入れを行ったのがきっかけで、ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)が誕生しました。

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)の開館時間

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)の開館時間は10:00から18:00となっていて、毎週火曜日と年末年始が休館日になります。なお、臨時休館などもあるので、事前にホームページで確認してから行きましょう。

 

ただ、入館できる時間が決まっていますので、予約した時間に遅れないようにしましょうね♪

 

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)へのアクセス

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)のアクセス方法ですが、ミュージアムには駐車場がないので、自家用車で行くことは出来ません。公共交通機関か、徒歩でのアクセスになります。

 

まず、ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)へ行く場合は、電車で最寄り駅まで行きましょう。

 

最寄り駅は3つあります。

 

・JR南武線および小田急電鉄「登戸駅」

・JR南武線「宿河原駅」

・小田急電鉄「向ヶ丘遊園駅」

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)へは徒歩でいくなら、宿河原駅から徒歩15分、向ヶ丘遊園駅からは徒歩16分となっています。

 

ミュージアムへのシャトルバスの運行状況

 

直行バスのナンバーはすべて、ドラえもんの誕生日「2112年9月3日」なので、西暦の「2112」です。

 

登戸駅からはシャトルバスは10分間隔で出ています。

宿河原駅からはシャトルバスは60分間隔で出ています。

 

 

初めていかれる方は、シャトルバスで行くと確実ですが、徒歩で向かう際も、藤本先生のキャラクターを使用した案内がありますので、ファンの方は徒歩で行かれることをお勧めします。

 

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)当日の空き状況は?

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)では、現地でチケットは販売していません。事前に、ローソンの「Loppi」で予約してチケットを購入する必要があります。

 

チケットは、毎月30日に翌々月分の販売を開始します。

 

チケットは入場時間を指定する形で予約し購入します。指定できる時間は、「10時」「12時」「14時」「16時」の4つで、指定時間から30以内に入場しなければいけません。なお、入れ替え制ではないので、一度入場したら閉館まで滞在しても大丈夫です。

 

チケットは空きがあれば、当日でも購入が可能です。

 

チケットの確認はこちらOチケでも確認できます。

http://l-tike.com/fujiko-m/

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)のチケット料金は?

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)のチケット料金は以下の通りになります。

●大人・大学生1,000円
●高校・中学生700円
●子ども(4歳以上)500円
   3歳以下は無料になります。

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)の見所① ミュージアムカフェ

 

見所満載のドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)のですが、最初にご紹介する見所は3Fにある「ミュージアムカフェ」です。

 

このカフェではドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)オリジナルの多彩なメニューが楽しめます。全て、「ドラえもん」などのF先生の作品に関するものです。

 

まずは、「アンキパン」です。「アンキパン」はドラえもんの秘密道具の一つで、食べるとパンに写した内容を暗記できるというもので、それを模したメニューがあります。食パンに算数の式が書かれています。

 

次に、オリジナルのラテアートドリンクです。F先生が生み出したキャラクターのラテアートが楽しめます。注意点は、キャラクターを選べないので、テーブルに来るまでのお楽しみになります。

 

他には「ミルクセーキ」がお勧めです。なぜ、ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)で「ミルクセーキ」がお勧めかというと、F先生が喫茶店で必ず注文していたのが「ミルクセーキ」だったのです。F先生が通っていた喫茶店(スタジオ・ゼロの入ったビルの1階にありました)は現存しません。

 

ミュージアムでは、藤本先生が注文していた「ミルクセーキ」を再現しています。

 

「ミュージアムカフェ」は企画展の内容や季節によって、メニューの入れ替わりが多いので、何回行っても楽しめます。

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)の見所② Fシアター

 

次にご紹介したいのが「Fシアター」です。「Fシアター」では、藤子・F・不二雄ミュージアムでしか見ることのできない、オリジナル作品を見ることが出来ます。

 

内容は、「ドラえもん」と他のF作品のコラボしたもので、1年後ごとに内容が変わります。「パーマン」「チンプイ」「21エモン」「キテレツ大百科」「ウメ星デンカ」「ポコニャン」などの過去にアニメ化された作品とのコラボ作品が上映されましたが、知る人ぞ知る名作「すすめロボケット」とのコラボ作品もありました。

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)の見所③ はらっぱ

 

3つ目は屋上の「はらっぱ」です。ここには、「ドラえもん」に空き地の土管や、「ドラえもん」などのキャラクターのフィギュアがあります。館内は撮影禁止ですが、「はらっぱ」は撮影が可能なので、ここでの記念撮影がお勧めです。

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)の見所④ 先生の部屋

 

最後は、F先生が生前使われていた机が展示されている「先生の部屋」です。ここでは、F先生の仕事場を再現しています。ここで「ドラえもん」や「パーマン」が生まれたのかと思うと感慨深くなります。

 

また、机の上に目をやると本の壁があります。この本は全てF先生の蔵書で、漫画を描く上での資料となっています。

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)お土産の口コミ

 

 

 

 

 

 

お土産以外にも!




 

 

ドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)口コミ?

 

ドラえもん映画みたら、やはりドラえもんミュージアムですね!

 

朝が穴場?みたいですよ!カフェのメニューも美味しそう!

 

こんなに可愛い!って本当に食べるのもったいない!

 

おおお^^思わず歓声が!

 

インスタ映えしそう!!  漫画読み放題はお得です!

 

コレクションしといたら、良い記念になるね!

 

何度も行ってみたい気持ちわかりますね!

まとめ

 

「ドラえもん」は日本人なら誰でも知っている国民的キャラクターです。作者である藤子・F・不二雄先生は、「ドラえもん」だけでなく、数多くの作品を生み出しました。

 

このドラえもんミュージアム(藤子・F・不二雄ミュージアム)では、「ドラえもん」だけではなく、F作品について知ることが出来ます。ぜひ、一度は訪れてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


Sponsored Links