デヴィ夫人のニューヨークの自宅や石油事業が凄い!総資産や日本名・家系図を調査!


Sponsored Links



デヴィ夫人のニューヨークの自宅や石油事業が凄い!総資産や日本名・家系図を調査!!をご紹介します。

 

是非、ご覧ください!

 

 


デヴィ夫人のプロフィール

 

引用:https://jambi.tribunnews.com/

 



本名    ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ

 

Ratna Sari Dewi Sukarno(インドネシア名)

 

根本 七保子(旧名・日本名)

 

別名:  デヴィ夫人

 

生年月日:  194026日(80歳)

 

出生地:  日本 東京府東京市麻布区霞町(現:東京都港区西麻布)

 

国籍 :     インドネシア

 

身長:      159 cm

 

血液型:   A

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/デヴィ・スカルノ

 

 



Sponsored Links



 

 

デヴィ夫人の日本名は?

 

 

デヴィ夫人の日本名は「根本七保子」(ねもと なおこ)さんと名前を2017年に自ら発表しています。海外の報道などでも、日本名を公表をしています。

 

引用:https://lifestyle.okezone.com/

 

名前の命名の経緯や由来は、デヴィ夫人の叔父さんが命名、デヴィ夫人が育ったのは西麻布だったとのことで、都会っ子だったんですね。

 

また、名前「七保子」の由来ですが、「七」はラッキー7を保つ子として「七保子」とつけられたようです。まさにその通り、大統領夫人になるほどの幸運を授かった人だったんですね。

 

しかしながら、ラッキー7でも、日本から海外の文化や宗教の違う国へ嫁入り、事業を起こす・・・・大変、激動の人生に違いはなかったと思いますね。

 

「Dewi Sukarno」の画像検索結果

引用:https://lifestyle.okezone.com/

 

若かりし頃のデヴィ夫人、日本人とは思えない、ハーフと言ってもおかしくないほど、綺麗な女性だったんですねぇ~。

 



Sponsored Links



 

デヴィ夫人の経歴

 

 


デヴィ夫人は中学を卒業した後、東京都立三田高等学校定時制部に進学進学しました。

 

 

その後、デヴィ夫人は150倍の難関と言われていた千代田生命保険(現・ジブラルタ生命保険)に見事に就職。

 

しかしながら、デヴィ夫人は、実はもともとは貧しい家庭に生まれたために、喫茶店などでのアルバイトなどをして家計を支えていました。

 

そして、その当時の10倍ものお給料が得られると言うことで、赤坂のナイトクラブでデヴィ夫人は働きはじめます。

 

デヴィ夫人がインドネシアの初代大統領、スカルノ大統領に見初められたのは、日本との外交で良く来日していたのが二人を出会いに導いたといわれています。

 

スカルノ大統領は東西冷戦状態にあったインドネシアを統治していた時代に、資金援助の取り付けを重視していたため、日本との外交で距離を縮めようとしていたんですね。

 

引用:https://lifestyle.okezone.com/

 

帝国ホテルに滞在していたスカルノ大統領、そして赤坂のコパカバーナと言う夜のナイトクラブで家計を支える為に働いていたデヴィ夫人、接待と言う形でデヴィ夫人がスカルノ大統領に紹介されて、二人は出会います。

 

 

当時、デヴィ夫人は19才の若さでした。日本にもシンデレラストーリーはあったんですね。

 



Sponsored Links



 

インドネシアに渡ってからのデヴィ夫人は、数年はスカルノ大統領の愛人の一人でしたが、デヴィ夫人は1962年(昭和37年)にスカルノ大統領の4人の夫人のうちの第3夫人として婚姻をしました。

 

「Dewi Sukarno」の画像検索結果

引用:https://sumally.com/

 

 

一夫多妻制のインドネシアの婚姻制度を19才の若さで理解するのも大変なものだったと思います。

 

 

 

引用:https://masshar2000.com/2019/06/26/

 

その後、結婚してから、女の子を一人授かります。娘さんの名前はカリナさんと言い。すでに結婚しています。

 

「Sari Dewi Sukarno Kartika Carina in paris」の画像検索結果

引用:https://banjarmasin.tribunnews.com/

 

そして、その娘さんにお子さんができて、今はデヴィ夫人もイケメンのお孫さんがいます。

 

日本のテレビにもイケメン、貴公子などと言われて登場していますね。

 

こちらが、デヴィ夫人と娘さん家族、お孫さんがデヴィ夫人の隣にいます。「キラン」君という名前だそうです。

 

「Sari Dewi Sukarno Kartika Carina in paris」の画像検索結果

引用:https://pojoksatu.id/news/

 



Sponsored Links



 

デヴィ夫人のニューヨークの自宅が豪華絢爛!

 

 

 

デヴィ夫人の自宅は、ニューヨーク市指定歴史保護区内建造物となっていて、築100年以上の豪華な物件ということで良くTV番組でも紹介されています。

 

引用:http://geinouhouse.com/

 

 

宝石でしたら、100年以上はヴィンテージ(アンティーク)扱いです。

 

 

ニューヨークの不動産は近代的な都市の裏腹に、建築年数がある物件が多く、それも高額地価なのです。

 

歴史が変わらない価値があり。有名人、著名人に人気の不動産には違いないですね!

 

 

「デヴィ夫人のニューヨークの自宅」の画像検索結果

引用:http://geinouhouse.com/

 

引用:http://geinouhouse.com/

 

 

デヴィ夫人宅を動画でもデヴィチャンネルで紹介しています。写真よりもインテリアの豪華さ、そして、見事な室内の設えは味わえますよ!

 

 

とにかく、煌びやかで金額が桁違いです。

 

実際のお宅を拝見すれば、凄い別世界にいる感じを体感することができるのではないでしょうか?

 

行ってみたいですね!ルームツアー是非したいですね!よろしくお願いいたします。。。

 

因みに、日本の豪邸も凄いようですよ!かわいい家族のワンちゃんたちとクラスデヴィ夫人のお宅もニューヨークに引けをとらない豪華さです。

 

 

 



Sponsored Links



 

 

デヴィ夫人の石油事業が凄い!

 

 

デヴィ夫人はインドネシアで石油関連事業でも有名人ではあります。

 

スカルノ大統領がクーデターで死去した後、デヴィ夫人は一旦、生まれ故郷である日本へ亡命します。

 

その後、国家が安定すると第3夫人だったデヴィ夫人はスカルノ大統領の遺産を相続し、その遺産を石油関連事業に投資する決意をします。当時1980年(昭和55年)、デヴィ夫人もインドネシアに再び戻り、アメリカおよびヨーロッパのエンジニアリング会社との事業開発に乗り出します。

 

海外生活40年の間、運営事業の内容は不動産や石油関連事業で、見事にビジネスの成功を納め、資産も増やしたと言われています。

 

デヴィ夫人が、現在、代表取締役となっている日本の会社は『株式会社デヴィーナ・ソサエティ』と言う名前です。日本では健康食品やはちみつの販売の会社となっているようです。

 

 



Sponsored Links



 

デヴィ夫人の総資産は?

 

 

今まで見てきた、デヴィ夫人のビジネスや自宅・・・・・そして、総資産がとても気になりますね!

 

デヴィ夫人は資産をどれくらい持っているのでしょうか?

 

いろいろ噂もありますが、推定で30億~50億円ということになっています。

 

 

スカルノ大統領から引き継いだ遺産、そしてそれを元に立ち上げたビジネス・・・もしかしたら、海外に秘密の口座があるかもしれませんが・・・・(これは憶測です)

 

しかし、デヴィ夫人のことですから、すでに高齢となり、全ては持ってゆくことができない事は悟っていると思います。

 

 

ワンちゃんを16匹飼っていることや、国に尽くしてきたスカルノ大統領の遺志なども受け継ぎ・・・NPOなど、慈善事業にも投資している気はしますね。

 

 

そして、今はビジネスよりも自分の人生を家族と楽しむ人生最大の時なのかもしれません。

 

 

今までの多大な資産があるので、デヴィ夫人は格安のギャラで、タレント活動、講演活動を受けていると聞いています。

 

 

資産は運用し、自分の人生を謳歌する。精力的に日々活動しており、様々な側面を持つ、超大富豪なのです。

 

 



Sponsored Links



 

デヴィ夫人の家系図を調査!!

 

 

ここまでくると、デヴィ夫人の家柄、日本の家系図が気になりますね。

 

デヴィ夫人は笠原まきさんと根本平八さんの7人目の子供として生まれます。実は8人目に弟さんがいますが、デヴィ夫人のお母さんが亡くなった後に亡くなっています。

 

引用:https://i2.wp.com/urara.club//

 

デヴィ夫人のお父さんははデヴィ夫人が15才の頃に亡くなっており、お父さんの生まれは茨城県だったと、とぼんやり記憶していた程度だったようです。

 

根本と言う苗字は、茨城県の平磯に150件ほどあるそうで、元々、デヴィ夫人の祖父は漁師の船主だったと某テレビ局で伝えられていました。

 

 

まとめ

 

 

まさに、激動の時代を乗り越え、大統領夫人となったデヴィ夫人の軌跡は凄いの一言です。

 

そして、タレント活動や、事業家として、全てにおいて挑戦し今の時代にも順応する、東洋の美女、デヴィ夫人の今後も目が離せません!

error: Content is protected !!