ダニエル・スバシッチの嫁が可愛い過ぎると話題!ゴールパフォーマンスやプレースタイルを調査!

Sponsored Links



こんにちは! もうすぐ準決勝ですね。楽しみです! 今回は快進撃を続けるクロアチア代表を最後尾から支えるGK、ダニエル・スバシッチを紹介します!

 

 

GKの記事は初めてですが、このポジションの選手の魅力をうまく伝えられればと思います!

 

 

その他のサッカー関連の記事はこちら





 

ダニエル・スバシッチのプロフィール(W杯:クロアチア代表GW) 

 

 

 

 

 

名前:ダニエル・スバシッチ

 

生年月日:19841027日(33歳)

 

身長・体重:191cm 84kg

 

所属クラブ:ザダル→ハイデュク・スプリト→ASモナコ

 

国際Aマッチ:29試合0得点(20183月現在)

 

 

 

スバシッチの経歴を見ると、地道にキャリアアップしてきた選手だという印象です。

 

 

故国クロアチアで長くプレーし、フランスリーグではASモナコのみでプレー。

 

 

今年で34歳になる選手ですが、国際Aマッチ出場は29試合とあまり多くはありません。30歳を過ぎてから安定感を増し、活躍の場を広げたGKと言えます。

 

 

ASモナコでは、2016-2017シーズンにリーグ・アン(フランス1部リーグ)のベストイレブンに輝きました。

 

 

ユーロ2016ではスペイン戦でPKをストップし勝利に貢献。

 

 

「遅咲きのGK」であると言っていいと思います。

 

 

ダニエル・スバシッチの嫁が可愛い過ぎると話題!(W杯:クロアチア代表GW)

 

 

ダニエル・スバシッチはすでに結婚していますが、名前をアントニー・ゼルズさんと言います。

 

 

ダニエル・スバシッチの奥さん、嫁がとても可愛いと言う噂なのですが、ダニエル・スバシッチもあまりプライベートを公にしないタイプのようで、家族の写真などは、SNSで公表しているのはほんのわずかです。

 

 

それでもダニエル・スバシッチの奥さんの可愛らしさは際立っていますね!

 

 

ダニエル・スバシッチとアントニー・ゼルズが恋人同士だった頃、二人はダニエル・スバシッチがZadarでプレイしていた頃から恋人同士になりました。

 

 

 

実は、ダニエル・スバシッチの恋人、アントニー・ゼルズの父親はドメスティック・バイオレンスに関わっていて、彼女の父親は娘のアントニー・ゼルズがダニエル・スバシッチとデートしているのが嫌いでした。

 

 


そして、もし、ダニエル・スバシッチが自分の娘であるアントニー・ゼルズと結婚したならば、ダニエル・スバシッチを殺すと脅し続けていたようです。

 

 

そんな障害を乗り越えて、二人はアパートメントを借りて一緒に住むようになりました。その後、2007年の7月17日に結婚しました。

 

引用:https://www.24sata.hr/show/ivan-perisic-je-zagrlio-sina-a-darijo-srna-se-ljubio-s-mirelom-479965

 

My wife ❤️my rock 💪my queen 👑 #ljubavsezoveimenomtvojim #a&s❤️🙏🏻

Danijel Subasicさん(@danijel.subasic)がシェアした投稿 –

 

 

すでに二人は15年もの月日を一緒に共に歩んでいて、二人の子供の親でもあります。

 

 

とてもセクシーで可愛らしい雰囲気の奥さんですね!

 

 

残念ながらダニエル・スバシッチとアントニー・ゼルズ、二人のお子さんの写真などは公表されていませんでした!

 

 

ダニエル・スバシッチのプレイスタイルW杯:クロアチア代表GW)

 


Sponsored Links

 

 

スバシッチのプレーの注目ポイントはベテランらしい「安定感」です。

 

 

スバシッチはどんな状況においても決して慌てず対応します。例えば、相手FWが抜け出してGKと一対一の状況になった場面を想定してみましょう。

 

 

相手FWに対して飛び込んでしまえば、ドリブルでかわされ無人のゴールに決められてしまいます。

 

 

また、かわされるのを恐れて距離をとればシュートコースが広く空いてしまいます。

 

 

この相手FWとの距離感がとても大切なのですが、スバシッチはベテランらしい経験によりしっかりとしたポジションをとることができます。またこの場面でやってはいけないことの一つは、相手がシュートを打つ前に動いてしまう事です。

 

引用:Danijel Subašić 2017/18 Amazing Saves – AS Monaco

 

そうすれば、相手FWGKの動きと逆にシュートを放つことができ、ループシュートを狙うこともできます、スバシッチは、相手がシュートを放つギリギリの瞬間まで、両足をそろえて、決して先に動いてしまうことがありません。

 

 

まさに「安定感」のなせる業です。このような落ち着いたプレーに加え、シュートへの反応速度や、ハイボールへの対応などGKとしての基本能力も非常に高く、今大会屈指のGKであると言えます。

 

 引用:Danijel Subašić 2016/17 Amazing saves – AS monaco

 

ダニエル・スバシッチのロシアでの注目ポイントW杯:クロアチア代表GW)

 

 

 

今大会、スバシッチはPKストッパーとして名をはせています。

 

 

準々決勝のロシアとのPKでは、逆をつかれながらも左手を伸ばし見事にPKを止めました。

 

 

準決勝以降の注目ポイントとしては、まずは負傷の状況が気がかりです。試合に出られた場合には、イングランドのセットプレーに対するプレーを見たいです。

 

 

イングランドは、準々決勝のスウェーデン戦でセットプレーからマグワイアが豪快にヘッドで決めており、セットプレーが大きな得点源になっています。

 

 

スバシッチがハイボールの処理能力を生かしイングランドのセットプレーを抑えることができれば、相手の攻撃力は半減します。カウンター攻撃の起点としても、スバシッチの活躍が期待されます。

 

 

相手のCKのボールをキャッチし、素早く味方につなぐことで、スピーディな攻撃が可能になります。

 

 

そのためには、キャッチするやいなや味方の状況を把握し、もっとも適切なタイミングで正確にフィードするキャッチ能力やスローイング能力が必須になります。スバシッチは豊富な経験とこれらの能力によりカウンター攻撃を生み出すことができるでしょう。

 

 

準決勝のクロアチアVSイングランドはGKに注目すると面白そうですね!

 

 

サッカーW杯見逃し配信!

今回、ライブを見逃してしまった方!
U-NEXTがお勧めです。

決勝トーナメントへの戦い!まだまだ期待が!
スマートフォンやタブレットで
外出先からも
見れるU-NEXT!
一人契約で家族4人が見放題!

ロシアワールドカップの感動をもう一度!!
    ↓  ↓  ↓

 

31日間の無料お試しはこちら

 

2018FIFAワールドカップも
NHKオンディマンドもスポーツも!

・人気の海外映画がいつでも見放題!
・放送中の韓国、日本ドラマの見逃し配信
・毎月のポイントプレゼントや雑誌・コミックも読み放題!
iphoneなどのスマホでどこでも楽しむことができます

今なら無料で見ることができます!
     ↓  ↓  ↓

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

その他のサッカー関連の記事はこちら








Sponsored Links



こちらの記事も読まれています