大嘗祭と新嘗祭(動画あり)はいつで読み方や意味は?場所と内容や費用を調べた!


Sponsored Links



今年はとうとう平成31年。平成も終わっちゃいますね~!

 

 

 

 

今年のGWは新しい天皇陛下の即位やなんかが合わさって大型連休になるんですって!

 

 

 

 

なかなかないチャンスなので、何か楽しいイベントを計画したいですね。

 

 

 

 

引用:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%AE%B6%E6%97%8F%E6%97%85%E8%A1%8C&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

 

 

 

さて、天皇陛下が新しくなると、「色々儀式とかやるんじゃないの?」って思いますよね。

 

 

 

 

そうなんです。そもそも天皇陛下ってご祈祷とか『儀式』をする人なんですよ。

 

 

 

 

引用:https://www.msn.com/ja-jp/news/national/天皇陛下、平成最後の新嘗祭-皇居・神嘉殿で/ar-BBQ0Ww6#page=2

 

 

 

今年天皇陛下が変わるにあたり、『大嘗祭』という儀式の名前をちらほら聞くようになりました。合わせて似たような『新嘗祭』という言葉もあります。

 

 

 

 

この『大嘗祭』(だいじょうさい)とか『新嘗祭』(にいなめさい)ってなに?いつするの?そんな疑問にスポットをあててみました。

 

 

 



Sponsored Links



 

『大嘗祭(だいじょうさい)』『新嘗祭(しんじょうさい)』って何?

 

 

 

 

ちょっと漢字が難しいですが、大嘗祭は[だいじょうさい]って読むんだそうです。

 

 

 

 

昔は[おおにえのまつり]とか[おおなめまつり]と読むのだったみたいですが、今は[だいじょうさい]でいいみたいですよ。

 

 

 

 

新嘗祭も同じく[しんじょうさい]と読むのですが、こちらは[にいなめさい]という言い方のほうがよく使われています。

 

 

 

 

これらは両方とも『五穀豊穣』を感謝する儀式になりますが、即位して初めての新嘗祭は大嘗祭という特別な儀式になるんですって。

 

 

 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

大嘗祭や新嘗祭っていつやるの?

 

 

 

 

天皇陛下が行う主要な祭祀の中には新嘗祭が入っていて、日にちも[1123日]って決まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ?1123日って勤労感謝の日じゃない?」って思ったアナタ!

 

 

 

 

そうなんです、実は勤労感謝の日って新嘗祭の日なんですよ。

 

 

 

 

もともとは新嘗祭として式典をおこなっていた日ですが、GHQが天皇祭祀である『新嘗祭』という表現を嫌がったことから『勤労感謝の日』という名前になったんですって。

 

 



Sponsored Links



 

 

大嘗祭は、新嘗祭のなかでも即位して初めての年にしかやらない特別なもの。天皇の祭祀のなかでも特に需要なものとされているそうです。

 

 

 

 

ですので、大嘗祭に関しては特別に日程を設けて行われるそうで、古代では[11月の2回目の卯の日]ってなっていたのを受けて、

 

 

 

 

20191114日】から行われることで話が進んでいます。

 

 

 



Sponsored Links



 

大嘗祭ってどのくらいお金かかるの?

 

 

 

 

天皇陛下が一生に一度しか行わない特別な儀式『大嘗祭』。

 

 

 

 

どうやら仮設ではありますが、祭壇を建設して大々的に行われるようですよ。

 

 

 

 

こちらは今上天皇が平成2年に行った大嘗祭の様子。初めて映像で残されて一般公開されたんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成の大嘗祭でかかったお金がおよそ22億円。次はそれより5億円も多い27億円の予算が組まれています。

 

 

 



Sponsored Links



 

秋篠宮殿下がお誕生日に語られたことはどういう事?

 

 

 

 

昨年の11月、秋篠宮殿下がお誕生日に際した記者会見で、

 

 

 

 

「大嘗祭は宗教色が強いものだが、それを国費でまかなうのはどうか」というお話をされました。これはどういうことなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 



Sponsored Links



 

 

大嘗祭は、[天皇の行事として]とても重要ですが、[国の行事]としては関連性がないんだそうです。そうですよね、もともとは豊作を神様に感謝する儀式ですからね。

 

 

 

 

天皇陛下のご公務には、政治と関連性があるもの、もともと皇室の儀式として行われていたもの、色々と種類があるんですね。

 

 

 

 

大嘗祭は、起源は7世紀にもさかのぼる伝統の行事。現代の政治に関連する宮中祭祀とは関連がないといえばない・・・のかもしれません。

 

 

 

 

なので、秋篠宮殿下は「内廷会計で行うべきだ」という訳ですが・・・。

 

 

 

 

内廷会計っていうのは、宮内庁が皇室にお渡しする生活費のようなもの。30年度で32,400万円です。この中で賄うとなると、予定よりずいぶんとコンパクトにしなければいけません。

 

 

 

要は、『政治家が税金の無駄遣いしないで。』と言いたかったんでしょうね。決めるのは宮内庁であり、政治家と官僚が最終的に判断することですからね。

 

 

 

 

本当は『皇室は国の象徴』であり、政治不介入が原則なんですけどね、昨今の政治に一言いいたかったのかもしれません。

 

 

 

 

ともあれ、時代が変わるまであとわずか。平穏無事にことが進むといいですね。