芦田愛菜の生い立ちやデビューのきっかけは?親戚が大手会社の会長はほんと?


Sponsored Links



 

 

 

天才子役としてデビューし、現在では中学生になった芦田愛菜(あしだ まな)さん。

 

 

 

鈴木福くんと一緒に「マル・マル・モリ・モリ」を歌っていたのが、ずいぶん懐かしいですね。

 

 

 

今では慶應義塾中等部に通いながら、テレビや映画などに出演を続けています。

 

 

 

その芦田愛菜さんの生い立ちやデビューのきっかけなどを調べてみました。

 

 

 

また親戚が大会社の会長という噂は本当でしょうか?実家は有数の名家との噂も?

 

 

 

芦田愛菜さんの話題です。

 

 

 

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000125-dal-ent

 

 



Sponsored Links



芦田愛菜のプロフィール

 

名前:                  芦田 愛菜           (あしだ まな)

生年月日:           2004623

出身地:              兵庫県西宮市

血液型:              A

職業:                  女優、タレント、歌手

事務所:              ジョビィキッズプロダクション

レコード会社:    ユニバーサルミュージック

 

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A6%E7%94%B0%E6%84%9B%E8%8F%9C

 

 

View this post on Instagram

#Ashidamana #芦田愛菜

A post shared by 芦田 愛菜 💗 Mana Ashida (@ashida_mana_) on

 



Sponsored Links



 

芦田愛菜の経歴

 

 

芦田愛菜さんは、2007年に3歳で芸能界入りします。

 

 

 

テレビドラマ「Mother」やNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」などに出演してブレイク。

 

 

 

2011年にはドラマ「マルモのおきて」で連続ドラマに初出演し、共演した鈴木福くんと共に「マル・マル・モリ・モリ」で歌手デビューします。

 

 

 

この曲は赤いコスチュームを着た芦田愛菜さんと鈴木福くんが踊りながら歌うCMでお馴染みでしたね。

 

 

 

 

またこの曲で、史上最年少でNHK紅白歌合戦に出場しました。

 

 

 

2013年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たします。海外からも注目される子役だったのですね。

 

 

 

2017年には中学受験で都内の難関私立中学に複数合格し、慶應義塾中等部に入学しました。勉強でも頑張っていたようです。

 

 



Sponsored Links



 

芦田愛菜の生い立ちやデビューのきっかけは?

 

芦田愛菜さんは銀行員の父親と専業主婦の母親の間に、兵庫県西宮市で生まれます。

 

 

 

小学校入学と同時に東京に引っ越し、東京都荒川区立第一日暮里小学校に通います。

 

 

 

そこで幼少時から芸能活動をし、天才子役として数々のドラマや映画に出演します。

 

 

 

デビューのきっかけは、芦田愛菜さんのお母さんが友だちに誘われて大阪の芸能プロダクションのオーディションに芦田愛菜さんを連れて行ったことだそうです。

 

 

 

その後ドラマやCMのオーディションをいくつも受けましたが、半年ほど合格できない日々が続いたそうです。

 

 

 

それからも諦めずにオーディションを受け続けたところ、2009年に「ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま」でようやく子役デビューできたそうです。

 

 

 

当時はなかなか学校にも通えない日々が続いたようで、週に一日しか学校に行けなかったり、12時間で早退するような日が何日もあったそうです。

 

 

 

当時はちょっとしたイジメにも遭っていたようで、「あしだまな」と書かれた筆箱が10回も盗まれてしまった、というエピソードも残っています。

 

 

 

その後小学校3年生の頃くらいになるとテレビの露出が減り、「生意気だから干された」などと言われましたが、それからもコンスタントにテレビ出演を続け、中学受験を乗り越えて、最近では少し大人びた表情をテレビで見せてくれます。

 

 

 

そして2年前には難関校である慶應義塾中等部に合格!

 

 

 

芸能活動で忙しいながらも学業でも優秀な成績を収めることができました。凄いと思います。

 

 



Sponsored Links



 

芦田愛菜の父親の叔父は大会社の会長

 

現在年収が19千万円とも言われる芦田愛菜さんですが、一体どんな暮らしをしているのでしょうか。

 

 

 

元々芦田愛菜さんの家は相当な名家で、お父さんが三井住友銀行の銀行員をされているそうです。

 

 

 

お母さんは専業主婦のようですが、お父さんの叔父に当たる人が、商船三井という船運会社の会長をされている、と言われています。

 

 

 

そもそも芦田愛菜さんの出身地は兵庫県西宮市です。

 

 

ここは日本書紀に登場する「ヒルコ」が流れ着いたと言われる、西宮えびす神社がある場所です。

 

 

 

日本書紀によると、ヒルコは「葦の葉に入れられ流された」と言われていますが、芦田愛菜さんの苗字にも「葦」と付きます。

 

 

おそらく由緒正しいヒルコ系の一族の末裔なのではないでしょうか。

 

 

だからこそ商船三井という船運会社の会長をされているものと思われます。

 

 

 

ちょっとやそっとの名家ではなく、日本書紀に遡る三井系の由緒正しい家の生まれのようですね。

 

 

 

 



Sponsored Links



まとめ

 

天才子役としてデビューし、現在では中学生になり、今後の活動が期待される芦田愛菜さん。

 

 

 

子役から本格的な女優に転身することはできるのでしょうか。

 

 

 

学業の方でも優秀な成績を残していますから、二足のわらじで頑張ってほしいですね!

error: Content is protected !!