アニメ映画「キミスイ」の公開日と実写との違いは?声優キャストは?

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

 

アニメ化決定 キミスイ 『君の膵臓を食べたい』(キミスイ) 実写版とアニメの違いとは?

 

2017年7月28日に全国ロードショーで公開したばかりの『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)。実はこの映画の上映後になんと2018年にアニメ化が決定したことがわかりました!

 

題名にもなっている“膵臓”(すいぞう)って何?!と思われる方も多いのでは?

 

今回は来年2018年にアニメ映画化が決定した『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)について原作と実写映画とアニメ映画の違いとは?色々調査してみました!!

 

 

『君の膵臓を食べたい(キミスイ)』 原作の誕生 作家・住野よる 基本情報 経歴

 

 

『君の膵臓をたべたい』(住野よる/双葉社)
引用: https://ddnavi.com/news/392980/a/

 

 

原作:君の膵臓を食べたい (双葉文庫)

 

住野よるさんによるデビュー作品。小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿したところ、双葉社から書籍化されたことがきっかけで小説家デビュー。

 

住野よるさんは、大阪府出身の男性。現在も大阪に住んでおり、高校生の頃より執筆活動 。

 

生年月日は不明です。

 

文庫版、電子書籍版、コミック版とあります。以下ご参考までに。

 

文庫版

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君の膵臓をたべたい [ 住野よる ]
価格:720円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

 

 

電子書籍版

 

 

コミック版(上)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君の膵臓をたべたい(上) [ 桐原 いづみ ]
価格:702円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

 

 

コミック版(下)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君の膵臓をたべたい(下) [ 桐原 いづみ ]
価格:702円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

 

 

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ) あらすじ

 

 

お話は、主人公・僕(志賀春樹)が病院で1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本を拾ったことから始まります。

 

その文庫本の内容はというと…、クラスメイトの山内桜良(やまうちさくら)が書いている、秘密の日記帳でした。

 

 

彼女は膵臓の病気を患っていて、その膵臓が原因で余命がもう長くないことが綴られていたのです。

 

桜良の病の事は身内しか知らず、主人公・僕(志賀春樹)が興味本位で覗いたことにより、身内以外でこの事を知っているのが主人公・僕(志賀春樹)だけと言う事実が・・・・。

 

「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、正反対の性格の2人が互いに自分の欠けている部分を持っていることに気づきはじめ、それぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせながらお互いに成長していくことに・・・・。

 

そして僕(春樹)は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。桜良は恋人や友人を必要としない僕(春樹)を、初めて関わり合いを持ちたい人に選んでくれた。

 

「初めて私自身として必要されている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく物語。

 

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)原作と映画の違いって?

 

 

現在公開中の実写版『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)ですが、原作と実写化した映画とでは、ストーリの流れ方が違うようです。

 

まず、原作では始まりと終わりは桜良が亡くなった後の話なのですが、映画では12年の時が経ってからの話が入り混じっているそうですよ。

 

 

ここから『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)原作のネタバレが混じりますが、映画と違いをまとめるにあたって、書いていきますね。

 

原作の完結は、桜良が亡くなって1年後に僕(春樹)は桜良の親友・恭子と二人でお墓参りに行くシーンですが、それまでの二人の関係というのは、簡単にまとめると友人ではなかったのでした。

 

ですが、桜良が綴っていた「共病文庫」(闘病中に桜良が書いていた秘密の日記帳)をたまたま拾った僕(春樹)は、中身を読んで桜良の病を知り、僕(春樹)が桜良の「死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことになったのですが、桜良は病死ではなく事故で突然亡くなったのでした。

 

残された「共病文庫」のラストには、家族と親友・恭子への遺書に加え、僕(春樹)へのメッセージも書いてあり、そこには・・・・・

 

“「君は受け取ったこれをどうにでもしていいってこと。 破くなり、隠すなり、誰かにあげるなり。つまり、私は色んな人にメッセージを書いているけど、それを皆に見せるかどうかも君次第。・・・」”

 

と綴っていた。残された僕(春樹)は、桜良の為に何ができるだろうか…

 

悩んだ末、桜良の親友である恭子とどうにかして友人になってもらう事。そして、この「共病文庫」を恭子に読んでもらうこと。を決意し、連絡を取り会うことに。

 

恭子は「共病文庫」を読み、泣き続けます…。でも、僕(春樹)は恭子と友人になれるどころか、桜良は恭子にも膵臓の病気について話していなかった。それが、何故か親友である自分ではなく“僕(春樹)”が病気について知っていたのかが気にくわなかったのです。

 

恭子は、桜良と僕(春樹)が仲良かったことに腹が立っていて、この二人はその場で友人になることができませんでした。

 

そんなこともあり、僕(春樹)の存在は恭子にとって良い印象を持たれてなかった為、1年もの時間をかけようやく、恭子と友人になることを果たし、二人で仲良くお墓参りに行くシーンで、原作は完結しています。

 

 

そして『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)映画での違いは、この原作で完結したところから更に時間が経過し、桜良が亡くなってその後、

 

12年…

 

「僕(春樹)」(小栗旬さん)は教師になっていて、恭子(北川景子さん)は結婚式を控えている。という、原作とは違う、映画オリジナルのストーリーが追加されているようです。

 

なぜ12年後?とも思いましたが、12年後に内気で弱気な僕が教師をしていて、僕に対して敵対心が強く気の強い恭子がお嫁さんになる・・・・・・という変わりようが凄いシーンとして用意されています。

 

そして、そのシーンを大物俳優の小栗旬さんと北川景子さんが演じるので、原作を読んでから映画をご覧になった方々はある意味サプライズですよね。

 

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)』 原作と映画版の感想

 

現在公開中の映画『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)と原作との内容の違いについて、まとめてみました。

 

“膵臓を食べたい”…なんとなく意味が分かった気がします。

 

病気で亡くなるとてっきり思い込んでいましたが、実は、事故で亡くなってしまうなんて…家族の気持ちになれば、病気で余命が短いことを分かってて過ごしてても、事故死で急に亡くなってしまったら・・・・複雑な気持です。

 

遅かれ早かれ、結果的には桜良の死と言う現実をつきつけられる親の立場になって考えると、それだけで胸が痛く、無念としか言いようがないですね。

 

もちろん親友の恭子も、まさか身近な仲の良い友達が急に他界してしまうなんて、想像もつかなかったはず…

 

ましてや、膵臓に病を抱えていたなんて、後から知った恭子は凄く悲しかったかと思います。

 

原作と映画は内容が違う!って作品これまでにも沢山ありましたが、私はこのようにラストシーンにオリジナルストーリーを交えるのも新たな1つの作品になっていいな。と思いました。

 

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)』 アニメ化へ

 

そして、とうとう『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)がアニメーション化され、2018年に劇場で公開されることが決まりました。

 

公開日や、見れる映画館など、まだ詳細は決定していませんが、追ってお知らせしたいと思います。

 

予告のTrailerが公開されていますので、こちらからご覧ください。実写版のTrailerも一緒にお楽しみくださいね。

 

 

「君の膵臓をたべたい」予告2  東宝MOVIEチャンネル by YouTube

 

 

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」予告編(2018年公開) by YouTube

 

Trailerを見る、アニメも情緒が良いですね~。アニメの場合、何故か主人公達のイメージが自分の想像の中でいかようにも変化させることができることでしょうか?私はイメージがどんどん自分のイメージへと頭の中で変化していて、陶酔し易い気がしています。

 

映画版もダイナミックではありますが、想像やイメージでなく、リアルが目の前に広がるので、ちょっぴり自分の空想の部分で味付けがしにくいと言う感じはありますね。

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)声優

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)の劇場アニメ版はもちろん声優とストーリーの展開が気になります。映画版が原作と多少違い、ストーリー(あらすじ)や結末に脚色しているだけに、アニメ版でも多少違う脚色をするのではないか?と言うことは想像できますね。

 

ただ、原作の『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)はすでに台湾、中国、韓国、マレーシアなどで、現地語に翻訳されて出回っていますので、アニメも世界発信する可能性がありますので、原作に忠実にストーリー展開するかもしれませんし、もっとドラマチックにするかもしれませんし、どちらになるでしょうか?

 

それについても先に発表になりましたら、お知らせいたします。

 

そして、アニメーションを手がけるのはどこの制作会社なのか?声優のキャストは?などについて調べて見ました。

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)アニメ版 制作会社

 

企画販売はANX(アニプレックス)が担当するようです。ANX(アニプレックス)はアニメーションを主体とした映画、企画の制作と販売をする会社で、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)の子会社になります。

 

『君の膵臓を食べたい』(キミスイ)アニメ版 制作会社

 

キャスト、スタッフ、主題歌、音楽、キャラクターデザイン、あらすじ、などもまだ、公式な情報公開がされていませんので、発表され次第、ここでもお知らせしたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links