アンドレ・ドグラスの経歴と記録!家族や学校は?タトゥーの意味は?

2017年8月6日

Sponsored Links
Sponsored Links

 

 

 

 

2017年世界陸上、ロンドンが8月4日から始まります。今、とても注目すべき選手、アンドレ・ドグラス(Andre De Grasse)選手、

 

2017年世界陸上では、陸上界の王者として君臨してきたウサイン・ボルト選手が世界陸上ロンドンを最後に引退を発表。このアンドレ・ドグラス(Andre De Grasse)選手がネクスト(後継者)ボルトになるのではと囁かれ、世界陸上ロンドンは熱く燃え上がる予感がします。

 

また、日本の和製ボルト、16歳のサニブラウン・ハキーム(東京)も注目を集めています。ウサイン・ボルト選手、アンドレ・ドグラス(Andre De Grasse)選手、サニブラウン・ハキームと華やかなランナーが揃った世界陸上ロンドンが楽しみです。

 

それでは、アンドレ・ドグラス(Andre De Grasse)選手について、情報をシェアしたいと思います。

 

 

アンドレ・ドグラス(Andre De Grasse)選手のプロフィール

 

 

引用: 時事ドットコム  http://www.jiji.com/jc/

 

名前: アンドレ・ドグラス
国籍: カナダ
種目 短距離走
生年月日 1994年11月10日(22歳)
生誕地 カナダ
居住地 カナダ
身長 176cm
体重 70kg

引用: wikipedia  https://ja.wikipedia.org/

 

アンドレ・ドグラス(Andre De Grasse)選手の記録

 

自己ベスト

100m 9秒91(2016年)
200m 19秒80カナダ記録(2016年)
60m 秒60(2015年)

引用: wikipedia  https://ja.wikipedia.org/

獲得メダル

2015年: 世界陸上    
  100m 銅メダル
     
2016年:リオ・オリンピック    
  100m 銅メダル
  200m 銀メダル
  100mリレー 銅メダル

引用: TBS世界陸上2017 http://www.tbs.co.jp/seriku/

 

アンドレ・ドグラス選手は母が26歳で移民したため、カナダのオンタリオ州スカーボロ生まれ、トロントのMarkhamと言うところで育ちました

 

アンドレ・ドグラス選手の母親の名前はビバリー・ド・グラッセ、移住する前にはトリニダード・トバゴの陸上の短距離選手でした。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

母親の名前はビバリー・ドグラスさんはアンドレ・ドグラス選手の子供の頃の事を「カソリックの信仰の深い、とても静かなこどもだった、そして、アンドレ・ドグラス選手の腕に刻まれているタトー(入れ墨)は「希望」の祈りがきざまれています。」と話しています。

 

アンドレ・ドグラス選手の父親の名前はAlex Waitheさん。バルバドスで生まれ、十代でカナダへ移住。学校のガイダンスカウンセラーでしたがすでに引退し、現在は文化的プロモーターをしています。

 

 

Happy Family Day by Andre de Grasse Instagram Instagram

 

アンドレ・ドグラス選手は他に兄弟が3人居て、Julian(ジュリアン)、Alexandra(アレクサンドラ)、Dantee(ダンテ)すてべ男だけのブラザーズだったようです。

 

もともと母親がアンドレ・ドグラス選手が4歳の時にスポーツ活動に参加させて、学校の12年制の時にサッカーチームに参加していたそうです。

 

サッカーをしていた頃のアンドレ・ドグラス選手は「常に速く、ボールを捕まえ、そして誰もアンドレ・ドグラス選手を捕まえることはできなかった」と語っています。

 

高校生では、バスケットボールに興味を持ったのですが、アンドレ・ドグラス選手が通う学校にバスケットボールのチームがなかったことから、陸上を目指すようになったのがきっかけで陸上の世界に進路を見出したそうです。

 

アンドレ・ドグラス選手は南カリフォルニア大学に通っています。

 

 

Andre de Grasse 9.69 attempt breaks Usain Bolt’s World Record on 100m (HD)  DreamTeamOfWinterSports  by YouTube

 

 

リオオリンピックでは、ウサイン・ボルトとほぼ互角の速さを見せたアンドレ・ドグラス選手、6月16日に行われた陸上ダイヤモンドリーグでは100m決勝にて6秒69と言うタイムをだし、期待感が高まっています。

 

アンドレ・ドグラス選手はボルトになりたい訳ではない、自分は自分だと言って、自分の走りを信じ、記録に挑戦しようとしています。まさに、ボルト伝説の次にドグラス伝説が始まる予感がしますね。

 

陸上関連の記事はこちら
[st-card id=4121]
[st-card id=4064]
[st-card id=4091]
[st-card id=3605]

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 


Sponsored Links
Sponsored Links