阿部友里香(ノルディック)の障害の原因や難度は?大学やソチでの戦績を調べてみた!

Sponsored Links



今回は3月のパラリンピックに出場する阿部友里香(あべゆりか)選手についてピックアップします。

 

阿部友里香(あべゆりか)選手は障害にめげることなく挑み続けてきまました。阿部友里香(あべゆりか)選手の先にはいったい何が見えているのか!?密着したいと思います。


それではハンデを背負っ阿部友里香(あべゆりか)選手について紹介します。


阿部友里香(あべゆりか)選手のプロフィール

 

 

 



 名前         阿部友里香(あべ ゆりか)
 生年月日       1995年10月7日(22歳)
 出身地        岩手県山田町
 種目         クロスカントリー、バイアスロン
                               


引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/阿部友里香

 

 

阿部友里香選手の経歴

 


Sponsored Links

 

1995年10月7日に岩手県山田町に生まれる。小学校は地元の山田町立山田中学校に進み、小学生時代から好奇心旺盛だったようで、バレーボールが好きで良くバレーボールをしていました。

 

小学校の時に肩の神経が傷つき手術はしたものの明るい性格は変わらず。


小学校低学年の時に手術をしたんですけど、クラスの友達が寄せ書きを用意してくれて。それがすごくうれしかった。
                                  

引用:http://number.bunshun.jp/articles/-/792927


たとえハンデを背負っていても、誰に対してでも感謝の気持ちを忘れないことが、今の阿部友里香選手の力の源なのかもしれません!!


小学校の時にはボーイスカウトに所属するなど、出世時左腕に障害は負ったもののそれに打ち克てるような気持ちの持ちようで前向きな姿勢をみせていました。逆境と上手に向き合う姿に感心を覚えますね。

 

阿部友里香選手出身高校や大学、ソチでの戦績を調べてみた!

 

中学2年生だった頃、バンクーバーオリンピックのストック1本で雪上を走る姿を見て直感的に「自分にもできる」「健常者でなくても競い合えるところがあるんだな。やってみよう」と感じたようです。

 

そんな思いを抱いて、阿部友里香選手が選んだ高校は地元岩手県の山田高校です。

 

しかし、わけあってインターハイに出場する程の実力がある強豪校の盛岡南高等学校へ転校します・・・転向した先の在学中に2014年のソチパラリンピックに出場、クロスカントリースキークラシカルで8位入賞をしました。

 

そして、大学は大東文化大学国際関係学科に進みました。

 

阿部友里香(ノルディック)の障害の原因や難度は?!?

 

生まれもって左腕が自由に動かせないと言うハンデを背負って生きてきた阿部友里香選手の障害は障害は左上腕機能不全と公式には記録されています。

 

引用:http://www.sanspo.com/sports/photos/20171225/oly17122518040001-p1.html

 

また、阿部友里香選手は高校を卒業後は東京の大東大へ入学。住まいを東京へ移すと同時に国立スポーツ科学センターで左手のリハビリ治療をはじめました。左手に不自由があるためにバランストレーニングが苦手だったのですが、スキーの下りの滑りが改善されて、今まで以上にスムーズに滑れるようになったようです。

 

阿部友里香選手はインタビューで、「以前は転ぶか転ぶ前に制動をかけていたが、インコースも攻められるようになり、レースに余裕ができた」と答えています。

 

パラリンピックのスキーに関して、障害の重さや部位によってクラス分けがされているようです。抜粋をしてきました。

 

 

障害を持つさまざまな選手がどう争うのかということで、こちらをご覧いただきたいです。

 


引用:http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/summary/program/?id=46072

 

クロスカントリースキーとバイアスロンは、このように大きく3つのカテゴリーに分かれています。立って滑る立位、シットスキーに乗って滑る座位、そして視覚障害。この3つのカテゴリーごとに順位を争うんですね。

 

 

阿部友里香選手の場合は平昌オリンピックでは立位のLW6で出場だそうです。

 

阿部友里香選手がバイアスロン目指した理由は?

 


Sponsored Links

 

バイアスロンとは?スキーで野を駆け回る競技です。競技を始めた国はスウェーデンとノルウェーです。

 

バレーとスキーの両立をしている中、再考を促したのは・・・『東日本大震災』でした。

 

引用: 阿部友里香選手 from パラノルディックスキ on Vimeo.


当時、地元の山田高校に通っていた阿部友里香選手この出来事から盛岡南高校強豪スキー部への進路変更を決断しました!!

 

阿部友里香選手の経験は浅く、慣れない下宿生活にも直面した阿部友里香選手は挫折することなくハンデをものともしない、ひたむきな姿勢を貫きます。

 


「震災がなければ、スキーを本格的にやるのはもっと遅くなっていた。」
                                   

引用:http://number.bunshun.jp/articles/-/792927

 

ソチオリンピック8位入賞の壁を平昌オリンピックで乗り越え、メダルも視野と言っている阿部友里香選手、て今から楽しみでなりません!!阿部友里香選手の活躍に期待しましょう。

 

阿部友里香選手についてお話しましたがいかがでしたか?


平昌パラリンピックに出場する阿部友里香選手ぜひ注目してみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




Sponsored Links



こちらの記事も読まれています