東京五輪(2020)パラリンピックのマスコットは?デザイナーは誰?賞金や商品は貰えるの?

Sponsored Links
Sponsored Links


寒くなってきましたね。

そんな季節に心を暖める、東京オリンピック・パラリンピックのマスコットを決める小学生を対象とした投票が始まりました!!

 

選考の様子はこんな感じだったようで、ホンワカな雰囲気ですね。

 

 

2020年東京五輪・パラリンピックは3作品

 

ついに最終候補として発表された3作品!!
2020年東京五輪・パラリンピック、公式マスコット選ばれるのは!?

作品:ア

オリンピックマスコット

正式な象徴とされる市松模様!!
特徴は、二色の正方形を交互に配した模様で、別名チェック柄!!
伝統と近未来を一つになった温故知新なキャラクター


パラリンピックマスコット

桜の聴覚と超能力を持つ
クールなキャラクター

 

引用: 東京2020 マスコット<最終候補紹介動画・候補ア> Tokyo 2020

 

作品:イ

招き猫、キツネ、狛犬がモデル


オリンピックマスコット
日本を暖める炎と大地から生まれたキャラクター
福を呼ぶ招き猫や神社のキツネをモデルに生まれました。


パラリンピックマスコット
日本に四季を呼ぶ風と空から生まれたキャラクター
神社の守り神である狛犬をモデルに生まれました。

引用: 東京2020 マスコット<最終候補紹介動画・候補イ> Tokyo 2020

 


作品:ウ 

キツネとタヌキがモチーフ


オリンピックマスコット

日本昔話の世界から
飛び出してきたキツネのキャラクター


パラリンピックマスコット

頭の上の葉っぱを使い
自由に変身するタヌキのキャラクター

 

引用: 東京2020 マスコット<最終候補紹介動画・候補ウ> Tokyo 2020

 

3種類のマスコットを合体させても可愛いですね!

 

デザイナーは誰!?


東京五輪パラリンピックのマスコットは、個人またはグループ(10人以上)での一般応募で候補が絞られています。

 

今のところ公募と言うことですから、有名デザイナーにお金を支払ってデザインしてもらうとかではなさそうです!


①公式とする基本条件を(2017年8月22日~23日、29日~30日)東京2020職員が審査しました。


この審査に通過したのは、なんと!1,753作品!


応募総数は2,042作品なので、それなりに絞られたようですね!!

 


②企画点検が行われました。

 

これには、様々な企業の専門家が審査員としてデザイン・プロフィールをチェック!!

 

この審査で98作品に絞り込みます。

 

ガクンと半数以下に減っていますね!!厳選しているってことですね!

 


③マスコット審査会による判定(2017年9月26日~28日)

マスコット審査会のメンバーが気になりますね。

98作品をさらに16作品に絞りこみます。

オリンピックやパラリンピックの精神に相応しいものであるかを審査し、選ばれた16作品です!!

 


④マスコット審査会による最終ジャッジ(2017年10月13日)

次回に行われる小学生投票に進む、最終候補3作品を選定!!

12月7日、発表前に商標調査を行います。

 


⑤小学生投票(2017年12月11日~2018年2月22日)

ここでは、全国の小学校がクラス単位で投票します!!

小学生の感性ってまた違いますから、オリンピックは国民の総イベント!

子供に感動を与えるスポーツイベントですから、子供の見る目線が大事ですね!


そして忘れてはならないのが、この時点で最終候補なので入選作品として10万円の賞金がもらえます。


⑥投票結果発表は2018年2月28日に行われます


いよいよ、ファイナル!2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが決定!!


賞金や商品は!?

 


 賞金は100万円(税込)と2020東京大会開会式への招待付きです。
 最終候補でも入選作品として10万円もらえます。 

引用:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/22/news119.html
                                

東京五輪への招待と、賞金100万円とは非常に魅力的ですね!!


一般公募なので誰もが賞金や特典を獲得する権利があります。


東京オリンピック・パラリンピックのマスコットが決まる2018年2月28日が待ち遠しいですね!!

 

どんなマスコットがお目見えでしょうか?楽しみに待ちましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links