スポーツ

山下輝(やました ひかる)木更津総合の父と母の支援!そしてドラフトか進学か?

更新日:

Sponsored Link

 

 

自分の子供が「甲子園に行きたい」と夢を語ったとき、親のサポートは欠かせませんが、ご両親と一緒に涙ぐましい努力をして甲子園で活躍した選手、山下輝(やました ひかる)選手です。

 

 

山下輝(やました ひかる)選手のプロフィール

 

引用:  https://www.chibanippo.co.jp/news/sports/420500

 

 

千葉県代表、木更津総合3年生、ポジションは投手で投打は左投げ、左打ち。

 

身長は187cmで、体重は87kgです。

 

 

山下輝(やました ひかる)選手の父と母の支援、サポート

 

 

恵まれた体格ですね。山下輝選手はどんな生活を送ってきたのでしょうか。

 

 

野球の世界と全く無縁の父、直人さんと山下輝選手。

直人さんは山下輝選手のために1から野球のことを学び、山下輝選手の望む野球の世界への後押しをしてくれていたようです。

そして、山下輝選手も甲子園で活躍する選手にまで成長を遂げました。

 

 

ある一試合で直人さんは山下輝選手を見てこう告げます。

 

 

「幕張総合戦は6回安打7奪三振と悪くはなかったが、ストレートとスライダーでの腕の振りに違いが出てたぞ」

 

 

こんなにも手厳しい指摘は、小学3年生から、山下輝選手の野球を見てきた父だからこそ言える言葉で、野球への厳しい目線が直人さんにもできるようになったのは、直人さんが本気で野球の勉強をしてきた証拠にはちがいありません。

 

 

直人さん自身も時間が無い中、野球の勉強をするのは、「真夜中」と言う、なんとも受験生のような勉強をしていました。それも何より、可愛い息子の為だからですよね。

 

 

そんなある晩、山下輝選手が夜中にトイレに起きると、

 

お父さんの直人さんの部屋から出る明かりが漏れていて、一生懸命お父さんの直人さんが野球の勉強をしている姿があったそうです。

 

 

山下輝選手はこの姿を見て、「父のために頑張ろう」心に誓ったそうです。

 

2人で一緒にフォームの確認を常にしていたので、。ピッチングフォームの絵が部屋にズラリと貼ってあり、今までの2人の野球への思いと歴史にもなっているそうです。

 

一方お母さんの京子さんも山下輝選手のために、本や雑誌などで読んだ野球選手の食事を研究して、スポーツ選手の源である食事面でのサポートをしっかりしていたそうです。

 

 

母の愛で山下輝選手の体重もが86kgに増量。

 

 

 

ドラフトの可能性・・・

 

 

高校生トップクラスといわれている、ストレートの球威や変化球の正確さ、コントロールの技術の高さ、そしてなんと言ってもメンタル面の強さは十分に高卒プロ入りできるための実力には達してます。

 

入団するだけでなく、高卒3年~4年目には一軍である程度、活躍できるだけの技術や土台はすでに出来ているそうです。

 

プロ志望届を提出すれば、左投手を必要としている球団に指名される確立も充分にあります。しかし、山下投手は進学を希望しているとの噂もあり、野球に強い法政大学へ進むんのではないか?との推測もされています。

 

まだまだ、投手歴も高校2年生からと言うことで、まだまだ、投手としての力や技を磨く時間が欲しいのかもしれません。

 

 

ここまでの選手になれたのはご両親の支えと本人の努力がなければたどり着くこ

とが出来なかったことなので、両親の為にももうひと踏ん張り、夢を掴んでほしいものですね。

 

熱心にお子さんのスポーツにお付き合いして、お子さんよりも真剣に汗を流し、声援をあげて、休日返上して子供の夢に向かって一緒に走っているご両親も多いと思います。

 

充分に、山下輝選手のようになる可能性とチャンスはあるはずなので、この親子ストーリーでもっと夢に近づけることを願っています。

 

 

家族愛に満ちた山下輝さんのお話はいかがでしたか?

 

 

Sponsored Links

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 



-スポーツ

Copyright© WikiWiki , 2017 AllRights Reserved.