ドラマ

【植木等とのぼせもん】あらすじとネタバレ!キャストと見どころは?

投稿日:

Sponsored Link

 

 

NHK放送で2017年9月2日から連続ドラマ『植木等とのぼせもん』が放送開始します。植木等を演じる山本耕史さんと、後に俳優・コメディアンとして活躍する小松政夫を演じるのは志尊淳さんです!

 

『植木等とのぼせもん』は植木等と小松政夫の物語を、当時のテレビバラエティーや映画の熱気ある撮影風景をふんだんと再現した笑いあり・涙ありのドラマです。

 

そんな昭和世代の方々には懐かしい人物たちの再現ドラマ「植木等とのぼせもん」のあらすじや出演キャストの紹介をしていきます!

 

 

NHKドラマ『植木等とのぼせもん』 基本情報

 

△放送開始日
2017年9月2日(土)スタート<連続8回>
総合 毎週土曜 よる8時15分から8時43分

△原案
小松政夫「のぼせもんやけん」

△脚本
向井康介

△音楽
林ゆうき

△出演
山本耕史 志尊淳 山内圭哉 浜野謙太 武田玲奈 中島歩 でんでん 坂井真紀
富田靖子 勝村政信 優香 伊東四朗 ほか

△制作統括
佐野元彦 須崎岳(以上NHKエンタープライズ) 中村高志(NHKドラマ番組部)

△演出
西谷真一 榎戸崇泰(以上NHKエンタープライズ)

△収録予定
2017年7月上旬から9月上旬

引用: http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/275029.html

 

NHKドラマ『植木等とのぼせもん』 あらすじ

 

昭和37年。植木等(山本耕史)は半信半疑でした。

 

植木等が歌う『スーダラ節』が、自身初となる大ヒットとなり、植木とクレイジーキャッツはテレビや映画に引っ張りダコ…一躍スターにりましたが、それと同時に大変過密なスケジュールとなった植木に、付き人兼運転手がつくことになりました。

 

その付き人兼運転手というのが、博多から上京してきた松崎雅臣(志尊淳)という並々以上の元気な青年だったのです。

撮影現場に同行した松崎は、植木やリーダーのハナ肇(山内圭哉)、アイデアマンの谷啓(浜野謙太)ら、クレイジーキャッツのエネルギッシュな仕事ぶりに圧倒され、彼らは、コントではとことん馬鹿らしく、音楽ではカッコ良く、“面白いって、なんだ?”を追い求めていた。

一方、根が真面目な植木は「こんなふざけた仕事ばかりやっていて、人様の役に立つのか?」と自問自答。そんな植木を、少年時代に父を亡くした松崎はいつしか植木の事を「親父さん」と呼ぶようになり、植木や妻・登美子(優香)、父・徹誠(伊東四朗)も、松崎を家族の一人として受け入れ、一人前のタレントを目指して、仕事に、恋に熱中する松崎、その姿はまさに“のぼせもん”。(「のぼせもん」=博多弁で夢中になる)

 

植木と松崎、最強の師弟コンビが、時代を駆け抜けてゆく…

引用: http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/275029.html

 

NHKドラマ『植木等とのぼせもん』 キャスト

 

 

 

引用: http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/275029.html

 

▲山本耕史(1976年10月31日生まれ)/役:植木等

1926年12月25日生まれ

俳優・コメディアン・歌手・タレント など幅広く活躍し、お茶の間に明るい空気を作ってくれていました。

また、「ズーダラ節」・「ドント節」など数々のヒットソングがあり、昭和世代の方々なら植木等さんは懐かしい人物なのではないでしょうか?

 

1970年代後半からは俳優として、映画や舞台などで活躍。

晩年は肺気腫・前立腺癌を患いながらも、仕事をこなしてきましたが、2007年3月27日に呼吸不全の為他界しました。80歳でした。

 

▲志尊淳(1995年3月5日生まれ)/役:小松政夫

1942年1月10日生まれ

本名:松崎雅臣(まつざきまさおみ)

植木等さんの付き人兼運転手として植木等さんを支えてきました。

後に、タレントとして活躍します。

1990年台以降は、様々なドラマや映画に出演し俳優として活躍。

 

2011年6月20日 社団法人 日本喜劇人協会10代目新会長に選出され、全国各地の劇場で活躍されています。

 

 

【NHKドラマ『植木等とのぼせもん』 その他のキャスト】

ハナ肇 / 山内圭哉

谷啓 / 浜野謙太

植木等の妻:登美子 / 優香

植木等の父:徹誠 / 伊東四朗

Sponsored Links

ほか



-ドラマ

Copyright© WikiWiki , 2017 AllRights Reserved.