スポーツ

坂井聖人の経歴とプロフィール! 大学と家族について!肩の秘密とは?

更新日:

Sponsored Link

 

 

 

7月23日から始まる2017年世界水泳選手権大会で忘れてはならない人が一人います。リオデジャネイロオリンピックで競泳種目、200メートルバタフライ、日本に銀メダルをもたらした人、坂井聖人(さかい まさと)さんです。銀メダリストは坂井聖人今回の世界水泳選手権大会でどんな泳ぎを見せてくれるか、期待したいところですね。

 

坂井聖人(さかい まさと)さんがリオ五輪200mバタフライで銀メダルを獲得できたのは計算だった!?

坂井聖人(さかい まさと)さんはある“強み”を持っていました…

そんな坂井聖人(さかい まさと)さんのプロフィールをご紹介したいと思います。

 

坂井聖人(さかい まさと)さんのプロフィール

 

引用: 時事ドットコム http://www.jiji.com

 

生年月日:1995年6月6日
出身地:福岡県柳川市
身長体重:182cm75kg
血液型:O型
出身高校:柳川高校
在学大学:早稲田大学スポーツ科学部
出場種目:バタフライ
座右の銘:天才は99%の努力と1%のひらめき

 

座右の銘を聞くだけで坂井聖人さんが常日頃から猛練習をしている姿が頭に浮かんできますね。素晴らしいと思います。

 

坂井聖人(さかい まさと)さんの経歴

 

坂井聖人さんは学生時代から数々の大会で“優勝”のタイトルを獲得してきました。そのヒストリーをまとめたのでご覧ください。

高校1年生インターハイ100mバタフライ優勝
アジアエイジ選手権の50m、200mバタフライで優勝
高校2年生夏季ジュニアオリンピック200mバタフライで優勝
2014年パンパシフィック水泳選手権200mバタフライ4位
2015年ジャパンオープン200mバタフライ準優勝
2016年日本選手権200mバタフライ準優勝

 

坂井聖人(さかい まさと)さん、肩の秘密

 

数々の記録と、相当の練習量をこなしてみえる坂井聖人さんですが、実は知る人は多くないある“強み”があったのです…

その強みとは“肩外し”です。

この泳ぎは「肩外し泳法」と呼ばれるもので、坂井聖人さんいわく、「肩を外す」という動きで、関節可動域を極限に広げ、友情水をかくポイントよりも約10cm腕を伸ばして泳げるそうです。

 

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

坂井聖人(さかい まさと)さんの家族は?

 

坂井聖人さんの家族は、ご両親とお兄さんがいるそうです。お兄さんの詳しい情報はないですが、お父さんとお母さんの情報はあります。お父さんの名前は敏幸さんで年齢は53歳です。お母さんの名前は尚子さんで年齢は50歳です。

 

リオ五輪決勝の試合をテレビで見守っていた父、敏幸さんは「よく頑張ってくれた。おめでとう。そしてありがとうと言いたい」と感動の声を送りました。母の尚子さんはレース途中まで顔を上げられなかったそうです。

 

このような話を聞くと本人がレースに集中している間、坂井聖人さんの大舞台での試合を支えるご両親の想いがヒシヒシと伝わってきますね。選手の家族と言うのもの計り知れない思いを抱えて、いつも見守持っているものだと感じますねぇ。

 

まとめ

 

大学では寮生活を送ったようで瀬戸大地さんと仲が良いようですよ。顔のタイプもなんとなく似てますね。

坂井聖人さんの出身の柳川高校は福岡県では有名な進学校だそうで、校則がたいへん厳しい学校だったようで、だから今はちょっとヘアースタイルなども、アイドル系でファッションに目覚めているようにみえますねぇ~。

 

しかし、私生活、寮生活ではSNSや流行ものを押さえていて今時の学生と変わらないみたいです。厳しい環境で3年間過ごしたので、今の流行を追うのはそのギャップとも言えますね。リオで銀メダルを獲得していれば、それなりにファンがついたり、注目度も高くなるので、当然と言えば当然ですね!

 

個人的な見方になりますが、2016年リオ五輪開催の年に日本選手権で準優勝だったことがリオ五輪、銀メダル獲得につながったのではないかと思います。

 

なぜかと言うと、負ける悔しさやいい危機感のようなものを感じていないと結果には結びつかないからです。不屈の精神です。

 

リオ五輪のように2017年世界水泳選手権大会ブダペスト、そして、東京五輪で結果を残してほしいですね。

 

 

Sponsored Links

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



-スポーツ

Copyright© WikiWiki , 2017 AllRights Reserved.