ドラマ

金曜ドラマ『コウノドリ2』綾野剛ドラマあらすじ・ネタバレ!キャストと見どころは?

投稿日:

Sponsored Link

 

 

ドラマ『コウノドリ2』 2017年10月スタート 第一話 あらすじ 予告 基本情報

個人的に待ちに待っていた『コウノドリ』の続編、『コウノドリ2』が10月からの金曜ドラマで放送が決まりました!

前回シリーズでは、主演を勤めた綾野剛さんが命の誕生や危機と常に向き合う産婦人科医の役を、見事に演じ切っていました。

 

今回10月からスタートの『コウノドリ2』も前作に引き続き、綾野剛さんや数々の人気俳優さんたちが“命”と向き合った、涙・涙の感動ドラマについて、第一話のあらすじや基本情報をまとめてみました。

 

 引用: http://www.tbs.co.jp/kounodori/

 

 

ドラマ『コウノドリ2』 基本情報

 

原作:『コウノドリ』(講談社刊)/鈴ノ木ユウ

脚本:山本むつみ(『ゲゲゲの女房(NHK)』『八重の桜(NHK)』など)坪田文

プロデューサー:峠田浩(『逃げるは恥だが役に立つ』『』)

企画:那須田淳/鈴木早苗

演出:土井裕泰(『日曜劇場 空飛ぶ広報室』『映画 ビリギャル』など)

   金子文紀(『金曜ドラマ 木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』など)

   加藤尚樹

製作著作:TBS

 

 

ドラマ『コウノドリ2』 キャスト

 

綾野剛/役:鴻鳥サクラ(コウノトリ サクラ)

「BABY」という名で有名なピアニスト。普段は仲間の医師たちや、患者から信頼の厚い産婦人科医のチームリーダー。

 

松岡茉優/役:下屋加江(シモヤ カエ)

サクラの元で働く新米産婦人科医。サクラの事を信頼し、いつかは自分もこうなりたいと日々努力しチームの一番下っ端として奮闘する中、新生児科の白川は同期で良き相談相手・良きライバル。

 

吉田洋/役:小松留美子(コマツ ルミコ)

ここでのベテラン助産師。普段はムードメーカーではあるが仕事は的確にこなしている。サクラが「BABY」ということは、小松と院長しか知らない。

 

坂口健太郎/役:白川領(シラカワ リョウ)

新生児科の医師。NICU(新生児集中治療室)に入院する産まれて間もない赤ちゃん達を診ている。生意気だがみんなから愛されている。

 

浅野和之/役:大澤政信(オオサワ マサノブ)

いつも笑顔のペルソナ総合医療センターの院長。

医者がピアニストをすることは良く思われないことから、サクラには「BABY」としてピアニストをしていることは内緒にさせている。

 

江口のりこ/役:向井祥子(ムカイ ショウコ)

メディカルソーシャルワーカー。患者の生活やこれからについて親身になって向き合っている。

様々な場面でサクラたちとも連携を取っている。

 

星野源/役:四宮春樹(シノミヤ ハルキ)

サクラとは同期の産婦人科医。

人脈派のサクラとは正反対っではあるが、お互いを尊敬し心から信頼しあっている。

 

大森南朋/役:今橋貴之(イマハシ タカユキ)

新生児科の部長。周産期センターのセンター長を兼任し、口数は少ないが赤ちゃんにとって

何が一番良いのか、自問自答しながら日々勤めている。そんな今橋のことをサクラは尊敬している。  ・・・ほか

 

 

ドラマ『コウノドリ2』 第二シリーズ 予告 あらすじ

 

今回沢山の続編を願う視聴者の声が、今年2017年10月から第二シリーズが実現することになり今回のテーマは「生まれること、そして生きること」。

 

当時、綾野剛さんは連続ドラマ単独初主演を果たし、今回も産婦人科医とピアニストという二つの顔を持つミステリアスな主人公を再び務めます。

 

前回と同様、原作「コウノドリ」をベースにオリジナルで取材した題材を元に「生まれてきたことの意味」、「命を授かる奇跡」をスタッフ一同丁寧に描き、今数々のドラマや映画などで活躍されているキャストたちが、生まれてくる赤ちゃんと母になる女性達の姿、家族とのこれからの未来にるいてリアルに再現されていきます。

 

 

ドラマ『コウノドリ2』 みどころ

 

前作でも沢山の視聴者たちに涙と感動を与えた『コウノドリ』でしたが、今回もオリジナルストーリーをミックスさせた内容が楽しみです。

 

リアルな意見を取り入れたことで、もっと素晴らしい作品になっているんじゃないかな?と思います。

 

“命”の大切さはもちろん、授かる奇跡・生まれてくる意味・そして家族が増える喜びや期待を現在実際に母親・父親をしている世代はもちろん、女性を中心にこれからママやパパになる人や様々な世代にとって大切な内容が含まれた作品だと思っています!

 

 

Sponsored Links

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



-ドラマ

Copyright© WikiWiki , 2017 AllRights Reserved.