スポーツ

【男子卓球】張本智和(はりもと ともかず)の経歴と国籍!家族は?チョレイとは!

更新日:

Sponsored Link

 

 

卓球世界選手権、デュッセルドルフ大会に出場、水谷隼人選手から勝利して、彗星のごとく話題となり快進撃が止まらない張本智和(はりもと ともかず)選手。男女通じて日本至上最年少13才という、この怪物くん張本智和(はりもと ともかず)選手の「チョレイ」の雄叫びが話題になっています。

 

張本智和(はりもと ともかず)選手が注目されてから芸能人もご挨拶で「チョレイ」をご挨拶で発する現象までになっていて、この「チョレイ」現象、優勝後も流行語になるかもしれませんね、ちょっとし他ブームです。

 

張本智和(はりもと ともかず)選手が一躍注目を浴びてからは、日本至上最年少と言うこともあり、プライベートではありますが、この少年の国籍や家族なども気になるところですね。「チョレイ」も含め、今話題の怪物くんについて、調べてみました。

 

 

張本智和(はりもと ともかず)プロフィール

 

 

引用: 張本智和(はりもと ともかず)テレビ東京

 

国籍: 日本
出身地 : 宮城県仙台市
居住地: 東京都北区
身長 : 171cm(2017年4月時点)
体重: 56.5kg(2017年1月時点)
靴のサイズ: 27.5cm
選手情報
最高世界ランク: 61位
現在世界ランク: 61位
利き腕: 右
グリップ: シェークハンド
ラケット:
バタフライ特注 ブレード インナーフォースレイヤーALC
グリップ: 張継科ALC
フォア面ラバー テナジー・05
バック面ラバー テナジー・05FX
戦型: 右シェーク裏裏ドライブ型
コーチ: 張本 宇

引用: wikipedia  https://ja.wikipedia.org

 

張本智和(はりもと ともかず)選手、プロフィールで以外とビックリなのは13才にして、身長170cm、結構、背が高いですねぇ~!それに、足のサイズも27.5cmと大きいです。だからパワーがあるのかもしれませんね。

 

世界ランクも61位ですが、今回の卓球世界選手権、デュッセルドルフ大会でどれだけ勝ち進むかによって、世界ランクもどれくらい上り詰めるか楽しみです。それに、東京オリンピックも将来的に楽しみですね。

 

 

張本智和(はりもと ともかず)選手、国籍と家族

 

 

さて、張本智和(はりもと ともかず)選手、お名前から言っても、気になりますね。国籍とご家族。プロフィールのコーチが張本 宇となっていました。実はお父様がコーチなんですね。お父さんは立派な日本男子卓球の日本代表コーチを努めていらっしゃいます。

 

引用: TOKYO FM   https://www.tfm.co.jp

 

そして、お母さまは天津で開催された第43回世界卓球選手権の時の中国代表の張凌(ジャン・リン)さんだそうです。お父様、お母様ともに四川省の出身だそうです。

 

引用: harimototakkyu.officialblog.jp 

 

2014年3月、お父様の張本 宇さん、張本智和(はりもと ともかず)選手、そして妹の張本美和さん(5才年下)は日本国籍を取得して帰化します。お母様のお母さんの張凌(ジャン・リン)さんはそのまま中国国籍を維持しているそうです。

 

写真からしても卓球一家、小さなころからの英才教育と言うか、ご家族の楽しみ、娯楽として卓球を楽しんでいたのでしょうね?

 

 

張本智和(はりもと ともかず)選手、試合の経歴

 

 

直近の試合で記録をたくさん残しています。お勉強しながら、これだけの記録を残せるって素晴らしいの一言です。

 

★2015年
全日本卓球選手権大会(ホープの部):優勝
チェコジュニア&カデットオープン(ジュニア団体):優勝[23]
サフィール国際オープン(シングルスエリート):準優勝[24]
スロバキアジュニアオープン(団体):準優勝(ダブルス):準優勝(宇田幸矢ペア)[25]
ポーランドジュニアオープン(シングルス):準優勝(ダブルス):準優勝(宇田幸矢ペア)[26]
東アジアホープス(シングルス):優勝[27]
チャイニーズタイペイジュニア&カデットオープン(ジュニア団体):準優勝(ジュニアシングルス):優勝[28]

★2016年
全国ホープス選抜卓球大会(団体):準優勝[29]
全国中学校卓球大会:優勝
ITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯(U-21):優勝
アジアジュニア卓球選手権(団体):優勝(カデットシングルス):準優勝[30]

★2017年
ITTFワールドツアー・インドオープン(男子シングルス):準優勝
第23回アジア選手権(団体):銅メダル

引用: wikipedia  https://ja.wikipedia.org

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

今回の卓球世界選手権でかなり和裁になっている、張本智和(はりもと ともかず)選手の掛け声「チョレイ」です。

 

 

「チョレイ」の意味は?

 

 

ゲーム中に会場に響きわたる「チョレイ」、この掛け声、雄叫びとも言われ、たくさんの人が耳にしましたね。さて、この意味って何なのか?気になりますね。張本智和(はりもと ともかず)選手は「張りバウワー」ともよばれているので、これらのフレーズについて調べてみました。

 

卓球界で有名な愛ちゃんこと福原愛さんも、「サー」って掛け声をゲーム中に発するので、一時話題になりましたよね。実はこれも意味もなく、こういった精神的に張り詰めて居る時に自分に対する「気合みたいな」もので、張本智和(はりもと ともかず)選手もこれ、何気なく言ってる気合みたいなものだそうです。

 

「よーーし、張り切っていきましょう!!」の短い版。ただ自分も意味もなく叫んでいて、会場や見ている観客に「チョレイ」と聴こえるとか?そういう感じだそうです。

 

そして、張本智和(はりもと ともかず)選手は「張りバウワー」はフィギュアスケートの荒川静香さんばりの、ゼスチャーと言うかポーズを試合中に見せることから、ファンの皆様から、「張りバウワー」と愛され、命名されたようです。喜びの「張りバウワー」ポーズもご紹介!!

 

 

引用: jiji.com  www.jiji.com

 

おみごと!!無意識でなければ、こんなエビ反りできませんよねぇ~。

 

張本智和(はりもと ともかず)選手は小さな頃から「天才卓球少年」と呼ばれ、平日3時間、週末の両日それぞれに5時間もの練習をしてきて、パワーとスピードを備えた卓球を目指してきたそうです。

 

今まで、卓球を辞めたいと思ったことは一度も無く、負けず嫌い、負けるのが大っ嫌いだそうで、夢はやはりオリンピックでメダルを取ることだそうです!!

 

今回の快進撃が、その夢に大きくリーチをかけそうですね!!

 

 

 

 

 

Sponsored Links

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 



-スポーツ

Copyright© WikiWiki , 2017 AllRights Reserved.