ドラマ

『僕たちがやりました』(僕やり)(8/15)5話あらすじ予告と動画と感想

投稿日:

Sponsored Link

 

 

 

 

火曜ドラマ『僕たちがやりました』火曜日夜9時 第5話 (8/15)あらすじ予告と動画と4話の感想です。

 

 

 

彼らの“そこそこ”楽しかった人生…ほんのイタズラ半分の犯行がとんでもないことになりました。

 

マル(葉山奨之)が主人公・トビオ(窪田正孝)のお金を盗んで、夜の遊びに明け暮れてついにそこを付いてしまい、また新に悪さを考えています…

 

そん中、真相が明らかになりかけるが、矢波高の教師・熊野(森田甘路)の自宅のパソコンにはとんでもないものが!!!

 

今回はそんな『僕たちがやりました』第四話のあらすじやその後の予告をまとめてみました。

 

 

ドラマ『僕たちがやりました』 第四話 あらすじ

 

大爆発の事件後、市橋(新田真剣佑)はリハビリを終え車椅子姿で逃げるトビオと伊佐美の前へ。

 

しかし隙を見つけたトビオたちは逃げることに成功!

 

そんな中、蓮子は警察側から行方が分からないトビオを呼び出すよう頼まれ、会うことにしたが菜摘から聞いた話をヒントに爆破事件の真犯人が矢波高の熊野(森田甘路)だと蓮子に全て話そうと約束の場所へ向かうと、そこには刑事の飯室と話す蓮子の姿でした…。

 

同じ頃、トビオを裏切り大金を手にしたマルは、夜の街で豪遊し、そこで出会った女性に貢ぎ湯水のように現金を使ってしまい、

 

事件直後から、目を付けられていたトビオ・伊佐美・マルがパイセンの共犯者だと確信しパイセンに更に問い詰めていたところに、弁護士の西塚智広(板尾創路)がパイセンの元に現れ、パイセンの弁護をすると話を持ちかけてきましたが・・・・・

 

一方行方が不明だった伊佐美と再会を果たしたトビオは、熊野が真犯人かもしれないことを話し、自分たちの無実を証明する為には、なんとか熊野の犯行の証拠を掴むしかないと決心し、熊野の不在時を狙って自宅に侵入し、そこでとんでもない動画を見つけ愕然とするトビオと伊佐美…。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

そんな時、タイミング悪く刑事・飯室たちを引き連れた熊野が帰ってきてしまい逃げることに。

再び自分たちの身に危機が迫っていることを知り、たまたま居た警察官に追われると同時に伊佐美は再びトビオの前から姿を消してしまいます。

 

必死に逃げるトビオは、フェンスにズボンと靴を引っ掛けてしまい、パンツ姿でなんとか逃げ切り人気の無い路地裏へと身を潜めていたところに、ホームレスらしき人物・ヤング(桐山漣)に救われ、その後その男に付いて行くことになるトビオだが…

 

 

ドラマ『僕たちがやりました』第五話 予告

 

逃亡を続けるトビオは身を潜めていると、ホームレス男のヤング(桐山漣)と出会うがその男に関係を迫られてしまい、絶体絶命のピンチの時に改めて蓮子への気持ちに気づく。

 

また、蓮子の方もトビオへの想いを伝える為、市橋とトビオの行方を追うことのなり…

 

そんな中、トビオはあることを受けて呆然と街をさまよっていたところに、偶然今宵(川栄李奈)に出くわし、そのままトビオは今宵のアパートに転がり込み、自分の世話をしてくれる今宵との二人きりの生活が始まる。

 

一方、警察では突然爆破事件について自首してきた真中幹男(山本浩司)に騒然としていました。姿もパイセンにそっくりで、刑事・飯室はある怪しい人物の存在を知り、「誰に指示された?」と問うが、その男は「自分がした」としか言わない。

 

市橋はというと、ようやく自力で車椅子を動かせるようになり、久しぶりに矢波高に登校。

 

しかし、不良のリーダーとして恐れられていた以前の面影はなく、完全に仲間にも裏切られてしまった市橋は絶望…だが何も変わらない蓮子の態度に励まされます。

 

そんな時、以前市橋に子分扱いされていた下級生・有原正樹(吉村界人)がリーダーの座を狙おうと市橋と蓮子を襲い掛かり…。

 

 

「僕たちがやりました」第5話予告60秒  カンテレchannel by YouTube

 

 

 

ドラマ『僕たちがやりました』 感想

 

 

パイセンに似た男が自供してきましたが、一体どういうことなんでしょうね…

 

その男を仕掛けた男というのはやっぱりあの人物なのか??

 

再び伊佐美は第四話で姿を消してしまいましたが、無事なのか…またトビオも再び今宵の優しさに甘えてアパートに住み込むことになりましたが、どうなっていくのでしょうか?!

 

気になることばかり残したまま話は終了しましたが、次回のお楽しみですね♪

 

 

 

 

Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


-ドラマ

Copyright© WikiWiki , 2017 AllRights Reserved.