社会 話題

秋篠宮眞子さまが婚約!お相手は?誰?職業と馴初め

更新日:

Sponsored Link

 

 

 

秋篠宮さまの長女、眞子さまが、ご婚約しましたね。お相手が気になるところです。秋篠宮眞子さまはICUに通ってっていらしゃいました。

 

 

お相手は国際基督教大学(ICU)から交流があった同級生だそうで、「海の王子」と呼ばれいる小室圭さんだそうです。現在の職業は都内の法律事務所にお勤めで一ツ橋大学の学生さんでもあります。とってもお硬い職業ですね。

 

 

秋篠宮眞子さまは、天皇陛下の初のお孫さんということもあり、悠仁親王がお生まれになる前までは、天皇家の跡継ぎとしての期待も大きく、国際基督教大学(ICU)卒業後は英国のレスター大学院へ留学されています。

 

 

秋篠宮眞子さまは、大学在学中は、「まだ、結婚については考えたことはありません」と答えていましたが、この頃からのお付き合いと言うことですから、お二人はこの遠距離恋愛をなさっていたんですね。

 

 

小室圭さんは2010年の藤沢市の観光協会のPRとして「海の王子」に選ばれ、観光協会のWEBサイトにも掲載されています。

 

 

引用: Jキャストニュース
https://www.j-cast.com

 

おめめパッチリ、正統派。ハーフのような顔立ちでとってもイケメン。爽やかボーイです。

 

「海の王子」、小室圭さんはWEBサイトにも江ノ島の観光名所、「龍恋の鐘」(りゅうれんのかね)へ行った時(きっと二人のデートでしょうね?)のエピソードを掲載しております。

 

 

「ここには天女と五頭龍伝説にちなみ建てられた鐘とその両サイドに『永遠の愛』を誓った方の記念日が刻まれている銘板があります。天女と五頭龍伝説というのは1400年昔、鎌倉深沢に住む悪竜が江の島の天女に恋した事を機に善竜になり人々を守ったという伝説です。ロマンチックでいて隠れた絶景ポイントでもあるこの場所は僕に『愛することの大切さ』を実感させてくれました」

引用: Jキャストニュース https://www.j-cast.com

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

 

小室圭さんと秋篠宮眞子さまのお二人の交際は、5年前ほど前からで、中華街や山下公園、ランドマークなおどの横浜方目、MM21地区で良くデートを重ねていたそうです。お忍びでなく、オープンにされてた所が現代の若者らしい、爽やかデートですね。

 

 

お二人の周りには、いつもボディーガードが遠くから、小室圭さんと秋篠宮眞子さまを警護にあたっていたそうで、

 

 

「側衛はあくまで皇室の方々の警護が職務なので“危険”が迫らなければ黒子に徹するのみです」(宮内庁関係者)

引用:ジョージプラム  http://www.jprime.jp/

 

 

とのことで、いつでも不測の事態に備えていたそうです。オープンにしていただけに、大変ですよね~。

 

 

その当時から、小室圭さんは秋篠宮眞子さまをマーちゃんと呼び、お二人はとても仲睦まじく、電車でも仲良く寄り添い合うほど。

 

 

二人のファッションは秋篠宮眞子さまが花柄のユニクロブランドのワンピース、そして小室圭さんは白のアバクロにベージュのパンツとお互いに人気のブランド・ファッションでお二人ともに、おそろいのブレスレットと指輪を身に着けていたそうです。(当時のお二人の様子、写真下)

 

 

 引用:ジョージプラム  http://www.jprime.jp/

 

 

秋篠宮眞子さまは天皇陛下のお孫さんであり内親王というお立場。父の秋篠宮さまは、ご自分の娘達の結婚については、秋「娘たちの意思をできる限り尊重したい」と発言されています。

 

また、将来のお世継ぎの天皇のお姉さまゆえ、お相手はどのような人でも良いと言うわけにはゆかなかったと思う。ここには有職会議や宮内庁などの決議もこれからなされることでしょう。

 

 

  引用:ジョージプラム  http://www.jprime.jp/

 

 

しかし、他に譲ること無く、あっさりと、民間人としての自分の人生をお選びになり、新たな旅立ちを一人の若者と歩んでゆくことをお決めになった秋篠宮眞子さまのその決断力は何よりも、『愛することの大切さ』を教えてくれた人が側にいたから、とシンプルな理由なのかもしれない。

 

 

秋篠宮眞子さまのこれからの発表に注目したいですね!

 

 

 

 

Sponsored Links

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 



-社会, 話題

Copyright© WikiWiki , 2017 AllRights Reserved.